1. HOME >
  2. 展覧会 >
  3. House of Day, House of Night(昼の家、夜の家)
  1. HOME >
  2. EXHIBITIONS >
  3. House of Day, House of Night
Paweł Althamer, Artur Żmijewski, "House of Day, House of Night", 2015 (HD video, 17m7s)
Paweł Althamer, Artur Żmijewski, "House of Day, House of Night", 2015 (HD video, 17m7s)
Paweł Althamer, Artur Żmijewski, "House of Day, House of Night", 2015 (HD video, 17m7s)

展覧会について

ABOUT THE EXHIBITION

京都市立芸術大学では、平成25年より文化庁委託事業「次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」として、「アーティストの招聘による多角的なワークショップなどを通じた新進芸術家育成事業」を実施しています。本展は、本年度に実施する3つのワークショップのうち、ポーランドよりパヴェウ・アルトハメルとアルトゥル・ジミェフスキ(ともに美術作家/映像・パフォーマンス・インスタレーション)を講師に迎えた「House of Day, House of Night(昼の家、夜の家)」(2015年7月開催)の成果発表展となります。

ヨーロッパと日本の伝統芸術を巡る、言葉によらない対話をテーマとした10日間のセッションは、その場にいた誰もが、芸術だけではなく、自然、歴史、社会、モラルなどさまざまな問題について、根底から考えさせられるようなものとなりました。
ワークショップ終了後、講師2人は「これまで手掛けてきたワークショップの中で、最も刺激的だった」と評し、いつか京都で「真のアカデミー」を開講したいと言い残してポーランドへ帰国しました。

本展では、ワークショップを題材にした、パヴェウ・アルトハメルとアルトゥル・ジミェフスキの共作による新作映像作品を展示すると同時に、参加者たちによる成果発表として、作品の展示ならびに「真のアカデミー」の名の下に新しい教育機関のあり方を模索する実験を行います。

そして、展覧会の最終週には、講師が再来日します。参加者たちが展開する「真のアカデミー」を目の当たりにして、彼らはどのようなリアクションを起こすのでしょうか。

目撃者として会場を訪れるもよし、「真のアカデミー」形成に主体的に関わるもよし、鑑賞のスタイルも自由です。会期の最後まで何が起こるかわからない、「真のアカデミー」に、ぜひご注目ください。

—–

展覧会最終週には講師2人が再来日の予定でしたが、講師の都合により来日が中止となりました。代わりに、出品作家、オル太のメンバーのうち3人がポーランドへ行き、講師への接触を試みます。会場では、随時その状況を反映していくことになります。

—–

招聘講師

パヴェウ・アルトハメル Paweł Althamer (1967-) 

彫刻家、パフォーマンス、インスタレーション、映像作家。1967 年ワルシャワ生まれ。1988 年から93年までワルシャワ美術アカデミー彫刻科のグジェゴシュ・コヴァルスキの元で学ぶ。家族や 近隣住民と行うパフォーマンス《コモンタスク》や、ワルシャワ の身体・精神障害者グループのノヴォリピエとの共同作業などでも知られ、ジミェフスキと共に共同体への問題提起となるようなワークショップなどを実施。身近な世界から想を得つつ無意識へとつながる想像力の飛翔を見せる。

 

アルトゥル・ジミェフスキ Artur Żmijewski (1966-)

映像、写真、インスタレーション作家。1966 年ワルシャワ生まれ。 1990 年から95年までワルシャワ美術アカデミー彫刻科でグジェゴシュ・コヴァルスキの元で学ぶ。応用社会芸術宣言を発表し、 社会問題と密接に関わりながら制作を行う。ポーランドの政治・ 社会に関する出版を手がけるクリティカ・ポリティチュナのアート・ディレクター。

 

参加作家

オル太 OLTA

西山裕希子 Yukiko Nishiyama

丹羽良徳 Yoshinori Niwa

増本泰斗 Yasuto Masumoto

松田壯統 Masanori Matsuda

水無瀬翔 Sho Minase

 

映像記録チーム

長良將史 Masashi Nagara

中望 Nozomu Naka

松見拓也 Takuya Matsumi

会場
@KCUA1
休館日
月曜日(1/11(月・祝)は開館、翌1/12(火)を休館)
日時
11:00〜19:00(最終入場18:30まで)
観覧料
無料
企画
京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
主催
文化庁、京都市立芸術大学
共催
公益財団法人京都市芸術文化協会(京都芸術センター)、ポーランド広報文化センター
協力
Culture.pl
お問い合わせ
ギャラリー@KCUA TEL: 075-253-1509 MAIL: gallery@kcua.ac.jp
Venue(s)
@KCUA1
Closed on
every monday (except 1/11), 1/12(Tue)
Hours
11:00 – 19:00 (admission before 18:30)
Admission
admission free
Curated/planned by
Kyoto City University of Arts ART GALLERY @KCUA
Organized by
Japanese Agency for Cultural Affairs, Kyoto City University of Arts
In partnership with
Kyoto Art Center, Polish Institute Tokyo
With the cooperation of
Culture.pl
Contact
Gallery @KCUA – Phone: +81-75-253-1509 / E-mail: gallery@kcua.ac.jp