1. HOME >
  2. アーティスト >
  3. 高橋 悟
  1. HOME >
  2. ARTISTS >
  3. Satoru Takahashi

高橋 悟

Satoru Takahashi

Works

Biography

1958     京都府生まれ

 

京都市立芸術大学 美術学部 卒業、イェール大学 大学院 美術専攻 修了。
カーネギーメロン大学助教授、ミシガン大学准教授を経て2008年より京都市立芸術大学 美術学部 構想設計専攻教授。

「生存の技法(私たちが生きてゆく為の創造的な技術)」という視点から身体・知覚・言語の関係を再配置し、医療・生命・環境や制度を包括する芸術の研究・制作のプロジェクトを内外の研究機関とともに展開。
また従来の美術教育の枠組みを超えた、新たな芸術教育のありかたについての模索と実践を行う。

PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭2015公式アーティストとして京都市美術館で《装飾と犯罪: Sense/Common》を展示する。

1958     Born in Kyoto

Graduated in fine arts, KCUA, MA in fine arts from Yale University, has been an associate professor at Carnegie Mellon University, Michigan University, and professor at KCUA since 2008. Develops projects with national and international research centers for the creation and research of art in the areas of medical care, life, environment and established systems. Takahashi breaks free of conventional art education frameworks, exploring and establishing new forms of art education. He will be showing new work “装飾と犯罪” as official artists of PARASOPHIA: International Festival of Contemporary Culture in addition.