1. HOME >
  2. イベント >
  3. 無花果 nothingness/flower/fruit
  1. HOME >
  2. EVENTS >
  3. Ichijiku: Nothingness/Flower/Fruit

イベントについて

ABOUT THE EVENT

「果物はどれもみな雌で、中に種が人っている。だから、割れて中の種が露出すると、私たちは子宮を覗きこみ、その秘密を見るというわけだ」——D.H. Lawrence


無花果はその名の通り花の無い果物である。しかし、その花は果物の体内に潜んでいる。
古代エジプト、古代ギリシャ・ローマの時代から人類が最初に栽培した植物として食されている。
歴史的にも女性・愛情・平和・生命力を象徴する果物とされている。

それはにくにくしくも、グロテスクであり、バイタリティーに溢れつつ、謎めきの多い果物である。

国境・文化・宗教の概念を覆すこの無花果を主役に五感を擽る4人の女性によるedible landscapeのパフォーマンス。


船越雅代 Masayo Funakoshi (Food Anthology)
Luz Moreno (Tools of Food)
Pauline Lemberger (Bouchée Double)
脇坂千紘 Chihiro Wakisaka (Food Anthology)
Sound: Masahiko Takeda (Recit Records, Velveljin)



船越雅代 / Masayo Funakoshi [Food Anthology]

Pratt Instituteでアートを専攻後、料理に表現の可能性を見出し、NYの料理学校を卒業。Blue HillをはじめとするNYのレストランに勤めた後、ヨーロッパからアジアを放浪。オーストラリア船籍の客船のシェフとして大平洋を巡り、バリの老舗ホテルのシェフ、京都でレストランkilnの立ち上げに参加しシェフ/ディレクターを務め、現在Food Anthology代表。国内外でサステナブルな食・文化・アート・デザインを融合した活動を展開中。
東アジア文化都市2016 奈良市 食部門ディレクターとして現在 Nara Food Caravanを展開中。

nara.foodcaravan.org
instagram.com/masayofunakoshi


Masahiko Takeda
www.masahikotakeda.com
www.recit-rec.com

“There was a flower that flowered inward, womb-ward/Now there is a fruit like a ripe womb.” —D.H. Lawrence


Masayo Funakoshi (Food Anthology)
Luz Moreno (Tools of Food)
Pauline Lemberger (Bouchée Double)
Chihiro Wakisaka (Food Anthology)
Sound: Masahiko Takeda (Recit Records, Velveljin)



Masayo Funakoshi [Food Anthology]
nara.foodcaravan.org
instagram.com/masayofunakoshi


Masahiko Takeda
www.masahikotakeda.com
www.recit-rec.com

会場/展示室
@KCUA 1
日時
2016年10月1日(土)
21:00〜22:00
観覧料/参加費
無料・申込不要
*席数が限られていますのでご注意ください(先着順、見学可)
お問い合わせ
@KCUA TEL: 075-253-1509 MAIL: gallery@kcua.ac.jp
Venue(s)/Room(s)
@KCUA 1
Date(s)
Saturday, October 1, 2016
9:00 – 10:00 PM
Admission/Cost
Free admission
* Limited seats, first come first served
Contact
@KCUA – Phone: +81-75-253-1509 / E-mail: gallery@kcua.ac.jp