1. Home >
  2. 展覧会 >
  1. Home >
  2. EXHIBITIONS >
  3. Na
Designed by Fumio Tachibana

展覧会について

ABOUT THE EXHIBITION

「あ、きみの名前、正確な綴りをここに書いてくれないか」
河名温が、新聞広告の余白を指さした。働いたことのない細長い指だった。
「なんで?」
私はいつもの癖で、つい反射的に身がまえた。名前と聞くたびに不安になるのだった。
「こんなのも作ってるんだよ」
〈I MET〉という一冊しかない手作りの本だった。ファイルブックに、タイプ用紙がはさみこんであり、一ページが一日分で、そこに人の名前だけが記されていた。毎日、毎日その日に出会った人の名前を記しておくのだという。(中略)偽名ではなく、本名を書いた。ニューヨークで暮すようになってから、本名を書くのは初めてだった。宇宙空間へ流すタイム・カプセルかなにかに自分の名前が記録されるような面映ゆい気分だった。なにごとも起こらないこの無名の一日が、途方もない永遠の真っただ中に据えつけられ、記録されているような気もした。

宮内勝典「グリニッジの光りを離れて」(河出書房新社、1980年)より

 

【関連イベント】

http://www.kcua.ac.jp/arc/information/35/

第12回アーカイブ研究会

「不完全なアーカイブは未来のプロジェクトを準備する」
 Incomplete archives incubate future projects.

第十二回はアーティストで翻訳家の奥村雄樹氏をお招きします。

〈概要〉
アーカイブはなるべく「完全」であるべきだ。未来における詳細な検証の可能性を担保するために。より精緻な歴史の編成に寄与するために。このような原則が共有されているだろう。しかしそこで前提とされているのはあくまでも研究者としての態度である。アーティストたちはアーカイブの綻びにこそ来たるべきプロジェクトを夢想する。欠落や不足にこそ新展開のポテンシャルを見出す。そして主観的な解釈や生身のやりとりを通じて過去と現在をいきなり繋ぎ直してしまう。奥村自身の実践から具体的な事例を引きつつ「不完全なアーカイブ」の可能性について考えてみる。

日時:平成28年2月23日(火曜日)午後5時から6時半
会場:ギャラリー@kcua
参加無料(事前申込み不要)

 

奥村雄樹

http://yukiokumura.com/

2015年「ローマン・オンダックをはかる」MISAKO & ROSEN、東京(個展)、「Un-Scene III」ヴィールズ・現代アートセンター、ブリュッセル(グループ展)、「Hisachika Takahashi Annotated by Yuki Okumura: Memory of Past and Future Memory」アネット・ゲリンクギャラリー、アムステルダム(2人展)、「奥村雄樹・モニカ・ストリッカー」ヤパニーシ ュ・カルトルインシテュット・ケルン、ケルン(2人展)「ヴィラ・トロント」ユニオン・ステーション、トロント(アー トプロジェクト)「Shuzo Azuchi Gulliver & Yuki Okumura: Shi」Etablissement d’en face projects、ブリュッセル(2人展)2013年「アウト・オブ・ダウト 六本木クロッシング 2013」森美術館、東京(グループ展)2012年「APMoA Project ARCH vol.4:奥村雄樹善兵衛の目玉(宇宙編)」愛知県美術館、名古屋(個展)、「MOT アニュアル 2012: 風 が吹けば桶屋が儲かる」東京都現代美術館、東京(グループ展)2010年「くうそうかいぼうがく(落語編)」MISAKO & ROSEN、東京(個展)2009年「Now That I’m By Myself, She Says, I’m Not By Myself, Which is Good」ダイバー ス・ワークス、アートスペース、ヒューストン(グループ展)

“By the way, could you spell your name correctly for me?”
On Kawana pointed out a margin next to an ads section on a newspaper page. Such a slender finger with no hint of having done any physical labor.
“For what?”
I put up my guard – it had become my usual habit, when hearing the word “name.”
“Look, this is one of my ongoing projects.”
It was a handmade book called I MET. It was a binder with sheets of typing paper inserted – a page per day – where people’s names were typewritten. He said it had been his daily routine to take notes of the names of those whom he met during the day. [snip] I wrote my real name down, not the false name. Since I had settled down in New York City, it was my first time writing my real name anywhere. I found it so awkward, feeling as if my own name had been registered in something like a time capsule to be sent into outer space. It also felt like this anonymous day had been pinned down in the midst of enormous eternity as a record.

Excerpt from Katsusuke Miyauchi, Grinijji no hikari wo hanarete (Tokyo: Kawade Shobo, 1980).

 

Yuki Okumura
Born 1978 in Aomori, Japan, and currently living and working in Brussels and Maastricht, Yuki Okumura is an artist whose practice resembles that of a translator, ghostwriter or mediator, subjectively interpreting, reenacting or sometimes radically rewriting works by other artists that tackle the issue of the artist’s selfhood. While his work is presented in the media of video, text, curatorial and workshop projects, its underlying form is performance, where his behind-the-scenes gestures catalyze or manipulate visible narratives. His recent projects include Measuring Roman Ondák (2015), Who is Hisachika Takahashi: An Interview by Daniel Baumann (2015), Ashtray (2015, made in collaboration with Monika Stricker), On Kawara is Still Alive: An Interview with Pall Thayer (2015), Body Contract (Exceptional Case) (2014, featuring Shuzo Azuchi Gulliver), Hisachika Takahashi: From Wide White Space, Antwerp, 1967 to Project Room, WIELS Contemporary Art Centre, Brussels, 2013 (2013), amongst others.

http://yukiokumura.com/

会場
Gallery A
休館日
月曜日(3/21(月・祝)は開館、翌3/22(火)を休館)
日時
11:00〜19:00(最終入場18:30まで)
観覧料
無料
主催
京都市立芸術大学
協力
MISAKO & ROSEN
お問い合わせ
ギャラリー@KCUA TEL: 075-253-1509 MAIL: gallery@kcua.ac.jp
Venue(s)
Gallery A
Closed on
every monday (except 3/21), 3/22(Tue)
Hours
11:00 – 19:00 (admission before 18:30)
Admission
admission free
Presented by
Kyoto City University of Arts
With the cooperation of
MISAKO & ROSEN
Contact
Gallery @KCUA – Phone: +81-75-253-1509 / E-mail: gallery@kcua.ac.jp