1. HOME >
  2. アーティスト >
  3. 井上 明彦 + 二瓶 晃
  1. HOME >
  2. ARTISTS >
  3. INOUE Akihiko +NIHEI Akira

井上 明彦 + 二瓶 晃

INOUE Akihiko +NIHEI Akira

Works

  •  | 2014
  • "na ra- balancing water" | 2014

Biography

井上 明彦
1955     大阪生まれ



京都大学大学院 博士課程 中退。京都市立芸術大学美術学部 教授(造形計画)。
近年の主な展覧会に「反重力」(豊田市美術館、2013)、「Trouble in Paradise / 生存のエシックス」(京都国立近代美術館、2010)など。



二瓶 晃
1972     千葉生まれ



京都市立芸術大学 大学院 博士(後期)課程 メディア・アート 研究領域 修了。大学在学中より舞台美術家として活動ののち映像、音響、照明などで構成 されたインタラクティヴなインスタレーションを手がける。still movingでは崇仁地域周辺のフィールドワークや地域資料、地形学的次元での研究を重ねながら崇仁の姿を再描写するプロジェ クト”Tracing Suujin”を行う。

Inoue was born in Osaka, 1955. He is a processer at KCUA.Chief exhibitions in recent years include “Antigravity” (Toyota Municipal Museum of Art, 2013), “Trouble in Paradise / The Esthetics of Existence” (Kyoto National Museum of Modern art, 2010).
Nihei was born in Chiba, 1972. Ph. D. in Media Art, KCUA. Worked on sceneography at university. Produces interactive installations using video, sound and lighting. They are re-portraying Suujin in this exhibition based on fieldwork in the area, local documents and topographical research. 

@KCUA