1. HOME >
  2. イベント >
  3. 西川勝「ためらいの看護」
  1. HOME >
  2. EVENTS >
  3. NISHIKAWA Masaru “Tamerai no kango”

イベントについて

ABOUT THE EVENT

京都市立芸術大学 特別プロジェクト2016 / 状況のアーキテクチャー
「Tracing Life: 生存の技法——ケア×アート」公開講座

 

ためらいの看護
講師:西川勝(看護/臨床哲学/元大阪大学コミュニケーションデザインセンター特任教授)
定員:40名
*受講無料・申込不要
www.kcua.ac.jp/art-m/#nishikawa

 

状況のアーキテクチャー
www.kcua.ac.jp/art-m

Lecture by NISHIKAWA Masaru. In Japanese only.
会場/展示室
Gallery C
日時
2016年9月3日(土)
14:00−16:00
観覧料
無料
企画
京都市立芸術大学「状況のアーキテクチャー」プロジェクトチーム
主催
京都市立芸術大学
助成
平成28年度文化庁「大学を活用した文化推進事業」
お問い合わせ
@KCUA TEL: 075-253-1509 MAIL: gallery@kcua.ac.jp
Venue(s)/Room(s)
Gallery C
Date(s)
Saturday, September 3, 2016
2:00−4:00 PM
Admission
Free admission
Curated/planned by
Kyoto City University of Arts “Situation Design” Project Team
Organized by
Kyoto City University of Arts
With funding from
Agency for Cultural Affairs
Contact
@KCUA – Phone: +81-75-253-1509 / E-mail: gallery@kcua.ac.jp