1. HOME >
  2. イベント >
  3. ロッセラ・ラガッツィ映像作品『受け継ぐ人々』上映会
  1. HOME >
  2. EVENTS >
  3. Film screening – Rossella Ragazzi: Fire Keepers

イベントについて

ABOUT THE EVENT

im/pulse: 脈動する映像」に関連してイベントを開催します。


ゲスト:ロッセラ・ラガッツィ(映像人類学者/トロムソ大学博物館准教授)

上映作品:『Fire Keepers(受け継ぐ人々)』2007年/57分/サーミ語・ノルウェー語・英語(日本語字幕付き)

レクチャー言語:英語(逐次通訳あり)

ディスカッサント:Anthro-film Laboratoryふくだぺろ/福田浩久村津蘭矢野原佑史


若いサーミ先住民であるラウラとサラはサーミの伝統的な歌唱法ヨイクの伝統の継承と革新にとりくんでいる。ヨイクは長い間、シャーマニックな実践として位置づけられ、キリスト教の教会からは、‟邪悪な表現”というレッテルをはられてきた。また、二人の先祖たちは、ノルウェー政府による先住民文化の抑圧や同化政策のなかで苦しんできた。

本作では二人が率いるロックバンドAdjágasの活動を追いかけ、自らのコミュニティとの対話を大切にしつつも、グローバルな世界や音楽産業とのつながりのなかで、ヨイクの継承と革新をめざず主人公たちの葛藤を描き出す。


ロッセラ・ラガッツィ(Rossella Ragazzi)
イタリア出身。ノルウェー、トロムソ大学博物館准教授。トロムソ大学やベルリン自由大学等で映像人類学、民族誌映画制作の教鞭をとる。研究関心はメディアと人類学、パフォーマンス、移民、こども、マイノリティ等、多岐にわたる。近著に『Walking on Uneven Paths: The Transcultural Experience of Children entering Europe in the Years 2000』(Peter Lang Publisher, Berne 2009)。映画に『Playing a Lighthouse』(2016)、『Walking on Uneven Paths』(2005)、『At Home in the World』(2003)、『La Mémoire Dure』(2000)がある。

Event in connection with im/pulse: Vincent Moon, contact Gonzo, and the Anthro-film Laboratory.


Guest: Rossella Ragazzi (Visual Anthropologist; Associate Professor, University of Tromsø Museum)

Film: Fire Keepers, 2007 (57 min.; in Sami, Norwegian, and English with Japanese subtitles)

Language: Lecture in English with Japanese translation

Discussants: Anthro-film Laboratory (fukudapero/Hirohisa Fukuda, Ran Muratsu, and Yushi Yanohara)

会場
京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
展示室
Gallery A
日時
2018年6月7日(木)19:00–21:00
展覧会は19:00に閉場します
参加費
無料・申込不要
企画
Anthro-film Laboratory
お問合せ
Venue
Kyoto City University of Arts Art Gallery @KCUA
Room(s)
Gallery A
Date(s)
Thursday, June 7, 2018 from 7 PM to 9 PM
Exhibition closes at 7 PM
Cost
Free admission
Planned by
Anthro-film Laboratory
Contact