1. HOME >
  2. 展覧会 >
  3. 岡本高幸個展 「呼応する身体」
  1. HOME >
  2. EXHIBITIONS >
  3. Okamoto Takayuki Solo Exhibition

展覧会について

ABOUT THE EXHIBITION

身体は意識として浮上してこない領域でいったい何を『察知』しているのだろうか。我々は日々、可視・不過視の無数の電磁波にさらされている。放射線もその一つであるが、それらを身体はどう受け止めているのだろうか。もし1つ1つの細胞が意識を持ち集積したものが身体であったとするならば、その小さな主張に耳を傾けた時、身体に対する新たなイメージが獲得されるのではないかと考えている。
約600枚のソーラーモジュールが身体全体に張り巡らされ、91箇所の身体部位に分割。モジュールに可視光線があたるとその部位の名称例えば「右胸」等を発する仕組みとなる。
今回そのスーツと霧箱のシステムを出会わせ、知覚不可能な感覚を視覚・聴覚(身体部位の演奏)でクローズアップする事で、新たな体感・実感の場を創出させる事が可能となるのではないかと考えている。

 

 

 

会場/展示室
@KCUA 2
日時
2013年7月20日(土) -8月4日(日)
11:00〜19:00(最終入場18:45まで)
休館日
月曜日
観覧料/参加費
無料
主催
京都市立芸術大学
お問い合わせ
@KCUA TEL: 075-253-1509 MAIL: gallery@kcua.ac.jp
Venue(s)/Room(s)
@KCUA 2
Date(s)
11:00 – 19:00 (admission before 18:45)
Closed on
Monday
Admission/Cost
Admission free
Organized by
Kyoto City University of Arts
Contact
@KCUA – Phone: +81-75-253-1509 / E-mail: gallery@kcua.ac.jp

関連作家

RELATED ARTISTS