1. HOME >
  2. イベント >
  3. マーティン・クリード『Work No. 1020(バレエ)』
  1. HOME >
  2. EVENTS >
  3. Martin Creed: Work No. 1020 (Ballet)
Photo by Hugo Glendinning
Photo by Hugo Glendinning
Photo by Hugo Glendinning

イベントについて

ABOUT THE EVENT

イギリスきっての破天荒アーティストによる、
この上なく予測不可能な状況は、ただ楽しむしかない!

イギリス在住の現代美術家にとって最も重要な賞の1つであるターナー賞を2001年に受賞したマーティン・クリードは、身の回りにある物を規則的に配置し、動かすことから、作品を生み出しています。クリードによってひとたび社会の文脈から切り離されたモノにまつわる反復や規則性は「リズム」として再提示されます。また、ミニマムな美を追求するかに見えて、いつの間にか鑑賞者を巻きこんでいくその作品は、ときに排泄や嘔吐といった生理的な行為にまで及び、議論を巻き起こすことも辞さない、ラディカルな側面も持ち合わせたアーティストです。

日本初演となる本作は、クラシックバレエの5つのポジションにダンサーの動きを限定した中で、会話やクリード自身の歌、映像作品も取りこみ舞台が進行します。幾何学的にコントロールされた舞台上の動きと、それを混ぜっ返すようなユーモアあふれる構成で楽しませる本作は、彼の多彩な活動が凝縮された作品といえます。

ダンス界の歴史に、平然と横やりを入れるかのような、あくまでもクリード自身の創作活動の延長から生まれた舞台作品。舞台芸術の見巧者たちにとっても、思わぬカウンターパンチとなるでしょう。

 

KYOTO EXPERIMENT
kyoto-ex.jp

 

出演

構成・美術・音楽・出演:マーティン・クリード

出演:エマ・アーデン、飯田利奈子、ケイコ・オオワダ‐ブロムリー、デルフィン・ガッボーリ、アノーシュカ・グロース、メグ・ジェンキンス、野村綾子、アンディ・マクドネル、山崎恵梨子、ロレーナ・ランディ

通訳(出演):山口惠子

Created by a groundbreaking British artist, this “ballet” defies all expectations!

Winner of one of Britain’s top contemporary art awards, the Turner Prize, in 2001, Martin Creed’s work systematically arranges or moves the objects that surround us. Creed detaches things from their social contexts, newly presenting their repetition or regulation as a kind of rhythm. A true radical, the artist seeks out a minimal aesthetic to create work that unexpectedly involves the viewer, yet also does not hesitate to provoke with references to physiological actions such as excretion or vomiting.

This is the Japanese premiere of Work No. 1020 (Ballet), which comprises conversation as well as Creed’s songs and videos accompanying the movements of dancers restricted to the five basic ballet positions. With the geometrically controlled on-stage movement also interwoven with plenty of humor and fun, this “ballet” condenses the artist’s varied activities into one.

Emerging from the extension of Creed’s artistic explorations, the performance casually meddles with the conventions and history of dance that accumulated through the modern and postmodern periods. Even for connoisseurs of the performing arts, it defies all expectations.

 

Kyoto Experiment 2016 Autumn
kyoto-ex.jp/2016-autumn-eng

 

Performers

Concept, video art, music, performance: Martin Creed

Performers: Emma Arden, Delphine Gaborit, Anouchka Grose, Rinako Iida, Meg Jenkins, Andy McDonnell, Ayako Nomura, Keiko Owada-Bromley, Lorena Randi, Eriko Yamasaki

Translator – onstage: Keiko Yamaguchi

会場
京都府立府民ホール“アルティ”
日時
2016年10月29日(土)20:00
2016年10月30日(日)14:00
*30日(日)はポスト・パフォーマンス・トークあり
*各日20分前に開場
観覧料
【前売】一般 3,500円/ペア(前売のみ)6,500円
【当日】一般 4,000円
*ユース・学生・シニア・高校生以下料金、各種セット券情報:kyoto-ex.jp
*16歳未満入場不可
主催
京都市立芸術大学
KYOTO EXPERIMENT
助成
公益財団法人ポーラ美術振興財団
お問い合わせ
@KCUA TEL: 075-253-1509 MAIL: gallery@kcua.ac.jp
Venue(s)
Kyoto Prefectural Citizens’ Hall ALTI
Hours
Saturday, October 29, 2016 at 8 PM
Sunday, October 30, 2016 at 2 PM
Post-performance talk on October 30
Doors open 20 minutes before each performance
Admission
[Advance tickets] Adults: 3,500 JPY / Pair tickets: 6,500 JPY
[At the door] Adults: 4,000 JPY
See kyoto-ex.jp/2016-autumn-eng for youth, student, senior and other discounts
* This event is open to ages 18 and older
Organized by
Kyoto City University of Arts
Kyoto Experiment
With funding from
Pola Art Foundation
Contact
@KCUA – Phone: +81-75-253-1509 / E-mail: gallery@kcua.ac.jp

関連作家

RELATED ARTISTS