1. HOME >
  2. 展覧会 >
  3. KYOTO STUDIO
  1. HOME >
  2. EXHIBITIONS >
  3. KYOTO STUDIO

展覧会について

ABOUT THE EXHIBITION

このたび、京都市立芸術大学ギャラリー @KCUA では、京芸 Transmit Program #04 Kyoto Studio 展を開催いたします。2010年の開館時から続く、京芸 Transmit Programシリーズ では、「京芸 Transmit Program #01 きょう・せい 展」、「京芸 Transmit Program #02 転地 展」では、本学の卒業・修了生を中心としたグループ展を開催し、「京芸 Transmit Program #03 Métis」展では、本学出身者だけではなく、学外出身者を含む、新進気鋭の若手作家によるグループ展を開催いたしました。第4回となる本展覧会では、若手美術作家のアウトリーチ活動支援をより広く実現することを目的とした「京芸 Transmit Program #04 KYOTO STUDIO」展を開催いたします。

京都には、共同スタジオ(アトリエ)とよばれる場所が、30軒以上も点在していると言われています。共同スタジオとは、複数人のアーティスト達がスペースを共有し、制作現場として利用している場所です。そこには、賃貸の相互負担としての経済的機能もありますが、同時に、アーティスト達の交流の場、コミュニティーとしても機能しています。本展では、展示会場内に17軒の共同スタジオを再現し、その中に、各スタジオに所属するアーティストの作品を展示します。出展作家は、総勢88人に上り、出展作品数は100点を超えます。

本展覧会は、「京都オープンスタジオ」と呼ばれるアーティスト達よって自主的に立ち上げられたイベントを起点としています。「京都オープンスタジオ」は、2009年より毎年開催されており、京都に点在する共同スタジオが、同時期にスタジオスペースを開放し、普段は制作場所としている空間を公開し、そこに作品を展示するものです。本展出展者の多くは、過去に同イベントへ出展した経験のある共同スタジオとアーティスト達を中心として構成されています。
本展では、これまで開催されてきた「京都オープンスタジオ」をさらに発展させ、普段は閉ざされているアーティスト達の制作現場をギャラリースペースに集約し、展覧会として公開します。さらに、本展に合わせ、出展スタジオ、出展作家を全て収録した同名のアーティストカタログも出版いたします。

京都という街の中で、美術について考え、語り合い、創作活動を続ける美術作家達のさまざまな制作現場を、展覧会と書籍という1つの情報として集約することで、美術を中心とした緩やかなコミュニティが、より大きな流れに繋がってゆく可能性を模索します。ここでは、必然的に生まれる軋轢や戸惑いも含め、まとまった一つの情報として発信することで、現在進行形で起きている美術について、その在り方を検証し、可能性を指し示す契機になることを期待しています。


出展スタジオ/ 作家:

001- アトリエ家ー
すずき あい、 中川 潤、 渡邊 真由、 富永 大士

002- A.S.K – atelier share kyoto
岡堅太、影山友美、河村啓生、菅かおる、来田広大、国谷隆志、杉山有希子、田中和人、中屋敷智生、西山新吾、延原慈、宮岡俊夫、山本直樹、横溝美由紀

003- 有栖川リビング
大塚朝子、西上翔平

004- アルタカ倉庫A
鎌田祥平、二宮幸司、花岡伸宏

005- Antenna Media
Antenna、川崎亮、資延雄治、田中英行

006- ウズイチスタジオ
小柳裕、松井沙都子、三輪田めぐみ、柳澤顕、吉岡千尋

007- うんとこスタジオ
谷澤紗和子、とんぼせんせい

008- 桂スタジオ
岡田 真希人、黒川 彰宣、柴田 主馬、水田 寛、村上 滋郎、風能 奈々

009- キョウトセラミックアートスタジオ トチン
市川陽子、梅原育子、大前史、唐澤祥子、田辺桂、野上千晶、福岡さゆり、藤田美智、丸谷佐木子

010- GURA
岡村優太、石黒麗、河野如華、貴志真生也、古賀睦、田中良、八雄、宮永亮

011- G Art Studio
笠間弥路、岸本寛興、児玉真人、山本桃子

012- つくるビル
むらたちひろ、寺脇扶美、林葵衣、斉藤明日美、金 秀眞

013- 凸倉庫
安藤隆一郎、公庄直樹、羽川真司、松田啓佑、松本誠史

014- むこうスタジオ
清田 泰寛、西村 知子、羽部 ちひろ、HyonGyon、前川 紘士

015- 淀
おかひろし、木村健人、坂井良太、林大作、森彩華、安田知司、矢津吉隆

016- ライトスタジオ
新道牧人、谷友理子、中井萌、輪田幸

017- 蓮華荘
阪本結、唐仁原希、松本和、村田香穂理

(50音順)


