1. HOME >
  2. 展覧会 >
  3. NEW LIFESTYLE
  1. HOME >
  2. EXHIBITIONS >
  3. New Lifestyle
Martinez Barat Lafore Architectes with BANDO Kosuke and students from Kyoto City University of Arts, “Folly, Templates,” 2016

展覧会について

ABOUT THE EXHIBITION

ニュイ・ブランシュKYOTO 2016関連展覧会「NEW LIFESTYLE」は、京都市立芸術大学ギャラリー@KCUAとヴィラ九条山による共同プロジェクトです。

社会におけるある種の儀式の再解釈、味覚にまつわる体験のための新しいオブジェの制作、他のアーティストが行ったリサーチの更なる延長、現在に残る昔ながらの風習の記録などを通して、ヴィラ九条山レジデントとそのコラボレーター達によって作られた出展作品は、日常生活の中でのアートの新しい実践法を共有することを提案します。

 

出展作家


マルティネス・バラ・ラフォール・アーキテクツ+坂東幸輔+京都市立芸術大学(君野加奈、中井由梨、宗接花菜、寺岡波留)
バンジャマン・ラフォールとセバスチャン・マルティネス゠バラによるフランスの建築家ユニット「マルティネス・バラ・ラフォール・アーキテクツ」と、京都市立芸術大学教員で建築家の坂東幸輔が、京都市立芸術大学の学生と共に実施したワークショップの成果発表として、本展の展示会場構成を実施。

オリヴィエ・セヴェール
オリヴィエ・セヴェールによる、大理石制作過程映像「En substance」のインスタレーション。水が自然界で石に及ぼす影響など、最近のリサーチ活動にも繋がる映像作品。ヴィラ九条山滞在時に撮影した映像と、制作中の作品も展示。

レティシア・バドー・オスマン
レティシア・バドー・オスマンは、フランスの建築家でデザイナーのシャルロット・ペリアンの日本滞在(1940–42)をリサーチ。画像やテキスト、デッサンやプロトタイプを紹介。

アンヌ・クシラダキス+杉山早陽子
アンヌ・クシラダキスによる、Café éphémère(カフェ・エフェメール)。ヴィラ九条山滞在中に制作したテーブルウェアで、杉山早陽子による和菓子を提供。

フェリペ・リボン+関口涼子(9月21日から)
フェリペ・リボンが金銀細工師ニコラ・マリシェルと共同制作した、大きな銀の香水ディフューザー「Osmos」。関口涼子の食に関する未発表作品のレクチャーと共に紹介。

エミリー・ペドロン+清水志郎+天江大陸
エミリー・ペドロンと清水志郎が天江大陸と共に、ニュイ・ブランシュのために作る茶碗。ヴィラ九条山周辺の土を掘り、素材を活かすために炭を使って低い温度で焼成。一度きりの使用後、土に戻すというコンセプト。

ダミアン・ジャレ+ジル・デルマス(9月24日から)
ダミアン・ジャレが2015年ヴィラ九条山滞在時にジル・デルマスと制作した「The Ferryman」を紹介。この振付映像作品を作るにあたり、アニミズム儀式の根源を探るだけでなく、ダンスや彫刻、現代アートとの相関関係をも追求。
【上映時間(予定)】11:30/12:45/14:00/15:15/16:30/17:45

 

展示会場構成:マルティネス・バラ・ラフォール・アーキテクツ+坂東幸輔+京都市立芸術大学(君野加奈、中井由梨、宗接花菜、寺岡波留)
制作協力:池田精堂

 

———-

NEW LIFESTYLEはヴィラ九条山滞在時に進められたプロジェクトです。ヴィラ九条山はアンスティチュ・フランセ日本の5つの支部の1つで、ベタンクール・シューラー財団とアンスティチュ・フランセの支援を受けています。

New Lifestyle is a collaborative project by Kyoto City University of Arts Art Gallery @KCUA and Villa Kujoyama, held in connection with Nuit Blanche Kyoto 2016.

By exploring and redefining social rituals, creating new objects dedicated to the experience of taste, extending research initiated by other artists, or documenting ancient customs that are still present today, the Villa Kujoyama residents and their collaborators have created open proposals that present new ways of practicing art that are rooted in everyday life.

 

Artists

Martinez Barat Lafore Architectes with BANDO Kosuke and Kyoto City University of Arts (KIMINO Kana, MUNETSUGU Kana, NAKAI Yuri, and TERAOKA Haru)
Olivier Sévère
Laëtitia Badaut Haussmann
Anne Xiradakis and SUGIYAMA Sayoko
Felipe Ribon and SEKIGUCHI Ryoko (Sept. 21–)
Émilie Pedron, SHIMIZU Shiro, and AMAE Dairik
Damien Jalet and Gilles Delmas (Sept. 24–)
et al.

 

Exhibition design: Martinez Barat Lafore Architectes with BANDO Kosuke and Kyoto City University of Arts (KIMINO Kana, MUNETSUGU Kana, NAKAI Yuri, and TERAOKA Haru)
Executed by: IKEDA Seido

 

----------

New Lifestyle was made possible in the framework of a residency at Villa Kujoyama. Villa Kujoyama is part of Institut français du Japon and benefits from the support of the Fondation Bettencourt Schueller and the Institut français.

会場/展示室
@KCUA 2, Gallery A, B, C
日時
2016年9月10日(土)〜10月2日(日)
11:00〜19:00(最終入場18:30まで) *10月1日(土)のみ22:00まで
休館日
月曜日(9月12日(月)、19日(月)は開館、翌20日(火)に休館)
観覧料/参加費
無料
企画
ヴィラ九条山
京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
主催
京都市立芸術大学
ヴィラ九条山
助成
平成28年度 文化庁 大学を活用した文化芸術推進事業
お問い合わせ
@KCUA TEL: 075-253-1509 MAIL: gallery@kcua.ac.jp
Venue(s)/Room(s)
@KCUA 2, Gallery A, B, C
Date(s)
Saturday, September 10 – Sunday, October 2, 2016
11:00 AM – 7:00 PM (doors close at 6:30 PM) (open until 10:00 PM on October 1)
Closed on
Mondays (except September 12 and 19; closed on September 20)
Admission/Cost
Free admission
Curated/planned by
Villa Kujoyama
Kyoto City University of Arts Art Gallery @KCUA
Organized by
Kyoto City University of Arts
Villa Kujoyama
With funding from
Agency for Cultural Affairs
Contact
@KCUA – Phone: +81-75-253-1509 / E-mail: gallery@kcua.ac.jp