1. HOME >
  2. 展覧会 >
  3. Les Phénomènes s’émurent – 一切の事象が蠢きはじめた –
  1. HOME >
  2. EXHIBITIONS >
  3. Les Phénomènes s’émurent

展覧会について

ABOUT THE EXHIBITION

1999年に発足した京都市立芸術大学とパリ国立高等学校(エコール・デ・ボザール)との国際交流が10年を経過し、美術研究科の様々な分野(油画、構想設計、彫刻、日本画、漆工)から、これまで12名の留学生が派遣されました。国際交流を介して留学生が何を学び、その後どのように制作活動を展開しているのか、芸術的、社会・文化的観点から総括するための展覧会を開催します。

■出品作家:
野原健司 NOHARA Kenji
前田剛志 MAEDA Takeshi
藤島幸 FUJISHIMA Yuki
湊茉莉 MINATO Mari
川合奈津子 KAWAI Natsuko
笠間弥路 KASAMA Miro
斎藤雅恵 SAITO Masae
須藤絢乃 SUDO Ayano
中岡庸子 NAKAOKA Yoko

■関連イベント:
【市民向け講演】「土田麦僊とフランス」 入場無料
2012年2月18日(14:00-15:30)
講師:柏木加代子
1921年から1923年にかけて、当時日本の美術界を席巻していたヨーロッパ絵画の研究のため、パリを基点とした欧州旅行に出発した土田麦僊(1887-1936・京都市立絵画専門学校別科1期生)が、如何に、日本画の近代化を目指した京都画壇の牽引役を果たしたのか検証します。
【記念講演】 入場無料
2012年2月18日(16:00-)
ゲスト:Gaïta Leboissetier
本展覧会を記念し、パリ国立高等学校(エコール・デ・ボザール)副学長ガイタ・ルボワスティエ氏をフランスより招き講演会を行います。(日仏通訳)
【アーティストトーク・レセプション】 入場無料
2012年2月18日(16:30-)
ゲスト:建畠晢
京都市立芸術大学学長建畠晢氏をゲストに迎え、出品作家によるギャラリートークを行います。

 

 

Artists:

NOHARA Kenji
MAEDA Takeshi
FUJISHIMA Yuki
MINATO Mari
KAWAI Natsuko
KASAMA Miro
SAITO Masae
SUDO Ayano
NAKAOKA Yoko

会場/展示室
@KCUA 2
日時
2012年2月18日(土) - 2月26日(日)
11:00〜19:00(最終入場18:45まで)
休館日
月曜
観覧料/参加費
無料
主催
京都市立芸術大学
助成
笹川日仏文化財団
後援
在日フランス大使館/関西日仏学館/京都市立芸術大学同窓会
お問い合わせ
@KCUA TEL: 075-253-1509 MAIL: gallery@kcua.ac.jp
Venue(s)/Room(s)
@KCUA 2
Date(s)
March 3 – March 25, 2012
11:00~19:00(The last admission to the gallery is at 18:45 )
Closed on
Monday
Admission/Cost
Free
Organized by
Kyoto City University of Arts
Contact
@KCUA – Phone: +81-75-253-1509 / E-mail: gallery@kcua.ac.jp