1. HOME >
  2. イベント >
  3. 西川勝「ためらいの看護」
  1. HOME >
  2. EVENTS >
  3. NISHIKAWA Masaru “Tamerai no kango”

イベントについて

ABOUT THE EVENT

京都市立芸術大学 特別プロジェクト2016 / 状況のアーキテクチャー
「Tracing Life: 生存の技法——ケア×アート」公開講座

 

ためらいの看護
講師:西川勝(看護/臨床哲学/元大阪大学コミュニケーションデザインセンター特任教授)
定員:40名
*受講無料・申込不要
www.kcua.ac.jp/art-m/#nishikawa

 

状況のアーキテクチャー
www.kcua.ac.jp/art-m

Lecture by NISHIKAWA Masaru. In Japanese only.
会場
Gallery C
日時
2016年9月3日(土)
14:00−16:00
観覧料/参加費
無料
企画
京都市立芸術大学「状況のアーキテクチャー」プロジェクトチーム
主催
京都市立芸術大学
助成
平成28年度文化庁「大学を活用した文化推進事業」
お問い合わせ
京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
TEL: 075-253-1509 | E-MAIL: gallery@kcua.ac.jp
Venue(s)
Gallery C
Date(s)
Saturday, September 3, 2016
2:00−4:00 PM
Admission/Cost
Free admission
Curated/planned by
Kyoto City University of Arts “Situation Design” Project Team
Organized by
Kyoto City University of Arts
With additonal funding from
Agency for Cultural Affairs
Contact
Kyoto City University of Arts Art Gallery @KCUA
Phone: +81-(0)75-253-1509 | E-mail: gallery@kcua.ac.jp