1. Home >
  2. 展覧会 >
  3. killing time | 無為の境地
  1. Home >
  2. EXHIBITIONS >
  3. Killing time
Nummer veertien, "home" , 2012
Nummer acht, "everything is going to be alright.", 2007
Nummer negen, “The day I didn't turn with the world.”, 2007
Effugio c, "you’re always only half a day away", 2011
Nummer vier, "I don’t want to get involved in this. I don’t want to be part of this. Talk me out of it." , 2005

展覧会について

ABOUT THE EXHIBITION

 京都市立芸術大学ギャラリー@KCUAでは、新進気鋭のオランダ人作家グイド・ヴァン・デル・ウェルヴェの個展「無為の境地」を開催いたします。ウェルヴェは海外の美術館での大規模な個展や国際展へ数多く出展するなど、今もっとも注目を集めているアーティストの1人です。日本初個展となる本展は、最新作を含む全7作品を展示紹介します。

 ヴァン・デル・ウェルヴェは2000年からパフォーマンスの記録を基にした映像作品を制作しています。幼少期からクラシック音楽の教育を受けたヴァン・デル・ウェルヴェは、作品に使用する楽曲も自身で作曲しており、音楽のように直感的に伝わる視覚芸術を理想としています。

 本展は、過去10年間の作品群を回顧的に展示することで、ヴァン・デル・ウェルヴェの領域横断的な作品に通底する主題と創作への動機の相互関係を解明かし、作家の制作に対する真摯な姿勢と卓越した才能を明示することを目的としています。また、本展はウェルヴェの作品を通して、オランダ現代美術の最前線の表現をご覧いただける貴重な機会となるでしょう。

 

作家略歴

1977年、オランダ・パーペンドレヒト生まれ。現在はハッシ(フィンランド)、ベルリンとアムステルダムを拠点に活動している。主な個展として、シアトル美術館、アムステルダム市立美術館、Luhring Augustine (ニューヨーク)、Marc Foxx Gallery(ロサンジェルス)等で開催されたものがある。グループ展では、ニューヨーク近代美術館、MoMA PS1(ニューヨーク)、ハーシュホーン博物館と彫刻の庭(ワシントンD.C.)、NCCA Moscow、台北現代美術館、コーチ=ムジリス・ビエンナーレ(インド)、シドニービエンナーレ等に出展した。ニューヨーク近代美術館、ハーシュホーン博物館と彫刻の庭(ワシントンD.C.)、ルイ・ヴィトン財団美術館(パリ)、アムステルダム市立美術館、ボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館 (オランダ、ロッテルダム)等に作品がコレクションされている。

  killing time is the first large-scale exhibition in Japan to focus on Guido van der Werve’s work over the past decade. Van der Werve began by making performance based video works in 2000. Having a background in music, Van der Werve, who also writes the music scores for his films, tries to create visual art that communicates as directly as music.

  Using two gallery floors at @KCUA, this exhibition brings together seven video works. By mapping the connections between Van der Werve’s interdisciplinary video works, this exhibition at @KCUA seeks to illuminate the dynamic interplay between the artist’s subject matter and artistic motivations, as well as highlighting his sincere gesture and profound capacity for creating artwork. This exhibition will be an invaluable experience and a great chance for audiences to witness both Van der Werve’s work and the essence of the Dutch contemporary art scene.

 

Guido Van der Werve

Van der Werve was born in Papendrecht, the Netherlands and currently lives and works in Hassi (Finland), Berlin and Amsterdam. He held numerous solo exhibitions at major museums and international galleries such as Seattle Art Museum, Stejik museum (Amsterdam), Luhring Augustine (New York), Marc Foxx Gallery (Los Angeles). Selected group exhibitions include shows at MoMA (New York), MoMA PS1 (New York), Hirshhorn Museum and Sculpture Garden (Washington D.C.), NCCA Moscow, Museum of Contemporary Art Taipei, Kochi-Muziris Biennale 2014 (Kochi, India), Sydney Biennale. His works are collected at MoMA (New York), Hirshhorn Museum and Sculpture Garden (Washington DC), LVMH (Paris), Stejik Museum (Amsterdam), Museum Boijmans van Beuningen (Rotterdam, Holland).

会場
@KCUA1, 2 , Gallery B, C
休館日
月曜日(3/21(月・祝)は開館、翌3/22(火)を休館)
日時
2016年2月20日(土)- 3月21日(月・祝) 11:00〜19:00(最終入場18:30まで)
観覧料
無料
企画
京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
主催
文化庁、京都市立芸術大学
共催
公益財団法人京都市芸術文化協会(京都芸術センター)
助成
モンドリアン財団、オランダ大使館
お問い合わせ
ギャラリー@KCUA TEL: 075-253-1509
Venue(s)
@KCUA1, 2 , Gallery B, C
Closed on
every monday (except 3/21), 7/22(Tue)
Hours
11:00 – 19:00 (admission before 18:30)
Admission
admission free
Organized by
Kyoto City University of Arts ART GALLERY @KCUA
Presented by
Japanese Agency for Cultural Affairs, Kyoto City University of Arts
In partnership with
Kyoto Art Center
Funded in part by a grant or grants from
Mondrian Fond, Embassy of the Kingdom of the Netherlands
Contact
Gallery @KCUA – Phone: +81-75-253-1509