1. HOME >
  2. 展覧会 >
  3. 月が水面にゆれるとき
  1. HOME >
  2. EXHIBITIONS >
  3. Moonlight reflected on the water’s surface
中村牧子《100years after the party -plate-》2011
木藤純子「ひるとよる」展示風景 (GALLERY CAPTION、 岐阜、2014)
曽谷朝絵 "Circles" 2007(130*162cm oil on cotton on panel)
和田真由子《馬》2011(撮影 福永一夫 / Photography by Kazuo Fukunaga)

展覧会について

ABOUT THE EXHIBITION

京都市立芸術大学に在籍する学生のうち、女子学生が占める割合は増加し続けていて、もはや9割に近づきつつあります。全国的に見ても、程度の差はあれ、どの芸術大学にもその傾向があるようです。しかし現在、女性のアーティストが顕著に増加しているわけではありません。では、芸術大学を卒業した女性たちは何を目指し、どこへ向かおうとしているのでしょうか――

今夏、この問いを起点として、芸術大学を卒業した女性たちの「いま」をめぐる展覧会とイベントで構成するプロジェクト『月が水面(みなも)にゆれるとき』を立ち上げます。

まず展覧会では、気鋭のアーティスト、木藤純子・曽谷朝絵・中村牧子・和田真由子の作品を紹介します。 木藤純子は、空間との対話を繰り返すことで読み解いた「場」の持つ力を利用し、鑑賞者の感性に呼びかけるインスタレーション作品を手がけています。曽谷朝絵は、日常の中にある身近なものをモチーフに光や色彩で表現してきましたが、近年は平面絵画のみならずインスタレーションにもその世界を発展させています。中村牧子は、「日常と非日常の交錯」をキーワードに陶磁器作品を制作し、近年は、繊細なものや不完全なものに美を見出す日本人の美的感覚を、西洋のモチーフを引用しながら作品上で融合させるシリーズを手がけています。そして、和田真由子は、イメージや意識、思考といった実体を持たないものを可視化するため、形を限定しないさまざまなアプローチで表現を行っています。
このように、本展出展作家の4人は、日常の中で見過ごしてしまいがちなものを自らの身体感覚でとらえ、それぞれの手法で作品に落としこんでいます。目にすることのできるものだけで世界を構築することはできません。この4人が表現するような、不可視だけれど存在している何かもまた、現実の世界を構成する要素であるはずです。「いま」の見えざる断片をとらえ、追求することで、彼女たちの作品世界は展開してゆくのです。かつてパウル・クレーは「芸術の本質は、見えるものをそのまま再現するのではなく、見えるようにすることである」との言葉を残しましたが、彼女たちはいま、まさに芸術の本質を見据えているのだと言えましょう。

また、国内外で広く活躍中の本プロジェクトの出展作家に加え、京都市立芸術大学の卒業生たちを中心に、それぞれの「いま」をテーマに各種イベントを実施します。たとえば、〈芸術大学で学んだもの=「アート」〉をキーワードとして、アーティストとして活動することを選択せず、他のさまざまな職業に従事する人たちによるトークイベントなどを行います。これらのイベントを通して、芸術大学を卒業した女性たちの「いま」に触れることは、参加者も含めたその場に立ち会う人それぞれの「いま」を改めてとらえ直す機会になるのではないでしょうか。

「鏡花水月」という言葉があります。これは、鏡に映った花や、水に映った月を指す言葉ですが、転じて、目には見えながら手に取ることのできないもの、あるいは感じ取れても言い表すことのできないものを形容しています。はかない幻のたとえ、と定義されることがしばしばですが、その言葉にはもっと奥深い趣があるのではないでしょうか。本プロジェクトで取り上げる女性たち、そして現在に生きる私たちの全ては「目には見えながら手に取ることのできないもの、あるいは感じ取れても言い表すことのできないもの」と向き合いながら、それぞれの「いま」を形作っています。「水に映った月」はやがて消えてしまう幻などではなく、人それぞれの背景に密接に関わるものとなり得るのです。 この、色とりどりの水面に映る月の影がゆらめくとき、日常の中で見過ごしてしまいがちだけれど、確かに存在する本質的なものに出会えるはずです。そして、その中に、未来に向きあうためのヒントを見つけることができるかもしれません。

展覧会とイベントの両方に、多くの方のご参加をお待ちしています。

 

EVENTS

6月27日(土)オープニングイベント
14:00〜16:00
ギャラリートーク(本展出展作家によるギャラリートーク)
16:00〜
オープニングレセプション
アートと食をテーマに活動する グループによるケータリング合戦!

7月4日(土)14:00〜16:00 トークイベント
中村牧子+渡里久美子(ファッションデザイナー/ migh–T BY KUMIKO WATARI)
ロンドン留学を経て、国内外で活動する 2人のクリエーターによる対談イベント!
migh–T BY KUMIKO WATARIのポップアップショップもオープン!

