1. HOME >
  2. 展覧会 >
  3. 未知の標本
  1. HOME >
  2. EXHIBITIONS >
  3. 未知の標本

展覧会について

ABOUT THE EXHIBITION

「未知」― 本展の企画は、この言葉を手がかりに対話を重ねることから始まりました。私たちは昨年夏に行われたアートプロジェクト 「フェルトシュテルケ・インターナショナル2014 」* に参加し、異なる文化に育ち、異なる表現方法を得意とする作家たちとともに3 つの都市で共同制作・発表を行ってきました。そこで私たちは「他者」との出会いを通じて世界の未知をあらためて発見するという経験を得ました。それからも私たちは毎月対話の場を作り、自らの世界との向き合い方、表現のあり方を仲間とともに探求してきました。目を凝らし、耳を澄ませ、言葉を尽くし、そのようにして立てられたこの世界をめぐるひとつの「答え」あるいは「問い」。それがこの展覧会でお見せする私たちの作品です。この作品とともに、再び世界におどろき、想像し、未知なる何かに気づいていただければと思います。

青山太郎

※「フェルトシュテルケ・インターナショナル2014」 京都芸術センター、ドイツ・エッセン市のPACT Zollverein、フランス・ マルセイユ市montévidéo の3館のアートセンターが連携して実施した 国際交流プロジェクト。各アートセンターが公募により大学で芸術を学ぶ学生10 名を選出、計30 名が3つのアートセンターに1週間ずつ滞在し、交流をしながら制作を行った。

出展作家:青山太郎、安東睦郎、柴田大介、鈴木孝平、橋爪皓佐、前田菜月、町田藻映子

オープニングイベント
8月29日(土)17:00 – 18:00
参加作家とゲストを交えてのギャラリートークを行う予定です。

■クロージング/ライブ・パフォーマンス
2015年9月6日(日)18:00ー19:00 入場無料・予約不要(

展示空間の中で音楽×身体表現によるパフォーマンスを行います。
1. パフォーマンス 「凝縮塊」
 演奏楽曲|Pérotin’s:Beata Viscera
 ダンス|MoNoKo(町田藻映子+佐藤野乃子)
 声楽|新美茉利加
2. 映像インスタレーション 「counterline」「砂のトレモロ」
 制作|橋爪皓佐、白尾佳也
3. パフォーマンス 「等身大の野生児」
 演奏楽曲|Reich:Electric Counterpoint
 ダンス|MoNoKo(町田藻映子+佐藤野乃子)
 音楽|橋爪皓佐

※クロージングイベントの準備のため、17:00-18:00の間は展示会場にはお入りいただけません。
あらかじめご了承ください。

会場/展示室
@KCUA2
日時
2015年8月29日(土)〜9月6日(日)
11:00〜19:00(最終入場18:30まで・最終日は17:00まで)
休館日
8/31(月)
観覧料/参加費
無料
主催
京都市立芸術大学
協力
京都芸術センター
お問い合わせ
@KCUA TEL: 075-253-1509 MAIL: gallery@kcua.ac.jp
Venue(s)/Room(s)
@KCUA2
Date(s)
2015.8.29 (Sat) - 9.6 (Sun)
11:00 – 19:00 (admission before 18:30)
Closed on
every monday
Admission/Cost
admission free
Organized by
Kyoto City University of Arts
With the cooperation of
Kyoto Art Center
Contact
@KCUA – Phone: +81-75-253-1509 / E-mail: gallery@kcua.ac.jp