1. HOME >
  2. 展覧会 >
  3. Charcoal
  1. HOME >
  2. EXHIBITIONS >
  3. Charcoal

展覧会について

ABOUT THE EXHIBITION

京都市立芸術大学は今年度をもって任期を終える木村秀樹教授の退任記念展を開催いたします。
木村秀樹は本学の西洋画専攻科(大学院の前身)を修了以降、1970年代から常に日本の現代美術の先頭に立って活動してきました。また版画領域においては知らぬ者のない作品(まだご存知ない方はちょっとググってみましょう!)『鉛筆』の作者です。その端正で理知的な造形と深い思索に裏打ちされた作風は我が国のみならず諸外国においても高い評価が与えられてきました。まだ市民権を得て日の浅かった日本の現代版画において写真を使用したシルクスクリーンによる表現を開拓した代表的作家としてつとに名が上がりますが、20世紀半ばにロンドンとニューヨークで産み出されたポップアートを、作り手として独自の視点から解釈した方法と応用を手本とする者は後を絶ちません。
1974年から長く勤めた嵯峨美術短期大学(現京都嵯峨芸術大学)を辞し、1995年からは本学で教鞭をとり、その教室からは前職同様多くの若い才能が巣立ちました。
また幾つかの重要な展覧会の企画、グループの招集や出版の企画等、一作家に留まらない活動は画家が黙って絵を描いていれば良い時代が過ぎ去ったかのような現代の状況にも先便を告げるものでもあったといえるでしょう。
本展では1階展示室 @KCUA1で新作を、2階展示室 Gallery Bでは例の「鉛筆」を含む、主に’70年代の作品にフォーカスしたレトロスペクティブな展示が披露されます。この展覧会で指導者や組織者ではない、一作家としての木村秀樹がどのように出発し、どのように深化したのかを知ることのできる有意義な機会となるでしょう。

会場/展示室
@KCUA1, Gallery B
日時
2014年3月15日(土) – 3月30日(日)
11:00〜19:00(最終入場18:45まで)
休館日
3/17(月)、24(月)
観覧料/参加費
無料
企画
京都市立芸術大学版画研究室
主催
京都市立芸術大学
お問い合わせ
@KCUA TEL: 075-253-1509 MAIL: gallery@kcua.ac.jp
Venue(s)/Room(s)
@KCUA1, Gallery B
Date(s)
2014/3/15(sat) -3/30(sun)
11:00 – 19:00 (admission before 18:45)
Closed on
3/17(mon)、24(mon)
Admission/Cost
Free Admission
Curated/planned by
Kyoto City University of Arts Department of Fine Arts, School of Printmaking
Organized by
Kyoto City University of Arts
Contact
@KCUA – Phone: +81-75-253-1509 / E-mail: gallery@kcua.ac.jp

関連作家

RELATED ARTISTS