1. HOME >
  2. アーティスト >
  3. パヴェウ・アルトハメル
  1. HOME >
  2. ARTISTS >
  3. Paweł ALTHAMER

パヴェウ・アルトハメル

Paweł ALTHAMER

Works

  •  | 2009
  • Common Task | 2009

Biography

1967年ワルシャワ(ポーランド)生まれ。ワルシャワ在住、制作。1993年ワルシャワ美術アカデミー彫刻科卒業。自身や家族、友人の身体に基づく作品を制作、様々なプロジェクトでも知られ、特に1994年より、ノヴォリピエ(ワルシャワの、身体的に障がいのある人々のグループ)と継続中のワークショップは著名。主な個展に、ニューミュージアム(ニューヨーク、2014)、グッゲンハイム美術館(ベルリン、2011)、セセッション館(ウィーン、2009)、ポンピドゥー・センター国立近代美術館(パリ、2006)、ボネファンテン美術館(オランダ、2004)ほか多数。主なグループ展に、第7回ベルリン・ビエンナーレ「恐れを忘れよ」(2012)、第8回光州ビエンナーレ(2010)、ポンピドゥー・センター国立近代美術館「過去の約束」(パリ、2010)、第50回ヴェネチア・ビエンナーレ、第10回ドクメンタ(1997)ほか多数。