7月11日(土)14:00〜16:00 トークイベント
「芸大卒女子のお仕事ミーティング」

「アーティスト」以外の職業を選択した京都市立芸術大学の卒業生によるトークイベント。
(司会:とんぼせんせい(イラストレーター))

7月12日(日)14:00〜15:30 トークイベント
和田真由子+建畠晢(詩人・美術評論家)

7月20日(月・祝)日暮れ時から日没まで
木藤純子展示空間内パフォーマンス

木藤純子の作品展示空間にて、海の日1日限りのパフォーマンスを行います。

7月26日(日)14:00〜16:00 トークイベント
「アートと子育て」

アーティストや美術関係者による子育てにまつわる座談会。
登壇者:東明(アーティスト)、フジタマ(アーティスト)、西尾咲子(京都芸術センター アートコーディネーター)
(司会:小山田徹(美術作家/本学美術学部教授))

8月2日(日)時間未定
クロージングイベント

曽谷朝絵展示空間内にて、山根明季子(作曲家)によるパフォーマンスを予定。

※その他、会期中に行われるイベントについては、詳細が確定次第、随時ウェブサイトにてお知らせ致します。

The number of female students enrolled at Kyoto City University of Arts has continued to increase and is now approaching 90 percent of all students. This trend can be seen, to varying degrees, in art schools throughout the whole country. However, despite this trend, the number of female artists have not increased significantly. So what are female art school graduates aiming towards? What direction are they heading? Taking these questions as a starting point, this summer we will hold the exhibition and event project “Moonlight reflected on the water’s surface”.

First of all, we should introduce the spirited artist who are showing work in the exhibition: Junko Kido, Asae Soya, Makiko Nakamura, and Mayuko Wada. Junko Kido makes installation work that calls out to the viewer’s sensitivity by utilising the power of place through repeated interaction with the the space. Asae Soya uses everyday, familiar objects as a motif which she expresses through color and light. However, in recent years she has also ventured into the world of installation and painting. Makiko Nakamura creates ceramic work that takes on a blend of the mundane and the unusual, and in recent years she has worked on a series that fuses the Japanese sense of aesthetic for finding beauty in imperfection and subtlety with references to Western motifs. Finally, Mayuko Wada uses various approaches, unrestricted by size, in order to visualise the consciousness and thought of things that lack substance.

In this way, the four artists represented in this exhibition use various techniques to produce work that allows us to capture a physical sense of the elegance that is overlooked in our everyday experience. Our world is not simply made up of things that can only be seen with our eyes. The four participants offer us a glimpse of the invisible things, the existence of which surely forms a part of the reality of our world. By trying to capture these invisible fragments of “now”, these women continue to develop the world of their own artwork. Paul Klee once remarked that the essence of art is to make things possible to be seen, not merely the reproduction of what we can already see. Without a doubt, the women represented in this exhibition are presently gazing upon the real essence of art.

Furthermore, in addition to the internationally active artists taking part in this exhibition, there are various events being held on the theme of “now” which are focussed on graduates of Kyoto City University of Arts. For example, taking the idea of “art is that which is studied at art school”, there will be a talk event held by art school graduates that are engaging in occupations other than that of an artist. These various talk events that touch on the career paths of female art school graduates will be a chance to recapture the idea of the “now” which includes the point of view of those attending. Contained in the Japanese expression kyo-ka-sui-getsu (flowers reflected in a mirror and the moon reflected on the water’s surface) is the idea of something that is visible yet has no substance: a beauty that cannot be described or captured. This is often defined as a metaphor for a fleeting vision, yet surely there is a more profound meaning to the expression. The women chosen for this exhibition, and in fact all of us alive today, face this idea of not being able to grasp what we see, or not being to describe what we feel. Through this, the various forms of “now” are shaped. The idea of the moon reflected in water does not just reference a vision soon to be gone, but it is more deeply connected with the various backgrounds of people. Although this image of the moon flickering on a multicoloured water surface may be an elegance we overlook in our daily lives, it is surely a thing of true existence that we are able to come across. Perhaps within this existence we may just be able to find a clue to our direction in life.

We are eagerly awaiting many visitors for both the exhibition and the events.

会場
@KCUA1, 2 , Gallery A, B, C
休館日
月曜日(7/20(月・祝)は開館、翌7/21(火)を休館)
日時
11:00〜19:00(最終入場18:30まで)
観覧料
無料
企画
京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
主催
京都市立芸術大学
助成
芸術文化振興基金
公益財団法人野村財団
協力
I.TOON Ltd、株式会社アダチ、今井敏二、有限会社植田屋染工場、京都市立芸術大学キャリアデザインセンター、神戸アートビレッジセンター、児玉画廊、Stance Company Ltd. 、東京芸術大学大学院映像研究科アニメーション専攻伊藤有壱研究室、中嶋午郎、西村画廊、株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン、株式会社ホースケアプロダクツ、前田賢一、Masafumi Morimoto、山岡信貴
お問い合わせ
@KCUA TEL: 075-253-1509 MAIL: gallery@kcua.ac.jp
Venue(s)
@KCUA1, 2 , Gallery A, B, C
Closed on
every monday (except 7/20), 7/21(Tue)
Hours
11:00 – 19:00 (admission before 18:30)
Admission
admission free
Curated/planned by
Kyoto City University of Arts ART GALLERY @KCUA
Organized by
Kyoto City University of Arts
With funding from
Japan Arts Council
Nomura Foundation
With the cooperation of
Kyoto City University of Arts Career Design Center
Contact
@KCUA – Phone: +81-75-253-1509 / E-mail: gallery@kcua.ac.jp