1. HOME >
  2. 展覧会 >
  3. 「犬と歩行視」 part-1
  1. HOME >
  2. EXHIBITIONS >
  3. Dog and Site-Seeing / Site-Walking Pt.1

展覧会について

ABOUT THE EXHIBITION

「メビウスって抽象的、数学的概念で、数学者が発見したわけだから、八百屋のおっさんはこうは言わんぞってのが僕はあって。」
(林 剛インタビューより, 2012)

犬と共に歩行視すること。それが本展覧会のテーマである。「犬」とは、林剛があみ出した「概念装置」であり、歩行視とは、犬との遭遇への戦術である。1960年代、幾何学的構成に人物フォルムを組み合わせた作品により新進画家として注目された林は、1970年より「いいわ」「犬」など単純な言葉を配置することで人間と世界との関わりを考察するダイナミックな作品を生み出してゆくことになる。詩や文学に於ける「読み・書く」対象としての言葉とは位相の異なる「視る・描く」という作業を基盤にした作品群は、70年代の概念芸術の先駆的な展開として、その後の現代美術の動向へ影響を与える一方で、それらの枠組みの中には収まりきらない、異質な問題意識を内包した異物、未知の世界から送り込まれた隕石のような存在として、今も我々に謎を投げかける力をもっている。本展覧会「犬と歩行視」part-1では、林剛の70年代の作品を中心に紹介すると共に、それらと触発関係にある他の作家の作品を展示することで、改めてその意義と可能性を探る。Part-2(2013年10月11日〜11月17日)に於いては、京都市美術館アンデパンダン展を舞台に、中塚裕子との共作で繰り広げられたCourt シリーズに始まる10年にわたる壮大なインスタレーション・プロジェクトの紹介や、それらと関連する多数の資料を展示する予定である。


■関連資料

林剛_インタビュー_(2013年1月16日 林剛氏アトリエにて 聞き手 高橋悟)
本インタビューでは、文字を使用した初期の作品から「犬」にいたるまでの思考のプロセス、およびに背景となる文化的経験(言語・絵画・身体など)についてお話を伺いました。

運動態としての視 – 大堰川野外展体験 – 林 剛 (2000年9月)
本展覧会の重要なコンセプトの一つである、歩行視についてのエッセイです。

■ 出展作家
林剛、井上明彦、木村秀樹、黒河和美、倉智敬子、杉山雅之、高橋悟、建畠晢、長野五郎

■ 展覧会関連イベント・トーク
「事故者と犬 — 絵画・言語・身体」
日時:2013年 3月30日(土) 午後1時より(予定)
出演:林剛(美術家)、木村秀樹(美術家)、高橋悟(美術家)、建畠晢(詩人・美術批評・京都市立芸術大学学長)
特別招待ゲスト(予定)森村泰昌(美術家)・河本信治(京都国立近代美術館特任研究員)

■ 主な展示内容
会場構成としては、林剛氏の看板作品を京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA内のエレベーター、階段、通路、屋外に星座のように配置し、「歩行」と「視」に関わる異質な時間・空間が立ち上がる経験を探ります。ギャラリー内展示スペースには、文字を使用した作品に加え、初期の絵画、映像作品「犬笑い」、タピストリーの「織り犬」、オブジェの「回転する犬」と参加作家の作品を対峙的に展示します。

PartⅠ March 16 – March 31, 2013
PartⅡ October 11 – October 17, 2013

Artists:
HAYASHI Goh
INOUE Akihiko
KIMURA Hideki
KUROKAWA KAZUMI
KURACHI Keiko
SUGIYAMA Masayuki
TAKAHASHI Satoru
TATEHATA Akira
NAGANO GORO
Place: Kyoto City University of Arts Art Gallery @KCUA
Term: 11:00~19:00(The last admission to the gallery is at 18:45 )
Closed: Monday
Admission: Free
Organized by: Kyoto City University of Arts
Contact: 075-253-1509

会場/展示室
@KCUA2, ギャラリーA, B, C
日時
2013年3月16日(土) -3月31日(日)
11:00〜19:00(最終入場18:45まで)
休館日
月曜
観覧料/参加費
無料
企画
「犬と歩行視」実行委員会+京都市立芸術大学構想設計高橋悟研究室
主催
京都市立芸術大学
助成
「生存の技法 / 医療・芸術・脳科学融合領域」プロジェクト(科学費MEXT/JSPD24320043)
協力
安藤泰彦、小杉美穂子、中塚裕子、持田明美、池澤茉莉、永田絵里、奥村里菜、牧口千夏、西岡勉、大西雅子、大西治、姜基還
お問い合わせ
@KCUA TEL: 075-253-1509 MAIL: gallery@kcua.ac.jp
Venue(s)/Room(s)
@KCUA2, Gallery A, B, C
Date(s)
March 16 – March 31, 2013
11:00~19:00(The last admission to the gallery is at 18:45 )
Closed on
Monday
Admission/Cost
Admission free
Organized by
Kyoto City University of Arts
Contact
@KCUA – Phone: +81-75-253-1509 / E-mail: gallery@kcua.ac.jp