1. HOME >
  2. アーティスト >
  3. 山部 泰司
  1. HOME >
  2. ARTISTS >
  3. YAMABE Yasushi

山部 泰司

YAMABE Yasushi

Works

  • Red streams

Biography

1958     岡山県生まれ



現在、京都市在住。京都市立芸術大学大学院美術研究科修了。

1980年代の関西の新世代の美術家によるポストモダニズム的美術運動であった「関西ニューウェーブ」の代表的な作家の一人として注目される。

以降、個展やグループ展で作品を次々に発表、今日まで精力的に、さまざまな様式による実験的な制作を続けている。

1958  born in Okayama and lives in Kyoto.

Graduated from the Graduate school of Kyoto City Unievresity of Arts. In 1980, he attracted the attention as the representative artist of “Kanssai New Wave” which was a movement consists of new generation in Kansai area. Since then, Yamabe has continued to produce an energetically experimental works in a multiple methods until today.

@KCUA

2014
FLOW
2014
FLOW

Exhibitions

2013
悦ばしき知覚ー絵画の深さと明晰さについて(ギャラリ—16 / 京都)
個展 2005, 06, 07, 08, 09, 10, 11, 12, 13~(LADS GALLERY  / 大阪)
2011
2kw 変電所計画 絵画のリズムとノイズ (2kw gallery / 大阪)
2013
Welcome Perception-for clarity and depth of painting (galerie16 / Kyoto,Japan )
Solo Exhibition (LADS GALLERY  / Osaka)
2011
2kw Transforming Station Project-Rhythm and Noise Painting (2kw gallery / Osaka)