1. HOME >
  2. 展覧会 >
  3. Wild, Passionate and Sticky Things ー京都美術の130年ー
  1. HOME >
  2. EXHIBITIONS >
  3. Wild, Passionate and Sticky Things -130 years of the Kyoto Art –

展覧会について

ABOUT THE EXHIBITION

京都にはガイドブックでは紹介しきれない独特の気質があります。厳しい自然環境のなかで鍛え抜かれ磨かれた感性、学生の街京都ならではの艶やかな情熱、そして伝統と現代のはざまで煩悶し、粘り強く理想を追究する自我。これらは美術表現においても独特の気風を育み、いまなお若いアーティストたちに根付いています。本展は、@KCUAアウトリーチ企画の一環として東京渋谷のヒカリエ8/ CUBE1,2,3を会場に、このような気質を本学130年の歴史に探り、芸術資料館の収蔵品に加え、3人の現代アーティストたちによるインスタレーションとして展開します。資料館収蔵品を現代美術にとって、新たな創造のためのアーカイブととらえ、日本美術、現代美術双方における創発的な場の生成を目指します。

出展作家:
■貴志真生也/KISHI Maoya
1986年大阪府生まれ 京都市立芸術大学美術学部美術科彫刻専攻卒業

《主な展覧会》
2009 リトル・キャッスル(児玉画廊/京都)
2010  きょう・せい(京都市立芸大ギャラリー@KCUA/京都)
2011  発想の源泉(メゾン・エルメス/東京)
2012  リアル・ジャパネスク 世界の中の日本現代美術(国立国際美術館/大阪)

■谷澤紗和子/TANIZAWA Sawako
1982  大阪に生まれる
2005   Royal College of Art 交換留学
2007  京都市立芸術大学大学院修士課程修了

《主な展覧会》
2005  谷澤紗和子展 萌芽のとき (galerie 16/京都)
2011  会場 (MATSHO MEGUMI + VOICE GALLERY pfs/w/京都)
2006  京都府美術工芸新鋭選抜展  (京都文化博物館/京都)
2009   THE GIRLS FROM KYOTO AND OTHER JAPANESE CONTEMPORARY ARTISTS (Armory show vip event) NEW YORK CITY, ST. REGISHOTEL
2010  きょう・せい(京都市立芸大サテライトギャラリー@KCUA/京都)
2012  ミンハメグリ(中之島図書館/おおさかカンバス推進事業/大阪)

■三木章弘/MIKI Akihiro
1988年生まれ。
2011年京都市立芸術大学デザイン科卒。 16 歳の時グラフィティに衝撃を受け、美術の道に進むことを決意。 在学中からデザインの枠にとどまらないアート作品の制作や ライブペイント等を行う。 卒業後は就職し企業でデザイナーとして働く傍ら、個人での「物々交換」で 引き受けるデザインや、展覧会への出品、ライブペイント、ドラムパフォー マンスetc…精力的に活動。
2012年2月には大阪のインストバンド【neco眠る】にドラムとして加入。 9月にはファッションブランド【MARVELOUS INK】を始動し、さらに活動 の幅を広げる。
■芸術資料館収蔵・展示予定作品:
土田麦僊 髪 1911
稲垣仲静 豹 1917
岡文涛 暗中出手 1901
( 以上、芸術資料館収蔵・京都市立美術工芸学校/同絵画専門学校卒業作品)

■展覧会関連イベント:

展覧会関連事業として、京都のアートシーンに触れていただく下記ワークショップ、プレゼンテーション、トークイベントを
開催します。

・7/26(金)
*イベントスペースCOURT にて
13:00-16:00 「Wild でPassionate でSticky なオブジェを作ろう!」

講師:
川田知志(京都市立芸術大学総合基礎実技非常勤講師)
上坂秀明(京都市立芸術大学総合基礎実技非常勤講師)
爆走兄弟(ライブペインティングユニット:本田新/京都市立芸術大学ビジュアルデザイン専攻
松永昴文/京都市立芸術大学ビジュアルデザイン専攻
吉田美菜/京都市立芸術大学彫刻専攻)

16:30-17:00
学生による、観光ガイドには載っていない京都の文化、アートシーン、学生生活などについてのプレゼンテーション
プレゼンテーター:奥田けいと/京都市立芸術大学総合芸術学科

・7/27(土)
*会場内にて
15:30-16:30
ギャラリートーク:会場内アーティストトークならびに日本画作品列品解説
出演:出品作家(谷澤紗和子、貴志真生也、三木章弘)/松尾芳樹(大学附属芸術資料館学芸員)/森山貴之(本展企画)

*イベントスペースCOURT にて
16:30-17:30
学長と学外ゲストによるトークイベント:京都の現代美術と伝統美術について

ゲスト:建畠晢(京都市立芸術大学学長/美術評論家)
山下裕二(明治学院大学教授/美術評論家)
田中大(株式会社思文閣代表取締役)
出品作家(谷澤紗和子、貴志真生也、三木章弘)

出品作家に加え、本学学長の建畠晢、明治学院教授山下裕二氏、株式会社思文閣代表取締役田中大氏を交えたゲストトークを開催します。現代美術、日本画、古美術の専門家から見た、京都の美術とは? 本展出品作品の、130 年間の時を超えた邂逅に見える共通点とは?本トークでは、京都の美術を多角的に検証し、その魅力を探ってゆきたいと思います。

監修:建畠 晢(京都市立芸術大学学長)

Date: 2013/ Jul/ 24th /wed - Aug/ 5th /mon
Hour: 11:00 – 20:00
Place: Shibuya Hikarie 8/CUBE1,2,3 http://www.hikarie8.com/home.shtml
Organized by 
■Artsits
KISHI Maoya
TANIZAWA Sawako
MIKI Akihito
■Collection Exhibition
TSUCHIDA Bakusen
INAGAKI Chusei
OKA Buntou
( Collection of University Art Museum, Kyoto City University of Arts )

会場/展示室
渋谷ヒカリエ 8 / CUBE 1,2,3
日時
2013年7月24日(水) -8月5日(水)
12:00〜17:00(最終入場16:30まで)
企画
森山貴之(京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA 学芸員)
主催
京都市立芸術大学
協力
ホルベイン画材株式会社、ホルベイン工業株式会社
お問い合わせ
@KCUA TEL: 075-253-1509 MAIL: gallery@kcua.ac.jp
Venue(s)/Room(s)
Shibuya hikarie 8 / CUBE 1,2,3
Date(s)
2013/7/24th/Web-8/5th/Web
12:00~17:00(The last admission to the gallery is at 16:30 )
Curated/planned by
MORIYAMA Takayuki
Organized by
Kyoto City University of Arts
Contact
@KCUA – Phone: +81-75-253-1509 / E-mail: gallery@kcua.ac.jp