1. HOME >
  2. 展覧会 >
  3. 漆・うるわしの饗宴展 世界の女性作家による漆表現の現在
  1. HOME >
  2. EXHIBITIONS >
  3. Resonant Uruwashi -New Vibrance in International Women’s Urushi Art-

展覧会について

ABOUT THE EXHIBITION

ごあいさつ

漆はウルシ科の樹からとれる樹液で、インドから東のアジア圏で植生しています。そのため、古来からアジア圏の中国、東南アジア諸国、日本で、日用品や装飾品に漆の樹の樹液を塗る漆芸技術が伝統文化として発達してきました。また、西欧諸国が中世の大航海時代に貿易を介して、漆工芸を広め、世界中の人々を魅了しました。

現代の漆は、古来から伝統文化を継承する軸と、世界規模に広がった交流軸が縦横に交錯したモザイク模様になっており、百花繚乱の魅力にあふれています。今回、世界に広がった新しい漆の魅力を一般の人々に楽しんで頂くことと、漆の世界交流ネットワークを深めることを目的に、日本・中国・韓国・東南アジア・ヨーロッパ・アメリカの女性漆工芸作家31名による「漆・うるわしの饗宴展−世界の女性作家による漆表現の現在」を東京、京都、福島にておこなうことになりました。
1999年9月北京中央工芸美術学院展示ホールでの「中日韓法女流漆芸聯展」の開催後、11年を経て2010年10月北京798芸術区喬十光大漆館喬加工作室ギャラリーでの「北京国際女子漆芸展」が開催されたことを機に再編成し、日本での開催に至りました。2011年10月には「紲プロジェクト−世界の女性漆アーティストから東北へのメッセージ−」と題し、漆塗板に女性漆作家の東北に寄せた表現を展示いたしました。
今回の展示作品には各国の特徴ある漆の技術や表現による立体造形、壁面や屏風、装身具などへの展開も見られます。
それぞれ環境や情勢の異なる国に生きる女性漆作家が漆をどうとらえ、この時代をどう見つめているのか、新しい漆表現の挑戦と交錯を試みる取り組みとなります。
作品展示の他に、シンポジウム、ワークショップ・レクチャー、パフォーマンスを実施し、現代漆工芸の普及と交流活動を企画しています。特に震災後、日本そして世界がどのような道を歩むべきか、「漆になにができるか」女性漆作家の視点から漆をとおして考えていきたいと思います。
展覧会の開催にあたり、助成をいただきました財団、並びに多くの皆様に、ご協力・ご支援いただきましたことを感謝申し上げます。


2012年9月
漆・うるわしの饗宴展実行委員会


出展作家
吾子 可苗/安藤 彩英子/青木 千絵/下條 華子/早崎 小夜子/井上 絵美子/いらはら みつみ/亀谷 彩/松島 さくら子/名雪 園代/笹井 史恵/茂田 典子/馮 曉娜/馬 玉/喬 加/俞 峥/祝 重華/ク ウンギョン/イ ヒョンスン/イ ジョンウン/パク スイ/シン ミョンヒ/シム ユギョン/ユン サンヒ/コン キム ホア/チャンタナ チャンティム/ティン マー ウィン/カトリーヌ ニコラ/ニャッ トラン/ピ ピ オアン/シャ シャ ヒグビー


これまでの取り組み
1999年 9月 「中日韓法女流漆芸聯展」/中国北京・中央工芸美術学院 展示ホール(美術工藝振興佐藤基金助成)
2010年10月 「北京国際女子漆芸展」/北京798芸術区
2011年10-11月「紲プロジェクト-世界の女性漆アーティストから東北へのメッセージ-」 日本・中国・韓国・フランス・アメリカ・ベトナム・タイ・ミャンマーの現代女性漆作家27名によるパネル展示/「会津・漆の芸術祭2011」インフォメーションセンター


日時・場所
東京展
山脇ギャラリー
2012年9月14日(金)〜10月1日(月)(日祝休館)  11:00am~6:00pm 入場無料
住所:東京都千代田区九段南4-8-21
U R L:http://yamawaki-gallery.com
問い合わせ先:漆・うるわしの饗宴展実行委員会 TEL080-4893-3058

関連イベント
9月29日(土)
13:30〜15:20 シンポジウム
東京藝術大学中央棟第3講義室
司会・外舘和子
「女性漆作家の視点から漆造形を考える1 〜各国の漆事情と表現 漆に何ができるか」
15:30〜 パフォーマンス(Sha Sha Higbyさんによる漆の作品を身につけての舞踏 30分)
東京藝術大学 総合工房A棟2F 多目的ラウンジ


