1. HOME >
  2. イベント >
  3. ジェン・ボー レクチャー「ポスト社会主義の中国におけるソーシャリー・エンゲージド・アート」
  1. HOME >
  2. EVENTS >
  3. Lecture by ZHENG Bo: Socially Engaged Art in Post-Socialist China

イベントについて

ABOUT THE EVENT

ジェン・ボー氏(1974年北京生まれ、香港在住)は、中国のソーシャリー・エンゲージド・アートにおいて最も注目を集めている気鋭のアーティストの一人です。社会的に周縁化された集団や雑草などの植物に注目し、政治的な史実、アーカイブなどの過去の事物の調査にそれらを結びつけ、未来について考察する作品で知られています。いわゆるアート・シーンとは一定の距離を保ちつつも、近年はアジア、ヨーロッパ、アメリカでの個展開催や数々の国際展に参加するなど精力的に活動し、非常に高い評価を得ています。2019年6月の京都市立芸術大学ギャラリー@KCUAでの個展に先駆けて行われる今回のレクチャーでは、ジェン氏が長年研究に携わってきた中国のソーシャリー・エンゲージド・アートについてお話しいただきます。

 

概要

過去40年間で劇的な変化を遂げている中国は、より豊かになりつつある一方で、複雑な社会問題に直面しています。これらの問題、特に環境、生活、教育に対して、多くの中国人アーティストが力強い表現の作品を制作してきました。ジェン氏は、この刺激的な分野における幾つかの優れた代表的なプロジェクトについて議論を行います。また、本レクチャーは、アーティストがこれらのプロジェクトに取り組んだ理由だけでなく、彼らがどのようにアイデアを発展させ、挑戦を成し遂げ、芸術的な境界を押し広げたかということにも焦点を当てたものとなります。

 

講師

ジェン・ボー/鄭波(アーティスト、文筆家、香港城市大学クリエイティブ・メディア学部助教授)

China has experienced dramatic changes over the past four decades – while the country is becoming more affluent, it is also facing complex social issues. Through powerful art, a number of Chinese artists have responded to these issues, especially the environment, livelihood, and education. The speaker will discuss a number of projects that are substantial and representative of this exciting field. The focus of this talk is not only on why the artists initiated these projects, but also on how they developed their ideas, overcame challenges, and pushed artistic boundaries.


About the speaker

ZHENG Bo (郑波) is an artist, writer, and teacher, committed to socially and ecologically engaged art. He investigates the past and imagines the future from the perspectives of marginalized communities and marginalized plants. He is learning to cultivate ecological wisdom for a Good Anthropocene.
He has worked with a number of museums and art spaces in Asia and Europe, most recently Parco Arte Vivente (Torino), TheCube Project Space (Taipei), Villa Vassilieff (Paris), Cass Sculpture Foundation (Goodwood), Sifang Art Museum (Nanjing), and Hong Kong Museum of Art. In 2018 his works have been included in Manifesta 12, Cosmopolis #1.5, the 11th Taipei Biennial, the 2nd Yinchuan Biennial, and the 1st Thailand Biennial.
He taught at China Academy of Art from 2010 to 2013, and currently teaches at the School of Creative Media, City University of Hong Kong. In 2016, he received Commendation for outstanding achievements in the development of arts and culture from Secretary for Home Affairs, Hong Kong SAR Government.

会場
京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
展示室
@KCUA 2
日時
2019年1月27日(日) 15:00 – 16:30
言語
英語 (日本語への逐次通訳付き)
参加費
無料
申込
申込不要
企画
京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
主催
京都市立芸術大学
お問合せ
京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
TEL: 075-253-1509
E-MAIL: gallery@kcua.ac.jp
Venue
Kyoto City University of Arts Art Gallery @KCUA
Room(s)
@KCUA 2
Date(s)
Sunday, January 27th, 2019 from 3:00 PM to 4:30 PM
Language
English with translation into Japanese
Cost
Free admission
Planned by
Kyoto City University of Arts Art Gallery @KCUA
Organized by
Kyoto City University of Arts
Contact
Kyoto City University of Arts Art Gallery @KCUA
Phone: +81-(0)75-253-1509
E-mail: gallery@kcua.ac.jp