1. HOME >
  2. 展覧会 >
  3. Sweet Revenge
  1. HOME >
  2. EXHIBITIONS >
  3. Sweet Revenge

展覧会について

ABOUT THE EXHIBITION

本展覧会は現在さまざまな場で独自の活動を展開している、京都市立芸術大学構想設計専攻出身の作家5名による展覧会です。

芸術は芸術以外の目的に利用してはいけない―という命題を立ててみよう。
しかし現実の私たちは歴史や国境や社会を与件として与えられている。
また自然や科学はときに私たちの想像を超えてあらがえない現実をもたらす。

「好奇心の欠如という病に向き合うことはできる。好奇心を持つということは、
他者の言葉を聞く耳をもつということ。」(ダニエル・バレンボイム)

私たちには目や耳がからだが与えられている。
それによって他者の嘆きや叫びを見たり聞いたり感じることができる。
またその能力によって描いたり、歌ったり、奏でたり、踊ったり、演じる事ができる。

それは芸術と呼ばれているけれど、
そのちからは対立や差異を調停する働きがある。
私たちは現在の現実に向き合いながら、
希望や調停を芸術というささやかな、
しかし普遍的なちからで行使する権利はある。
それは様々な与件に対する私たちの「甘い復讐」だ。

そして私たちはまた平凡な一日に戻って行く。
それはたわいもないけれどかけがえのない一日だ。
そのような平凡な日常を他者も過ごせるように想像するのも、
私たちに与えられたちからだ。


出展作家情報:

伊藤 存 Zon Ito
1971年大阪生まれ。京都市立芸術大学構想設計専攻卒業。刺繍によるドローイング、しりとりによって増えていく小さな立体、どうつぶ図鑑、アニメーションの映像作品などさまざまに制作している。本展覧会で制作する「ブタの塗り絵」は構想設計の学生の頃に制作したものであるが、今回沢山の人に参加してもらい、2001~2013年にまたがる「ブタの塗り絵」として展示する。

《ブタの塗り絵》1996–


須藤 絢乃 Ayano Sudo
1986年生まれ。2009年パリ国立高等美術学校(エコール・デ・ボザール)へ交換留学。2011年京都市立芸術大学大学院造形構想修了。同年、ミオ写真奨励賞にて森村泰昌賞受賞。被写体の性別を超えた変身願望や理想像を写真に納め、少女マンガのカラー原稿と写真の狭間にあるような平面作品を発表している。

《Red Riding Hood wears Hi-Tech parka,Central Park, N.Y.》2012


山本 麻紀子 Makiko Yamamoto
1979年生まれ。京都市出身。2003年、京都市立芸術大学美術学部構想設計専攻卒業、2005年、同大学院造形構想を修了。アートと生活、フィクションとリアリティ、プライベートとパブリックの境界を探求することをテーマにしている。ロンドン、タスマニア、パリ、水戸などで展覧会多数。

《Lost and Found》Past vyner Street, London 2011


二瓶 晃 Nihei Akira
1972年千葉県生まれ。大阪芸術大学建築学科卒業、京都市立芸術大学大学院造形構想修了。大学在学中より舞台美術家として活動。作品はテキストを多用する形式や構成された空間からは舞台美術との類似性が見られ、鑑賞者は時として役者(または観客)としての振る舞いを要求される作品になっている。また、共同研究として脳神経科学と芸術の融合をテーマにした研究・発表も行っている。

《Acte gratuit》2012


アンドレアス・クレシグ Andreas Kressing
1971年パリ生まれ。京都市立芸術大学博士課程でメディアアートを学ぶ。現在ジュネーブ(スイス)在住。コンピュータグラフィクスの映像、電気製品、プラスティックモデルなど既製品を使用し、光を素材として場所や風景などに介入するインスタレーションを制作している。ジュネーブ、京都、神戸、カイロ、アルメニア、デュッセルドルフなど世界各地で個展、グループ展を行なっている。

《Kiss_Daquingyu-Los Angeles》2010





|アーティスト・トーク|6月1日[土]14:00–
伊藤存、須藤絢乃、山本麻紀子、二瓶晃 司会:岩城覚久

|オープニングパーティー|6月1日[土]16:00–

■Artists

Zon Ito

Ayano Sudo

Makiko Yamamoto

Nihei Akira

Andreas Kressing

会場/展示室
@KCUA 2, Gallery B, C
日時
2013年6月1日(月) -7月15日(水)
11:00-19:00(最終入館18:45まで)
休館日
月曜日
観覧料/参加費
無料
企画
砥綿 正之
主催
京都市立芸術大学
お問い合わせ
@KCUA TEL: 075-253-1509 MAIL: gallery@kcua.ac.jp
Venue(s)/Room(s)
@KCUA 2, Gallery B, C
Date(s)
2013/ Jun/ 1st /sat - Jul/ 15th /mon
11:00 – 19:00 (admission before 18:45)
Closed on
Monday
Admission/Cost
Admission free
Curated/planned by
TOWATA Masayuki
Organized by
Kyoto City University of Arts
Contact
@KCUA – Phone: +81-75-253-1509 / E-mail: gallery@kcua.ac.jp