1. HOME >
  2. アーティスト >
  3. Anthro-film Laboratory
  1. HOME >
  2. ARTISTS >
  3. Anthro-film Laboratory

Anthro-film Laboratory

Anthro-film Laboratory

Works

  •  | 2017
  •  | 2017
  • Itsushi Kawase
  • Itsushi Kawase
  • Itsushi Kawase
  • Itsushi Kawase
  • Itsushi Kawase
  • Itsushi Kawase
  • fukudapero/Hirohisa Fukuda, <em>Chorlton, ground breaking</em>
  • fukudapero/Hirohisa Fukuda, <em>Paris, two weeks with David</em>
  • fukudapero/Hirohisa Fukuda, <em>Kigali, nightview like plankton</em>
  • fukudapero/Hirohisa Fukuda, <em>Lyon, subway genuine shape</em>
  • Ran Muratsu, <em>Benin no sōsōgirei</em> | 2017
  • Ran Muratsu, <em>Tohossou</em> | 2017
  • Yushi Yanohara, making of <em>Ça va mal</em>
  • Yushi Yanohara, making of <em>Out the Door</em>
  • Yushi Yanohara, making of <em>Out the Door</em>

Biography

映像人類学を起点とするAnthro-film Laboratoryは、文化人類学、映像、アートが交叉する実践のなかで、言語に依拠するだけでは伝達されえない知や経験の領域を探求し、人文学における新たな知の創造と語り/体験の新地平を切り開くことを目指してきた。文字に依拠した成果を前提とする人類学は、調査する者の身体を「書く者」として規定し、その経験や知の在りようを「書く」「読む」枠組みの中に限定してきたといえる。そうした認識と手法に対して問題提起をしてきたのが映像人類学である。Anthro-film Laboratoryは、調査者と受け手の双方の身体を、記号を解する存在である以上に感覚的な存在であると考えている。両者を媒介するものを筆記具だけでなく、カメラ、レコーダー、携帯電話などの技術、或いは調査者の肉体と音声にまで拡張することで、従来の枠組みに縛られない地平を切り開こうとしてきた。視覚のみならず、触感や聴覚に働きかける知を、イメージやサウンド、詩など、多岐にわたる手段で表現していくことが企図されている。

 

運営委員:川瀬慈ふくだぺろ/福田浩久村津蘭矢野原佑史ほか

The Anthro-film Laboratory aims to explore knowledge and human experience that can be transmitted through non-textual forms, expanding the practice of knowledge creation and storytelling in the humanities in conjunction with film, contemporary art, and anthropology.

 

Board members: Itsushi Kawase, Fukuda Pero, Ran Muratsu, Yushi Yanohara, et al.

@KCUA