1. HOME >
  2. イベント >
  3. レクチャー 2: 藤 浩志「切断と接続」
  1. HOME >
  2. EVENTS >
  3. Lecture 2: Hiroshi Fuji

イベントについて

ABOUT THE EVENT

京都市立芸術大学芸術資料館収蔵品展/状況のアーキテクチャー 2017 プロジェクト1「物質+感覚民族誌」パイロットプログラム「移動する物質——ニューギニア民族資料」の関連イベントとしてレクチャーシリーズを開催します。

2回目のレクチャーでは、1986年から1988年までパプアニューギニア国立芸術学校(現・パプアニューギニア国立大学芸術学部)に講師として勤めていた美術家・秋田公立美術大学教授の藤浩志氏のお話を伺います。

 

講師:藤 浩志(美術家/秋田公立美術大学教授)

聞き手:佐藤知久(文化人類学者/京都市立芸術大学芸術資源研究センター准教授)

Lecture by artist Hiroshi Fuji (Professor, Akita University of Art), who was a lecturer in the National Art School in Papua New Guinea (the Faculty of Creative Arts at the University of Papua New Guinea) from 1986 to 1988. In Japanese only.

 

Lecturer: Hiroshi Fuji (Professor, Akita University of Art)

Facilitator: Tomohisa Sato (Associate Professor, Kyoto City University of Arts Archival Research Center)

会場/展示室
@KCUA 1
日時
2017年6月11日(日)
14:00–16:00
観覧料
無料(申込不要)
企画
京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
主催
京都市立芸術大学
助成
平成29年度文化庁「大学を活用した文化芸術推進事業」
お問い合わせ
@KCUA TEL: 075-253-1509 MAIL: gallery@kcua.ac.jp
Venue(s)/Room(s)
@KCUA 1
Date(s)
Sunday, June 11, 2017
2 – 4 PM
Admission
Free
Curated/planned by
Kyoto City University of Arts Art Gallery @KCUA
Organized by
Kyoto City University of Arts
With funding from
Agency for Cultural Affairs
Contact
@KCUA – Phone: +81-75-253-1509 / E-mail: gallery@kcua.ac.jp