1. HOME >
  2. 展覧会 >
  3. 水田寛個展 「レトロポリス / RETROPOLICE」
  1. HOME >
  2. EXHIBITIONS >
  3. Exhibition 3 Hiroshi Mizuta Solo Exhibition / RETROPOLICE

展覧会について

ABOUT THE EXHIBITION

このたび、京都市立芸術大学ギャラリー@KCUAでは、水田寛の個展「レトロポリス」を開催致します。
水田は、京都市立芸術大学美術研究科絵画専攻油画を修了後、アートコートギャラリーやMEM、ギャラリー恵風での個展、またMOTアニュアル(東京都現代美術館)、VOCA展(上野の森美術館)等のグループ展に出展するなど活躍が目覚ましい注目の若手作家です。
これまで水田は、収集した資料やスケッチ、経験、記憶をたよりに試行錯誤しながら絵画作品をつくり、発表を続けてきました。今回の個展では、作者自身が、落書きや漫画の模倣を繰り返していた美術教育を受ける前の自分を振り返り、現在の作品に通じるものを見つけようと試みています。
この度の出展作品の一つに、一度キャンバスに描かれた油彩画が、切り取られ、別の絵と継ぎ合わされたシリーズがあります。描かれたイメージの中には、画面のサイズを決めずに描き始められたものがあり、これは、チラシの裏などに、完成か未完成かを問わず、余白等も気にせず絵を描いていた頃を参考にしています。この手法では、別の絵が継ぎ合わされることで、未完のイメージが集積し、それが自ずと画面の厚みや奥行きとなっていきます。
今回の展覧会名の「レトロポリス」とは、絵を描くということへの率直な欲求と、美術教育がもたらした影響とを見つめなおし、そこから新しい作品群を建設して行くイメージに着想を得ています。日々活動を続け、新たな表現を模索する作者の姿勢を確認することが出来る展覧会です。是非、多く皆様にご高覧頂けますようお願い申し上げます。



関連イベント
■オープニングレセプション
2013月9月22日(日)16:00 – 19:00
入場無料、事前予約不要
作家による作品解説&森林食堂のおいしい出張カレーもございます。
お気軽にお越し下さい。




参考作品


ひげそり5, 450×380mm_2013, oil on canvas

空中ブリッジ2, 610×457mm_2013, oil on canvas

渋滞35, 600×730mm, 2013


経歴
水田 寛
1982 大阪府生まれ
2006 京都市立芸術大学美術学部卒業
2008 京都市立芸術大学大学院美術研究科修了

|個展|
2013 「水田 寛 展 日課」ギャラリー恵風, 京都
2012 「水田 寛 展 渋滞」 MEM, 東京
「水田 寛オープンスタジオ」 桂スタジオ, 京都
2011 「水田 寛 展 ごもくならべ」 ギャラリー恵風, 京都
2010 「水田 寛 展 ふるさと」アートコートギャラリー, 大阪
2008 「水田 寛 展 かくれんぼ」アートコートギャラリー, 大阪
2007 石田大成社ホール, 京都


|グループ展|
2013
KYOTO STUDIO, 芸大ギャラリーアクア, 京都
日本の絵画の50年, 和歌山県立近代美術館, 和歌山
TSCA Rough Consensus, GALLERY9.5, ホテルアンテルーム, 京都
大和コレクションⅥ -世界の手がかり-, 沖縄県立美術館, 沖縄
境谷小学校 作品展, 京都市立境谷小学校, 京都 [’012]
京都府美術工芸新鋭展 2013 京都美術ビエンナーレ, 京都文化博物館, 京都

2012
ACG eyes 5 : Four Paintings, アートコートギャラリー, 大阪

2011
As long as Rainbow Lasts, Soka Art Center, 台北・台湾
VOCA展 2011 現代美術の展望−新しい平面の作家たち, 上野の森美術館, 東京
京都オープンスタジオ 桂 *オープンスタジオ, 桂スタジオ, 京都

2010
きょう・せい, 芸大ギャラリーアクア, 京都
MOTアニュアル2010「装飾」, 東京都現代美術館, 東京
京都オープンスタジオ2010 *オープンスタジオ, 桂スタジオ, 京都

2009
田中恒子コレクション展 自宅から美術館へ, 和歌山県立近代美術館
PICA 3, アートコートギャラリー, 大阪
4つのアトリエ *オープンスタジオ, 桂スタジオ, 京都

2008
ACG eyes:映像とドローイング -narrative-, アートコートギャラリー, 大阪
ART AWARD TOKYO 2008, 行幸地下ギャラリー, 東京
是が非の絵画, 大和プレスビューイングルーム, 広島
作品中!, ギャラリー16, 京都 [’07]

2007
PICA 2007, 芸大ギャラリー, 京都 [’06]
new generation:層の奏で -Playing in Layeres-, アートコートギャラリー仮スペース, 大阪

2006 LOCA2006 <LOCA賞>, 芸大アトリエ棟3F廊下

2005 Art Court Frontier 2005 #3, アートコートギャラリー, 大阪

[コレクション] 和歌山県立近代美術館、大和ラヂヱーター、一橋大学
[レジデンス] 京都市立境谷小学校レジデンス



Kyoto City University of Arts Gallery @KCUA is delighted to present Hiroshi Mizuta’s solo exhibition “RETROPOLIS.”
After his graduation from Kyoto City University of Arts in 2008, Mizuta has been represented in numerous solo exhibitions at ARTCOURT Gallery in Osaka, MEM in Tokyo and Gallery KEI-FU in Kyoto, as well as group exhibitions including MOT Annual at the Museum of Contemporary Art Tokyo and VOCA at The Ueno Royal Museum.
Often creating work through a system of trial and error, for years Mizuta has taken his primary inspiration from collected research materials, drawings, personal experiences and memory. In this exhibition, Mizuta explore the similarity between his past paintings before and after his academic training in Art.
In a series in this show, Mizuta stitched fragments of different paintings together. This randomness refers to his past drawings that he didn’t intend to create as finished work, not calculating the empty space or balance of image sizes, on papers such as the back of magazines. This technique gives Mizuta’s paintings layers and depth through the expansion and accumulation of unfinished image fragments.
The exhibition title “RETROPOLIS” refers to his retrospection of both pure creativity for painting and the influence of art education. This reevaluation will act as a catalyst in the creation of new work. Through Mizuta’s exhibition, audiences will be overwhelmed by the honesty of an emerging artist who explores new expression through his daily work in his studio.

Event
■Opening Reseption
2013. 9. 22 sun 16:00 – 19:00
Free Admission

Art Works

Shaving 5, 450×380mm_2013, oil on canvas

Bridge 2, 610×457mm_2013, oil on canvas

Junction 35, 600×730mm, 2013

 

会場/展示室
@KCUA 2
日時
2013年9月21日(土) -9月29日(日)
12:00〜17:00(最終入場16:30まで)
休館日
月曜日
観覧料/参加費
無料
主催
京都市立芸術大学
お問い合わせ
@KCUA TEL: 075-253-1509 MAIL: gallery@kcua.ac.jp
Venue(s)/Room(s)
@KCUA 2
Date(s)
2013/9/21/Sat-9/29/Sun
12:00~17:00(The last admission to the gallery is at 16:30 )
Closed on
Monday
Admission/Cost
Admission free
Organized by
Kyoto City University of Arts
Contact
@KCUA – Phone: +81-75-253-1509 / E-mail: gallery@kcua.ac.jp

関連作家

RELATED ARTISTS