1. HOME >
  2. 展覧会 >
  3. 存在へのアプローチ ー 暗闇、無限、日常 ポーランド現代美術展
  1. HOME >
  2. EXHIBITIONS >
  3. An Approach to Being Darkness, Infinity, Everyday Life An Exhibition of Polish Contemporary Art
パフォーマンス/岩田美保

展覧会について

ABOUT THE EXHIBITION

本展覧会は第二次世界大戦後のポーランド美術のエッセンスを凝縮し、いかなる点でそれが国際的に類を見ないものであるのかを示そうとするものです。第二次世界大戦の傷跡、そしてその後に続いた共産主義体制の押しつけから、暗闇が生まれました。制限は、もしそれが極端で全く荒廃させるようなものでなければ、創造性を生み出し発展させるように働くことがあります。メッセージをオープンに伝えられない状況に置かれたら、人はそれを可能にするための方法を工夫するでしょう。そこには感情的要素に彩られた、非常に知的な手法が存在します。

ポーランド人はスラブ系として「東の」ヨーロッパに属すると同時に、カトリック信者として「西の」ヨーロッパ文化に属してもいるのです。その結果、非常に特徴的な心理が生まれます。つまりヨーロッパの異なる要素の両方を理解できるのです。波乱に満ちた歴史を通じて、常にポーランドは多岐にわたる経験を積んできました。そうしたこと全てにより、ポーランド美術の特殊な性格が形成されたのです。知的な内容も成果の一つで、アイディアを総合的な形において、そこにある次元を「追加」して、それを見る人にわかってもらえるよう表す必要があった一方で、必ずしも既存のシステムに頼る必要もなかったのです。そこから現実的、哲学的、美的といった境界を越え、メッセージを伝える方法の発見へとつながりました。1989年の政治体制の変化により、表現の幅は広がりましたが、長く続く文化の伝統は守られました。

本展に出品される絵画、グラフィック、ヴィデオ、パフォーマンス、インスタレーション、音楽作品、オブジェなどは、ポーランドの数十年にわたる美術の広い範囲にわたる実践の成果の一端を示すでしょう。またそれらは、日常の現実において絶対的なものを探し求める、個々の作家たちの意思表明でもあります。

In Situ財団 マウゴジャータ・サディ

出品作家:
ミロスワフ・バウカ/イエジ・ベレシ/ボジェンナ・ビスクプスカ/スタニスワフ・ドゥルシチ/鴨治晃次/エドヴァルト・クラシンスキ/ノーマン・レト/ロマン・オパウカ/オイゲニウシュ・ルトニク/ズィグムント・リトカ/ミコワイ・スモチンスキ/ヘンルィク・スタジェフスキ/ヤン・シフィジンスキ

■関連イベント
12月7日(土)16:00 – アーティスト・トーク
12月7日(土)17:00 – オープニングレセプション
12月15日(日)16:00 – パフォーマンス/岩田美保
12月15日(日)16:30 – アフタートーク/岩田美保+吉岡洋(京都大学文学部教授), 聞き手:加須屋明子(京都市立芸術大学美術学部准教授)


 

Artists’ Talk : 16:00 on 07 12
Opening : 17:00 on 07 12
Performance by Miho Iwata: 16:00 on 15 12
Talk with Miho Iwata, Hiroshi Yoshioka and Akiko Kasuya: 16:30 on 15 12

 

Featuring: Mirosław Bałka, Jerzy Bereś, Bożenna Biskupska, Stanisław Dróżdż, Koji Kamoji, Edward Krasiński, Norman Leto, Roman Opałka, Eugeniusz Rudnik, Zygmunt Rytka, Mikołaj Smoczyński, Henryk Stażewski, Jan Świdziński

The exhibition encapsulates the essence of Polish art following the Second World War, and offers an insight into its unique contribution to the international art world. The trauma of the last war, succeeded by years of Communism, is where the darkness – one of the themes of exhibition – comes from. Ironically, when the constraints imposed by the Soviet system were not extreme and totally devastating, they were conductive to evoking and developing their work. Unable to convey their message openly, artists looked for a form which allowed their creativity to emerge in other ways. This process involved a rather intellectual procedure tinted with emotional factors. Historically, Poland has always been a melting pot of cultures and civilizations, a place where west and east meet. This situation gave rise to a very particular mentality that has, over many years, accommodated disparate ingredients from Europe. Throughout its turbulent history Poland has been subjected to an extremely wide and diverse range of experiences. This complex mixture has ensured that the characteristics of Polish art are highly distinctive. A marked attraction to intellectual content is one outcome, reflecting a need to present ideas in a synthetic form that endows them with ‘an added’ dimension, to be deciphered by the viewers, while not necessarily being supported by the system. Transcending the boundaries – whether real, philosophical or aesthetic – led to the development of new modes of communication. The change of political system in 1989 opened up the scope for expression, while maintaining the long cultivated tradition.
The paintings, graphic art, videos, performances, installations, sound pieces and objects that are featured in this exhibition reflect the wide range of art practices that have developed in Poland over several decades. They constitute the individual statements of artists searching for an absolute conditioned by everyday reality.
One extraordinary feature of the exhibition is the work of Koji Kamoji, a Japanese born artist who, after graduating from the art academy in Tokyo, moved to Poland in 1959, studied there, and became a leading personality in the Polish art scene from the 60s. His work is a telling example of ‘bridging cultures’. Kamoji’s work is both very Japanese and very Polish in its approach to being.

Małgorzata Sady,
In Situ Contemporary Art Foundation

会場/展示室
Gallery A,B,C
日時
2013年12月7日(土) -12月23日(月・祝)
12:00〜17:00(最終入場16:30まで)
休館日
月曜日(ただし12月23日(月)は祝日のため開館)
観覧料/参加費
無料
企画
In Situ現代美術財団、加須屋明子(京都市立芸術大学総合芸術学科准教授)
主催
In Situ現代美術財団、京都市立芸術大学
協賛
ポーランド共和国文化・国家遺産省
後援
アダム・ミツキェヴィチ・インスティテュート、
ポーランド広報文化センター、NPO法人フォーラム・ポーランド組織委員会、
O.pl, Obieg, Notes na 6 Tygodni, Format, Contemporary Lynx
お問い合わせ
@KCUA TEL: 075-253-1509 MAIL: gallery@kcua.ac.jp
Venue(s)/Room(s)
Gallery A,B,C
Date(s)
11:00~19:00(The last admission to the gallery is at 18:45 )
Closed on
Monday (However, Mon., December 23 is opened for a public holiday )
Admission/Cost
Admission free
Organized by
In Situ Contemporary Art Foundation and Kyoto City University of Arts Art Gallery @KCUA
Sponsored by
Ministry of Culture and National Heritage of the Republic of Poland
With support from
Polish Institute in Tokyo, Adam Mickiewicz Institute and Forum Polska
Media Partner O.pl, Obieg, Notes na 6 Tygodni, Format, Contemporary Lynx
Contact
@KCUA – Phone: +81-75-253-1509 / E-mail: gallery@kcua.ac.jp