1. HOME >
  2. 展覧会 >
  3. 岡崎和郎/大西伸明 Born Twice
  1. HOME >
  2. EXHIBITIONS >
  3. Kazuo Okazaki and Nobuaki Onishi: Born Twice
HISASHI (Okazaki)
Koppu (Onishi)
天をさす指 (Okazaki)
Vacuum-Lotus (Onishi)

展覧会について

ABOUT THE EXHIBITION

 京都市立芸術大学は、彫刻家の岡崎和郎(1930年生まれ)と美術家の大西伸明(1972年生まれ、 本学美術学部准教授)による2人展「岡崎和郎/大西伸明 Born Twice」を京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA にて開催します。

 岡崎は、従来のオブジェ思想で見落とされたものを補うという「御物補遺(ぎょぶつほい)」の思想を1963年に確立し、多様な素材と方法で数多くのオブジェを制作して、戦後日本美術の歴史で重要な位置を占めてきました。大西は、版画技法を出発点として、大小様々な日常の物体を樹脂によって型取りして彩色し複製する作品で知られています。

 これまで、岡崎と大西は、2011年と2013年に2人展を開催してきました。40歳以上年の離れた2人の作家は、オブジェに対する関心や、型取り、マルチプル、複製・再生産といった問題を共有しつつも、その制作方法は大きく異なります。今回、岡崎はHISASHIシリーズを、大西はVacuumシリーズを展示します。2人の作品を1つの空間に展示することで、それぞれの作品の独自性が浮かび上がると同時に、オブジェによる表現の深さと広がりが明らかになるはずです。

 副題の Born Twice は、「2回生まれること」を意味します。一度作りだされたモノが、再びオブジェとして生まれることを指しています。そこには芸術の創造性にある再生の力が働いています。本展覧会では、作品の展示に加えて2人のオーラル・ヒストリーの映像を上映します。時代とともに新しい解釈を生み出す「資源としての芸術」という視点から2人の作品を捉えるためです。本展が岡崎和郎と大西伸明という2人の作家による独特なオブジェの世界を紹介すると同時に、資源としての芸術について考えるきっかけにもなればと考えています。

加治屋健司(京都市立芸術大学芸術資源研究センター准教授)

 

 

【関連企画】

オープニングレセプション

日時:2015年11月21日(土)16:00〜

作家を交えてのオープニングレセプションを行います。(谷穹個展との合同開催)

会場/展示室
@KCUA 1
日時
2015年11月21日(土)–12月6日(日)
11:00 –19:00(最終入場18:30まで)
休館日
11/24(火)、11/30(月)(11/23(月・祝)は開館)
観覧料/参加費
無料
企画
加治屋健司(京都市立芸術大学芸術資源研究センター准教授)
主催
京都市立芸術大学
協力
伊藤謙介、MA2 ギャラリー、髙橋耕平、日本美術オーラル・ヒストリー・アーカイヴ、林田新、
横田茂ギャラリー
お問い合わせ
@KCUA TEL: 075-253-1509 MAIL: gallery@kcua.ac.jp
Venue(s)/Room(s)
@KCUA 1
Date(s)
2015.11.21(Sat) –12.6(Sun)
11:00 –19:00 (admission before 18:30)
Closed on
11.24(Tue), 11.30(Mon)
Admission/Cost
admission free
Curated/planned by
Kenji Kajiya (Associate Professor, Kyoto City University of Arts Archival Research Center)
Organized by
Kyoto City University of Arts
With the cooperation of
Arata Hayashida, Kensuke Ito, MA2 Gallery, Oral History Archives of Japanese Art, Shigeru Yokota Gallery, and Kohei Takahashi
Contact
@KCUA – Phone: +81-75-253-1509 / E-mail: gallery@kcua.ac.jp