1. HOME >
  2. アーティスト >
  3. 石原 友明 崇仁ゼミ
  1. HOME >
  2. ARTISTS >
  3. KCUA Tomoaki ISHIHARA Suujin Lab.

石原 友明 崇仁ゼミ

KCUA Tomoaki ISHIHARA Suujin Lab.

Works

  • Tomoaki ISHIHARA Suujin Lab.

Biography

石原 友明

1959     大阪生まれ

1984     京都市立芸術大学 大学院 美術研究科 修了
現在      同大学 美術学部 油画専攻 教授

 

キャンバスにセルフポートレートを焼きつけた一連の作品で注目を集め、1988年のヴェネツィアビエンナーレ・アペルトに出品。

点字を用いたドローイングや写真作品、革の彫刻、コレクターが作品を組み立てる「キット」シリーズなど、美術の枠や制度に 挑戦するようなシリーズを展開。


2014年から石原は自身が担当する京都市立芸術大学美 術研究科のゼミの授業の一部を元・崇仁小学校で実施しており、ダ・ヴィンチのスケッチを元にしたデッサン箱を使った写生によって崇仁地域の現在の風景を描いている。

Ishihara was born in Osaka, 1959. MFA, KCUA. He is a processer at KCUA.Received attention in 1988 exhibiting a series of self-portraits burned onto canvas at the Venice Biennial (Aperto). Has worked Braille drawings, photography, leather sculptures, the “Kit” series (where collectors construct the works themselves), and other series challenge limits and fine arts systems. Ishihara has been holding seminars at the former Suujin Elementary School since 2014, and in this exhibition he will exhibit scenery of the Suujin area taken with camera obscura techniques. 

@KCUA