1. HOME >
  2. イベント >
  3. 「鉄拳」パラパラ漫画の世界展 /宇治茶監督作品 映画「燃える仏像人間」展/タイ北部に住む少数民族の子供たちの作品展
  1. HOME >
  2. EVENTS >
  3. Kyoto International Film Festival: Exhibitions

イベントについて

ABOUT THE EVENT

映画祭ロゴKKE

2014年10月、『第1回京都国際映画祭・映画もアートもその他もぜんぶ』が京都市内にて開催されます。そのアート部門の先行企画として、「鉄拳」パラパラ漫画の世界展、宇治茶監督作品『映画 燃える仏像人間』展、タイ北部に住む少数民族の子供たちの作品展、の3企画を京都市立芸術大学ギャラリー@KCUAにて開催することになりました。

 

 「鉄拳」パラパラ漫画の世界展(ギャラリーC)

tekken

動画サイト再生回数300万回を越えた鉄拳のパラパラ漫画が、国民的番組NHK連続テレビ小説【あまちゃん】で登場。また世界的規模では、グラミー賞常連の英人気バンド【Muse】のプロモーションビデオに【振り子】が使用されている。今まさに、国内・世界から、シンプルなストーリーで手作り感溢れ『泣ける』と評価され、国内外で注目を集めています!今回、そんな世界進出を果たした【パラパラ漫画】の制作過程における貴重な【原画の展示】をはじめ、【作品の上映コーナー】や【パラパラ漫画体験コーナー】を展開し、鉄拳のパラパラ漫画の世界観に浸って頂きます。

 

宇治茶監督作品『映画 燃える仏像人間』展(ギャラリーB)

ujicha

京都府生まれ、京都嵯峨芸術大学観光デザイン学科を卒業。現・宇治市在住。大学在学中から劇メーションという映像表現に興味を持ち、自身で作品作りを始める。当初は監督自身が監督、脚本、撮影、作画、編集、音楽、アフレコとすべてをこなしていた。衝撃のデビュー作「燃える仏像人間」が「第17回メディア芸術祭」エンタテインメント部門・優秀賞を受賞するなど各方面から絶賛。今展では「燃える仏像人間」の上映を中心に、貴重な原画などの展示も予定しています。

 

タイ北部に住む少数民族の子供たちの作品展(ギャラリーA)

thai

タイ在住の木版画家、Ralph Kiggellが、タイ北部のFang村に住む少数民族の子供達と木版画のワークショップを行い、その中から44枚の作品がRalph Kiggellの作品と一緒に航空便に乗って来日いたしました。タイは、ミャンマーよりも治安はいいものの、仕事は低賃金のものしかなく、国籍がないため医療を受けることが出来ず、地域の学校に通うことも出来ません。そんな子供達を励ます目的と、教育の一つの機会としてワークショップが開催されました。作品は、日本の木版画技術で制作されています。


 

イベント詳細は 京都国際映画祭ウェブサイトをご覧ください。

映画祭ロゴoni

会場
京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
展示室
Gallery A, B, C
期間
2014年9月13日(土) – 9月21日(日)
休館日
9月16日(火)
参加費
無料
運営
株式会社きょうのよしもと
主催
京都国際映画祭実行委員会
支援
京都市
お問合せ
京都国際映画祭実行委員会
URL: http://kiff.kyoto.jp
Venue
Kyoto City University of Arts Art Gallery @KCUA
Room(s)
Gallery A, B, C
Dates
Saturday, September 13th – Sunday, September 21st, 2014
Closed on
9/16 (Tue)
Cost
admission free
Organized by
Kyoto International Film Festival Organizing Committee
With support from
Kyoto City
Contact
Kyoto International Film Festival Organizing Committee
Website: http://kiff.kyoto.jp