1. HOME >
  2. イベント >
  3. Nuit Blanche Kyoto 2015 @KCUA – performance
  1. HOME >
  2. EVENTS >
  3. Nuit Blanche Kyoto 2015 @KCUA – performance
Andra Crews (c) Chantapitch
N.O.B a.k.a. COCOSPIN
Metome
藤田陽介
大歳芽里

イベントについて

ABOUT THE EVENT

【イベントプログラム】

日時:10/3(日)20:00〜22:00

Time Schedule:
20:00〜21:30
Andrea Crews × N.O.B a.k.a.COCOSPIN × metomeによるファッション・パフォーマンス
パリのクリエーターチーム「アンドレア・クルーズ」は、アートとファッションの双方の領域を行き来するユニット。着物を使ったアップサイクルで出来上がった洋服を用いたパフォーマンスに、生粋のライムメーカーN.O.Bとトラックメーカーmetomeがスペシャルコラボレート!

協力:ESMOD OSAKA

 

Maroussia Rebecq – Andrea Crews
アンドレア・クルーズ (Maroussia Rebecq)、モード / ヴィジュアル・アート
パリのクリエーターチーム「アンドレア・クルーズ」は、アート(パレ・ド・トーキョー、 ガリエラ宮, パリのニュイ・ブランシュ、ポンピドゥー・センターでの展示)とモード(コレットで販売、他)の双方の領域を行き来するユニット。2002年に結成。

 

 N.O.B a.k.a. COCOSPIN

1993年からラッパーとしての活動を始め、京都のカリスマ的存在として注目を集めたMAGUMA MC’s(NOB、RYUZO 2名のユニット)の一人。2003年、MAGUMA MC’s 1stアルバム「MASSIVE」にてメジャーデビュー。2006年には初のソロアルバム「Spinning My World」をリリース。その他あらゆるジャンルのアーティストとの客演活動も精力的に行っている。今回の「one道感do」発売に際し、国産オリジナルデニムを制作、販売も開始。2015年には9年ぶりとなる待望の2ndアルバムをリリース予定。

 

Metome

大阪府出身のTakahiro Uchiboriによるソロ・プロジェクト[Metome] IdleMoments,Innit,BRDG,LifeForce,2.5D,DOMMUNEなど東京、県外のイベントに出演。 EP『Phestic Suface』はXLR8R、Dummyなどの音楽サイトから高い評価を獲得 2013年末には『Objet』を発売。Bandcampトップページ”New and Notable Records“に掲載され注目を集める。 NewAlbumを現在制作中、SilverBack Recより年内EPをリリース予定

 

21:30〜22:00 ライブパフォーマンス「ウツル」 仙石彬人 + 藤田陽介 + 大歳芽里

 OHPを用いたヴィジュアルによるライブパフォーマンス”TIME PAINTING”の仙石彬人、自作楽器「11’s Moon Organ」を操る音楽家の藤田陽介、そして様々なジャンルのアーティストとの共演を重ねるダンサーの大歳芽里によるスペシャル・ライブ・パフォーマンス!

 

仙石彬人|TIME PAINTING

2004年より「時間に絵を描く」をテーマに、OHPを用いたヴィジュアルによるライブパフォーマンス”TIME PAINTING”をはじめる。宇宙や空、または細胞の世界を覗きこんだような抽象的なヴィジュアルイメージは、カラーインクやオイル、水などの液体を使って即興的に作られ、投影されている。まるで演奏をするかのように、3台のOHPを同時に操りながら紡がれる、光による物語の世界は、レイヤー状に重なることで深く、より緻密に複雑に広がり続ける。

 

藤田陽介|音楽家

広島県尾道市生まれ、香川県出身、神奈川県在住。 2009年、空想を具現化した完全自作のパイプオルガンを製作。その自作パイプオルガンと声を主軸に、ときに朗読や演劇的なアプローチなど、パフォーマティブな要素も織り込んだ形で音楽を展開する。倍音唱法・ホーメイや、イヌイットの喉交換遊び・カタジャックなど、世界中のプリミティブな歌唱法を取り入れながら、声による可能性の拡張を試みる。最新のリリースはDVD作品「カントリー・ジェントルメン」山川冬樹×藤田陽介(監督:吉田悠)2015年8月に発表。
藤田陽介ウェブサイト

 

大歳芽里|ボティアーティスト

3歳より京都バレエ専門学校/有馬バレエ教室にてクラシックバレエをはじめる。昭和音楽芸術学院バレエ科、フランスのアンジェ国立振付センター・振付コースを卒業。南アフリカのヴィンセント・マンソーの海外ツアーに参加する。様々なダンススタイルのダンサー、劇団、歌手、ヴィジュアルアーティスト、ミュージシャン等と京都、大阪にて共演を重ね、自身の身体、またあらゆる概念からの自由を模索する。

Nuit blanche Kyoto 2015

Paris and Kyoto: both cities have long good tradition of art and craft. Moreover both cities have developed a strong culture of fashion. Nuit Blanche Kyoto 2015 is considering the possibility of cultural exchanges through a passage of fashion.

We are somehow connected to fashion even when we are unconscious. It’s an everyday tool, a business and a medium of expression. We are contemplating how fashion and art are related from now on. In 21st. century, how do the two cities create in those fields.
Nuit Blanche Kyoto 2015 introduces some remarkable works by artists, craftsman and designers under the theme of New Creation in Kyoto. We explore the new relations between art and fashion. We care for tradition but we need to find a way to reinvent it.

Advisors: Hiroshi Ashida (Seika University), Makoto Ishizeki (Kyoto Costume Institute), Hiroshi Narumi (Kyoto Joshi University)

会場/展示室
@KCUA1
日時
2015年10月3日(土)
20:00〜22:00
観覧料/参加費
入場無料
主催
京都市、アンスティチュ・フランセ関西(旧 関西日仏学館)
共催
京都市立芸術大学
助成
アンスティチュ・フランセ パリ本部
協力
VIDEOART CENTER Tokyo, REALKYOTO
協賛
株式会社エスディーヴィージャパン
後援
外務省 、 パリ市 、 在京都フランス総領事館
特別後援:在日フランス大使館
お問い合わせ
@KCUA TEL: 075-253-1509 MAIL: gallery@kcua.ac.jp
Venue(s)/Room(s)
@KCUA1
Date(s)
2015.10.3 (Sat)
20:00 – 22:00
Admission/Cost
admission free
Organized by
Kyoto City, Institut Français Kansai
In partnership with
Kyoto City University of Arts
With funding from
Institut Français PARIS
With the cooperation of
VIDEOART CENTER Tokyo, REALKYOTO
Contact
@KCUA – Phone: +81-75-253-1509 / E-mail: gallery@kcua.ac.jp