1. HOME >
  2. 展覧会 >
  3. きょう・せい
  1. HOME >
  2. EXHIBITIONS >
  3. Kyo-Sei

展覧会について

ABOUT THE EXHIBITION

京都市立芸術大学はこの春、ギャラリー開館記念企画展として第1期と第2期にわたって京都芸大の「いま」を紹介する、本学の卒業生・修了生を中心としたグループ展『京芸TransmitProgram #1「きょう・せい」』を開催します。
タイトルは第一に多様な「共生」を意味します。つまり本展は、様々な関係を認め合い、共に未来を生き抜く術としての芸術のあり方を提案するものです。またここには「京都」に「棲む」という意味も込められています。共に生きる/共に棲む/京に生きる/京に棲む。こうした複数の意味をはらんだ「きょう・せい」展をどうぞお楽しみください。


第1期 2010年4月2日(金)ー25 日(日)

第1期が目指すのは「共創」のかたちです。ここでは作家たちが一部共同して制作を行い、あるいはこれまでの作品をもとに、柔軟に自らのかたちを変化させる試みがなされます。自分たちの世界に閉じこもるのではなく、自分たちには計り知れない大きな流れの中に身を任せる―それがまた新たな「世界」を生み出すことになるでしょう。

出品作家:A n t e n n a、石塚源太、上田順平、岡本高幸、苅谷昌江、川野美帆、貴志真生也、田中英行、谷澤紗和子、宮永亮、矢津吉隆、山下耕平、若木くるみ
企画: 青木加苗/ 監修: 鶴田憲次、加須屋明子


第2期 2010年5月1日(土)ー30日(日)

第2期では作家の制作活動に焦点を当てながら、世界と関わる「個」の意味と可能性を探ります。作家にとって作品とは世界と対峙する感性と労働の軌跡です。その時々の経験とともに変化し、不安な世界に絶えず揺れ動きつつも「確かに」生きたいと希求する姿がそこには映し出されます。それがやがて大きな共生のダイナミズムへと発展してゆくのです。

出品作家: 芦田尚美、今村遼佑、岡田真希人、西上翔平、東明、藤井良子、前川紘士、水田寛、芳木麻里絵
企画:森山貴之/監修:鶴田憲次、加須屋明子




関連事業
4月10日(土)
ゲストトーク Vol.1 「共創」のみやこ~コラボの今昔物語
講 師:田島達也(京都市立芸術大学総合芸術学科准教授)
聞き手:青木加苗(京都市立芸術大学非常勤講師・本展1期企画)

4月18日(日)
ゲストトーク Vol.2 「共有空間の獲得」
講 師:小山田徹(京都市立芸術大学美術学科彫刻専攻准教授)
聞き手:青木加苗(京都市立芸術大学非常勤講師・本展1期企画)

5月2日(日)
ゲストトーク Vol.3「地域文化資源としてのアート〜アジア、日本、京都」
ゲスト:イーデン・コーキル(ジャパンタイムズ記者)
出品作家:岡田真希人、東明、藤井良子、前川紘士、水田寛
司会:森山貴之(本展2期企画/京都市立芸術大学ギャラリー学芸員)

5月15日(日)
ゲストトーク Vol.4 「ブリコラージュ的対話」
ゲスト:小山田徹(京都市立芸術大学美術学科彫刻専攻准教授)
出品作家:芦田尚美/今村遼佑/西上翔平/芳木麻里絵(二期出品作家)
司 会:森山貴之(本展2期企画・京都市立芸術大学ギャラリー学芸員)

This spring, we are pleased to announce the first art exhibition to be held at the new Kyoto City University of Arts Art Gallery, or @KCUA for short. Graduates of the university will show their work in the opening exhibition titled Kyosei, or Co-existence. It is the first of two exhibitions called Kyogei Transmits, where Kyogei is an abbreviated name of the university, whose purpose is to introduce some of the current works coming out of the university.

The exhibition attempts to portray art as an act to accept our differences and to live with one another. The Japanese word for co-existence, kyosei, may also mean reside in Kyoto so the exhibition is about living together, residing together, living in Kyoto, residing in Kyoto.

The first exhibition centers around cooperative creation where the artists work together in part as they try to develop from their past works. Instead of living inside a world of one’s own, we can begin to create a new world once we allow ourselves to be swept by a larger wave whose scale is difficult to fathom.

Artists: Antenna, Genta Ishizuka, Jumpei Ueda, Takayuki Okamoto, Masae Kariya, Miho Kawano, Maoya Kishi, Hideyuki Tanaka, Sawako Tanizawa, Ryo Miyanaga, Yoshitaka Yazu, Kurumi Wakaki, Kouhei Yamashita
Curator: Kanae Aoki
Observer: Kenji Tsuruta, Akiko Kasuya

The second exhibition searches for the meaning and possibilities of the individual through the artists’ creation. What the artists create traces their labor and the sensibility with which they see the world. It also reflects the artists’ unending struggle to find solid ground in the unstable, ever changing world where it eventually finds its way into the dynamics of co-existence.

Artists: Naomi Ashida, Ryosuke Imamura, Makito Okada, Shohei Nishigami, Akira Higashi, Ryoko Fujii, Koji Maekawa, Hiroshi Mizuta, Marie Yoshiki
Curator: Takayuki Moriyama
Observer: Kenji Tsuruta, Akiko Kasuya

We want to thank all the artists who agreed to participate and to all those who helped us realize this exhibition.

会場/展示室
@KCUA1,2
日時
2010 年4月2日(金) -5月30日(日)
11:00〜19:00(最終入場18:45まで)
休館日
月曜
観覧料/参加費
無料
主催
京都市立芸術大学
お問い合わせ
@KCUA TEL: 075-253-1509 MAIL: gallery@kcua.ac.jp
Venue(s)/Room(s)
@KCUA1,2
Date(s)
April 2 – May 30 , 2010
11:00~19:00(The last admission to the gallery is at 18:45 )
Closed on
Monday
Admission/Cost
Free
Organized by
Kyoto City University of Arts
Contact
@KCUA – Phone: +81-75-253-1509 / E-mail: gallery@kcua.ac.jp