10月2日(火)
10:00〜 漆の技術紹介レクチャー
東京藝術大学 中央棟第3講義室
京都展
京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
2012年10月6日(土)〜21日(日)(月休館) 11:00am~7:00pm  入場無料
但し10月8日(月・祝)開館、10月9日(火)休館
住所:京都市中京区油小路通押小路町238-1
U R L:http://www.kcua.ac.jp/gallery/
問い合わせ先:京都市立芸術大学 教務学生支援室 事業推進担当 TEL075-334-2204

関連イベント
10月6日(土)
13:30〜15:20 シンポジウム
京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
司会・外舘和子
「女性漆作家の視点から漆造形を考える2 〜漆素材の特性と表現 漆に何ができるか」


参加予定作家:
日本:青木千絵、井上絵美子、亀谷彩、笹井史恵、名雪園代、松島さくら子、安藤彩英子
中国:喬加、祝重華、俞崢、馮曉娜 韓国:イ・ヒョンスン、シム ユギョン、シン ミョンヒ
ベトナム:コン キム ホア  フランス:カトリーヌ ニコラ
アメリカ:ニャッ トラン、ピ ピ オアン、シャシャ ヒグビー
15:30〜16:00 パフォーマンス Sha Sha Higbyさんによる漆の作品を身につけての舞踏
Sha Sha Higbyさんは、アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ郊外を拠点に、自身で制作した乾漆や幾重にも重なる染めやワイヤーなどを複雑に絡ませた衣装を身に纏い、独自の舞踏を展開するアーティストです。シャシャさんの妖艶な舞の世界をお楽しみください。

16:00〜17:30 レセプション
10月7日(日)
14:00~14:45 アーティストトーク
司会:外舘和子 (工芸評論家・工芸史家)
参加予定作家:
日本:井上絵美子、亀谷彩、笹井史恵、名雪園代、松島さくら子、安藤彩英子
中国:喬加、祝重華、俞崢、馮曉娜 韓国:イ・ヒョンスン、シム ユギョン
ベトナム:コン キム ホア  フランス:カトリーヌ ニコラ
アメリカ:ニャッ トラン、ピ ピ オアン、シャシャ ヒグビー
15:00〜17:00 出品作家の指導による海外作家の蒔絵体験ワークショップ(要申込、講座費)
蒔絵ワークショップ
海外の女性漆作家と一緒に蒔絵を体験してみませんか。黒の漆塗りのパネル(8cm×10cm)に漆と金粉で蒔絵を施します。
※本漆を使用します。手袋をはめて作業しますが、かぶれにはご注意ください
講師:井上絵美子(出品作家)受講料:2,000円(材料費込み)定員:20名 申し込み終了
お申し込みは、お名前、住所、当日連絡のつく電話番号を明記して、「蒔絵体験ワークショップ申し込み」と記載のうえ、9月25日までに下記メールアドレス、またはFAXへお送りください。
@KCUA/E-mail: infokcua@gmail.com Fax: 075-253-1510


福島展
喜多方市美術館
2012年10月27日(土)〜11月25日(日)(水休館) 10:00am~6:00pm
住 所:喜多方市押切2丁目2番地
入場料 一般500円(400円), 大・高生300円(250円), 小・中学生200円(150円)
※( )は20名以上の団体割引料金 水曜休館
U R L:http://www.city.kitakata.fukushima.jp/bijyutsukan
問い合わせ先:喜多方市美術館 TEL0241-23-0404
10月27日(土)
13:30〜 アーティストトーク
14:30〜 パフォーマンス(Sha Sha Higbyさんによる漆の作品を身につけての舞踏)


展示内容
1) 作品展示:日本・中国・韓国・東南アジア・ヨーロッパ・アメリカの現代女性漆作家31名による現代漆工芸立体作品・平面作品ー計約60点の展示
2) パネル展示:女性漆作家のプロフィールのパネル・漆表現の現在と変遷
3) 図録: 展覧会出品作品及び、各国の漆工芸現状に関する情報を日本語と英語にて作成する。
4) 国際交流イベント
・シンポジウム
アーティストトーク・講演会
司会-顧問・外舘和子、出品作家
・パフォーマンス
漆造形家、舞踏家 Sha Sha Higby
・漆技術セミナー・ワークショップ


