1. HOME >
  2. アーティスト >
  3. ヴィンセント・ムーン
  1. HOME >
  2. ARTISTS >
  3. Vincent Moon

ヴィンセント・ムーン

Vincent Moon

Biography

1979
フランス・パリ生まれ


パリ出身のインディペンデントフィルムメーカーであるヴィンセント・ムーンは、フランス発の音楽情報サイト La Blogotheque のためにシネマ・ヴェリテの手法(作り手の存在が映画から排除される虚構上のトリックを排し、映像の作り手が被写体の人々と関わる行為そのものをも記録し、映画をより真実に近づけようとする手法)によって制作された作品の数々でその名を知られるようになる。2008年からは遊牧民のごとくカメラひとつで世界を旅し、現地の伝統音楽から宗教的な儀式、新しい実験音楽までを幅広く探求し映像を制作。オルタナティブなインディーズミュージックシーンの撮影から始まったこれらの旅の記録映像は、彼の生涯をかけたノマディック・フィルムメイキングプロジェクトとしてウェブ上で公開され、また世界各地でフィールド録音された音源は、自身のレーベルであるCollection Petites Planètes より配信されている。現在、2018年の実施を目指し、日本における魂を震わせる表現を記録する旅、HIBIKIプロジェクトの準備を進めている。

1979
Born in Paris

 

Vincent Moon (real name Mathieu Saura, born August 25, 1979) is an independent filmmaker from Paris. He was the main director of the Blogotheque’s Take Away Shows, a web-based project recording field work music videos of indie rock related musicians as well as some notable mainstream artists like Tom Jones, R.E.M., or Arcade Fire. For the past six years, Vincent Moon has been traveling around the globe with a camera in his backpack, documenting local folklores, sacred music and religious rituals, for his label Collection Petites Planètes. He works alone or with people he finds on the road, and most of the time without money involved in the projects, trying to produce and distribute films without following the established industry standards. He shares all his work, films and music recordings, for free on internet, under a Creative Commons license.

 

Source: https://www.vincentmoon.com/page-about.html