We would like to announce “KCUA Transmit Program #04: KYOTO STUDIO” Exhibition, held at the Kyoto City University of Arts Art Gallery @KCUA. The KCUA Transmit Program series has, since opening in 2010, been a group exhibition focusing on graduate students with “KCUA Transmit Program #01: kyou / sei Exhibition” and “KCUA Transmit Program #02: tenchi Exhibition,” and moving on later to include not just this universities alumni but those from other establishments as well, in a group exhibition for up-and-coming young artists entitled, “KCUA Transmit Program #03: Métis – The Fighting Art – .” The current 4th exhibition, “KCUA Transmit Program #04: KYOTO STUDIO,” is intended to implement an extensive outreach support activity for young contemporary artists.
It’s said that Kyoto is dotted with over 30 places called “Kyoudou Studios” (shared studios or atelier). In these, several artist share the space together for the creation of artworks. They have an economic feature of mutual rent-sharing, but they also serve as a community and a place of exchange for artists. This exhibition will reproduce 17 shared studios within the exhibition itself, and an exhibition of artworks by artists attached to each studio will be held within those. Exhibiting artsts are 88 strong and artworks are expected to exceed 100.
The starting point of the exhibition were the “Kyoto Open Studio” events; independent initiatives of the artists themselves. “Kyoto Open Studio” has been held every year since 2009, with shared studios throughout Kyoto opening their studio spaces simeltaneously—publicly exhibiting spaces they normally create works in—and exhibiting their artworks there. Many of the exhibitors at this exhibition are comprised of shared studios and artists who experienced previous “Kyoto Open Studio” events.
We have taken “Kyoto Open Studio” one step further in this current exhibition, by consolidating the actual places of production of the artists (normally closed) into the spaces available at @KCUA. In addition, we have published an artist catalogue by the same name, compiling all exhibiting artists and studios.
We hope to explore the posibilities of connecting this relaxed art community to larger currents by consolidating the various production locations, artists continuing creative activities, conversations and thoughts about art in the streets of Kyoto into one piece of information: an exhibition and publication.

Press Release

STUDIOS:
atelier iee, A.S.K – atelier share kyoto, arisugawa living, Altaka Studio A, Antenna Media, UZUICHI STUDIO, untoko studio, Katsura Studio, kyoto ceramic art studio tochin, GURA, G Art Studio, tukuru building, TOTSU SOUKO, MUKO STUDIO, yodo studio, raitstudio, rengeso studio

KCUA Transmit Program #04
KYOTO STUDIO

April 13th ~ May 19th, 2013
Organized by Kyoto City University of Arts.
Additional funding is provided by The Kao Foundation For Arts And Science.

会場/展示室
@KCUA 1,2, Gallery B
日時
2013年4月13日(土) -5月19日(日)
12:00〜17:00(最終入場16:30まで)
休館日
5/5(木)、6(金)
観覧料/参加費
無料
企画
企画:京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
主催
京都市立芸術大学
助成
芸術文化振興基金、花王 芸術・科学財団
協力
NPO法人 Antenna Media
お問い合わせ
@KCUA TEL: 075-253-1509 MAIL: gallery@kcua.ac.jp
Venue(s)/Room(s)
@KCUA 1,2, Gallery B
Date(s)
2013/4/13/Sat-5/19/Sun
Closed on
5/6th/Thu,6th/Fri
Admission/Cost
Admission free
Curated/planned by
Kyoto City University of Arts Gallery @KCUA
Organized by
Kyoto City University of Arts
With the cooperation of
NPO Antenna Media
Contact
@KCUA – Phone: +81-75-253-1509 / E-mail: gallery@kcua.ac.jp