1. HOME >
  2. イベント >
  3. 「舞台がぼんやり見えてきた」京都市立銅駝美術工芸高等学校対象 美術特別授業
  1. HOME >
  2. EVENTS >
  3. Special Art lecture for Kyoto City Dohda Senior High School of Arts

イベントについて

ABOUT THE EVENT

「どうして?」「なぜ?」という問いかけをしながら、様々な観点から「ものを作る事」や「作品制作のテーマを見つける事」について一緒に考えてみたいと思います。金氏・Woolner・山本による大学受験時代のエピソード、学生時代などに考えていたことなどについてもお話します。

※一般観覧していただけます。

We will offer the students the opportunity to approach the creative ways of expression by questioning “What is making art?” or “how to find the theme for making art” from several perspectives.

会場
京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
展示室
2階
日時
2014年12月4日(木) 17:00 – 18:30
参加費
無料
企画
金氏徹平
Tom Woolner
山本麻紀子
主催
京都市立芸術大学
共催
京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
東山 アーティスツ・プレイスメント・サービス(HAPS)
協力
京都市立銅駝美術工芸高等学校
お問合せ
京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
TEL: 075-253-1509
E-MAIL: gallery@kcua.ac.jp
Venue
Kyoto City University of Arts Art Gallery @KCUA
Date(s)
Thursday, December 4th, 2014 from 5:00 PM to 6:30 PM
Cost
admission free
Planned by
Teppei KANEUJI
Tom WOOLNER
Makiko YAMAMOTO
Organized by
Kyoto City University of Arts
In partnership with
Kyoto City University of Arts Art Gallery @KCUA
Higashiyama artists Placement Service (HAPS)
With the cooperation of
Kyoto City Dohda Senior High School Of Arts
Contact
Kyoto City University of Arts Art Gallery @KCUA
Phone: +81-(0)75-253-1509
E-mail: gallery@kcua.ac.jp