主催及び関連団体
漆・うるわしの饗宴展実行委員会
東京事務局
〒321-8505 栃木県宇都宮市峰町350 宇都宮大学教育学部 工芸研究室 松島さくら子
E-mail: info@urushi-uruwashi.com
京都事務局
〒610-1197 京都府京都市西京区大枝沓掛町13-6 京都市立芸術大学 漆工研究室
E-mail: info@urushi-uruwashi.com
京都市立芸術大学 (主催団体)
喜多方市美術館 (主催団体)
東京藝術大学美術学部 (共催団体)
山脇美術専門学院 (協力団体)


協賛・後援
協賛 芸術文化振興基金、財団法人 ユニオン造形文化財団、公益財団法人 東芝国際交流財団、
公益財団法人 文化財保護・芸術研究助成財団、公益財団法人 花王芸術・科学財団、公益財団法人 野村財団、公益財団法人 朝日新聞文化財団
後援 中華人民共和国註日本国大使館、駐日韓国大使館 韓国文化院、アメリカ合衆国大使館、タイ王国大使館、フランス大使館

Greetings
Urushi is the sap of the urushi tree. It is native in parts of Asia east of India. Thus, in China, Japan and
southeastern nations, the urushi-art techniques of painting urushi sap on daily necessities and accessories have developed as a traditional culture from ancient times. When, at the end of the Medieval Era, the West begantrading with Asian nations, the beauty of urushi crafts began t o fascinate and beguile people all over the world.
Modern urushi art is a mosaic. A mosaic created by a global network that weaves diverse traditions, artistic possibilities, and long established technique into bright, new and alluring art forms. The Resonant Uruwashi exhibition is a public showcase for this old-but-new urushi art. It endeavors not only to inform the public, but also to expand and strengthen the worldwide network that binds urushi artists together. The exhibition, which will be held in Tokyo, Kyoto and Fukushima, will display works by 31 female artists from Japan, China, South Korea, South East Asia, Europe, and the United States.
The Resonant Uruwashi Exhibition has its origins in the 1999 Wo men’s Urushi Art Exhibition held in Beijing, and is a natural progression from the October 2010 International Wo men’s Urushi Art Exhibition held in Beijing’s 798 Art District. Our first step in Resonant Uruwashi was the October 2011, Kizuna Project − Female Urushi Artists’Solidarity with the People of Tohoku in which participating art ists created messages of fraternity and support.
This exhibition’s artists are women from different socio-cultural settings and backgrounds. Their works display the techniques and artistic expressions arising from these differences and are embodied in their objects, panels, screens and accessories. This exhibition is to show how these artists capture the nature of urushi and how they view our present age. It is the artist’s challenge to seek and explore new ways of expression.
Apart from exhibiting the works, we plan to hold symposiums, workshops, lectures, and performances for the prevalence of the modern urushi art and to intensify exchange activities. Living in the world after the 2011 earthquake and tsunami in Japan, we would like to give thought to the direction Japan and the world should evolve and what urushi can do, from female artists’ perspective.
We sincerely thank the foundations and all those who cooperated in realizing this exhibition.

September, 2012
Resonant Uruwashi Executive Committee

 

Artist
AKO Kanae / ANDO Saeko / AOKI Chie / GEJO Hanako / HAYASAKI Sayoko / INOUE Emiko / IRAHARA Mitsumi / KAMETANI Aya / MATSUSHIMA Sakurako / NAYUKI Sonoyo / SASAI Fumie / SHIGETA Noriko / FENG Xiaona / MA Yu / QIAO Jia / YU Zheng / ZHU Chonghua / KOO, Eun Kyoung / LEE, Hyeon Seung / LEE, Jeong Eun / PARK, Sui / SIM, Myoung Hee / SHIM, Yu Kyung / YUN, Sang Hee / Cong Kim Hoa / Chantana Chamtim / Tin Mar Win / Catherine NICOLAS / Nhat Tran / Phi Phi Oanh / Sha Sha Higby

Past Activities
1999 September, Women’s Urushi Art Exhibition/ Central Design and Art Academy exhibition hall, Beijing
2010 October, International Women’s Urushi Art Exhibition Beijing /Qiao Gallery, 798 Art District, Beijing
2011 October-November, KIZUNA Project – Female Urushi Artists’ Solidarity with the People of Tohoku/ Aizu Urushi Festival

