1. HOME >
  2. イベント >
  3. サウンドレクチャー「漂流する音と身体」
  1. HOME >
  2. EVENTS >
  3. Sound Lecture: Hyōryū suru oto to shintai
© 柳沢英輔
© Eisuke Yanagisawa

イベントについて

ABOUT THE EVENT

im/pulse: 脈動する映像」に関連してイベントを開催します。


講師:柳沢英輔(音文化研究/フィールド録音作家/同志社大学文化情報学部助教)

聞き手:大田高充(インスタレーション/サウンドパフォーマンス)、ふくだぺろ/福田浩久(詩・メディア人類学/立命館大学先端総合学術研究科博士課程)


私はこれまでフィールドの音に興味を持って研究や作品制作を行ってきた。それは、例えば、ベトナムの少数民族が何百年もの間ひっそりと儀礼の際に演奏してきたゴングの複雑で重厚な音色であり、山間の鍾乳洞内の静寂の中に広がる水滴の響きであり、無造作に置かれたパイプの中で反響する港の風景である。それらの音は私の身体を貫き、浸透し、身体はその響きと不可分になる。そして、そこに新たな世界が立ち現れる。普段見えている世界よりも、もっと曖昧で、奥行きがあり、流動的な世界。マイクロフォンとレコーダーはこうした世界を発見し、観察するツールである。このトークでは、Sonification of the Inaudible(聞こえないモノの可聴化)とSonic Ethnography(音響民族誌)というキーワードから、これまで制作した(制作中の)フィールド録音作品と映像作品の視聴と解説を行うが、より本質的に聴くことについても考えてみたい。

(柳沢英輔)


柳沢英輔(やなぎさわ えいすけ)
京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科修了。博士(地域研究)。国立民族学博物館外来研究員などを経て、2015年より同志社大学文化情報学部助教。主な研究対象はベトナム中部高原の山岳少数民族のゴングを中心とする音の文化。またフィールドの様々な音に焦点を当てた音響・映像作品を制作している。映像作品は、台湾、エストニア、ドイツ、イギリス、ブラジル、ポーランドなど各国の映画祭、美術館などで展示・上映されてきた。またフィールド録音作品は、Gruenrekorder(独)、Very Quiet Records(英)、Sublime Frequencies(米)等の注目度の高いレーベルからリリースされ、ハーバード大学 “Sonic Ethnography” の講義でも用いられるなど高い評価を得ている。近年は、録音のワークショップ、アーティストとの共同制作なども行い、活動の幅を拡げている。
www.eisukeyanagisawa.com


大田高充(おおた たかみつ)
2004年より場所・土地・環境から発生する固有の自然現象に注目したインスタレーションを制作。2012年より音使った録音作品、パフォーマンスを開始。訪れた場所で拾い集めた素材で音を鳴らし、体感した環境音を再構成することを試みている。2017年にイタリア音楽レーベルSenufo Editionsより作品集「Elemental Studies」を出版。
vimeo.com/user16175146
soundcloud.com/takamitsuohta


ふくだぺろ/福田浩久(ふくだ ひろひさ)
詩・メディア人類学。立命館大学先端学術総合研究科博士課程。ムービーに限らず、スチール写真やサウンドレコーディング、詩的言語を人類学調査のモード、発表の形式として活用するメディア人類学(応用映像人類学)を実践する。具体的な現実と結託するからこそ至る純度の高い抽象性は、知覚と意味の関係を問い直し、現象学的、存在論的と評される。妻と3歳の娘と暮らす。代表作『ふぃっしゅのーちい』、『parallel architecture』等。

Event in connection with im/pulse: Vincent Moon, contact Gonzo, and the Anthro-film Laboratory.


Lecturer: Eisuke Yanagisawa (Ethnographer; Field Recordist)

Facilitators: Takamitsu Ohta (Installation/Sound Performance) and fukudapero/Hirohisa Fukuda (Poetry; Media Anthropology)

会場
京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
日時
2018年6月30日(土)14:00–16:00
観覧料/参加費
無料・申込不要
企画
Anthro-film Laboratory
お問い合わせ
京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
TEL: 075-253-1509 | E-MAIL: gallery@kcua.ac.jp
Venue
Kyoto City University of Arts Art Gallery @KCUA
Date(s)
Saturday, June 30, 2018 from 2 PM to 4 PM
Admission/Cost
Free admission
Curated/planned by
Anthro-film Laboratory
Contact
Kyoto City University of Arts Art Gallery @KCUA
Phone: +81-(0)75-253-1509 | E-mail: gallery@kcua.ac.jp