Exhibition Date and Place
Tokyo Exhibition
Yamawaki Gallery
September 14 – October 1, 2012 (Sundays and National Holidays closed) 11:00am~6:00pm
Address: 4-8-21 Kudan Minami, Chiyoda-ku, Tokyo.
URL: http://yamawaki-gallery.com
Symposium (artists’ talk, lecture, performances) at Tokyo University of the Arts
September 29th (SAT)
13:30~15:20 Symposium – Artists’ Talk and Discussion
Moderator: Kazuko TODATE
“Women in urushi art – An international perspective (各国の漆事情と表現)“
(Lecture Room 3 at Tokyo University of the Arts)
15:30~ 16:00 Performance (Sha Sha Higby)
(comprehensive workshop building multipurpose lounge 2F at Tokyo University of the Arts)
October 2nd (TUE)
10:00~12:00 Seminar
A presentation of urushi techniques from each country.
(Lecture Room 3 at Tokyo University of the Arts)

Kyoto Exhibition
Gallery of Kyoto City University of Arts @KCUA
October 6 – 21, 2012
(Mondays closed, except on. 8 October open. Tue. 9 October closed)
11:00am~7:00pm
Address: 238-1 Oshiaburakoji-cho, Nakagyo-ku, Kyoto.
URL: http://www.kcua.ac.jp/gallery/
October 6th (SAT)
13:30〜15:20 Symposium – Artist Talk and Discussion
Moderator: Kazuko TODATE
“Women in urushi art – The properties and characteristics of urushi (漆素材の特性と表現)”
15:30~16:00 Performance (Sha Sha Higby)
October 7th (SUN)
14:00~14:45 Artists talk
15:00~17:00 A Workshop of makie technique by Japanese artists.

Fukushima Exhibition
Kitakata City Museum of Art
October 27 – November 25, 2012(Wednesday closed) 10:00am~6:00pm
Address: 2-2 Oshikiri Kitakata City, Fukushima.
Admission Fee: Adult 500yen, High School/University Student 300yen, Elementary and Junior High 200yen
URL: http://www.city.kitakata.fukushima.jp/bijyutsukan
October 27th
13:30~ Artists talk
14:30~ Performance (Sha Sha Higby)

Exhibition Details
1) Artists and Works: Thirty-two women contemporary urushi artists from China, France, Korea, Myanmar, Spain, Thailand, USA, Vietnam, and Japan. Sixty-four works will be exhibited.
2) Poster display: A profile of each artist and an overview of urushi art in each country.
3) Catalogue: All the exhibited work and an overview of urushi art and culture worldwide. (Japanese and English)
4) International Exchange Event:
・Symposium
Artists’ talk, Lecture, Presenter: TOADATE Kazuko, and urushi artists
・Performances – Sha Sha Higby
・Workshops and Seminar

Organization
- Resonant Uruwashi Exhibition Executive Committee
Tokyo Office
MATSUSHIMA Sakurako : Utsunomiya University, 350 Minemachi, Utsunomiya, Tochigi, Japan
E-mail: info@urushi-uruwashi.com
Kyoto Office
SASAI Fumie : Kyoto City University of Arts, 13-6 Kutsukake-cho, Oe, Nishikyo-ku, Kyoto, Japan
E-mail: info@urushi-uruwashi.com
- Kyoto City University of Arts
- Kitakata City Museum of Art
- Tokyo University of the Arts, Faculty of FIne Arts
- Yamawaki Bijutsu Senmon Gakuin

Support
Embassy of China, Embassy of Korea – Korean Cultural Center, Embassy of The United States, Ambassade de France au Japon, Royal Thai Embassy
The Japan Arts Council, Union Foundation, Toshiba International Foundation, Foundation for Cultural Heritage and Art Research, The Kao Foundation for Arts and Science, Nomura Foundation, Asahi Shinbun Foundation, Aizu Urushi Art Festival

会場/展示室
@KCUA 1,2
日時
2012年10月6日(月) -10月21日(水)
12:00〜17:00(最終入場16:30まで)
休館日
月曜
観覧料/参加費
無料
お問い合わせ
@KCUA TEL: 075-253-1509 MAIL: gallery@kcua.ac.jp
Venue(s)/Room(s)
@KCUA 1,2
Date(s)
October 6 – October 21 , 2012
11:00~19:00(The last admission to the gallery is at 18:45)
Closed on
Monday
Admission/Cost
Admission free
Contact
@KCUA – Phone: +81-75-253-1509 / E-mail: gallery@kcua.ac.jp