1. HOME >
  2. 展覧会 >
  3. 未来の途中の、途中の部分
  1. HOME >
  2. EXHIBITIONS >
  3. Still on the Way to the Future
「未来の途中のリズム」展展示風景(2016年1月~2月、京都工芸繊維大学美術工芸資料館)撮影:市川靖史 Installation view, On the Way to the Future, and Now (Kyoto Institute of Technology Museum and Archives, 2016). Photo by ICHIKAWA Yasushi

展覧会について

ABOUT THE EXHIBITION

京都工芸繊維大学美術工芸資料館が若手作家の成長支援を目的に実施している「未来の途中」プロジェクトの3期生として、公募と推薦を通して集った10名の作家たち。彼らは昨年度、「未来の途中のリズム-美術・工芸・デザインの新鋭10人」展(京都工芸繊維大学美術工芸資料館、2016年1月から2月)を開催しました。そして今年度、プロジェクト2年目のプログラムとして、京都にある15の大学附属ミュージアムのネットワークである「京都・大学ミュージアム連携」と連動し、京都市立芸術大学ギャラリー @KCUAならびに京都造形芸術大学ARTZONEとタッグを組み、ゲスト作家として招聘したプロジェクト1期生とともに展覧会を実現することで、さらなる飛躍を目指します。

京都市立芸術大学ギャラリー @KCUAでは、プロジェクトタイトルである「未来の途中」という言葉の「途中」に焦点を当てます。参加作家たちは本展への出品作品の中に、それぞれの「未来」に対して、自分がまだ「途中」にあると思う「もの」・「こと」を表します。

人は誰しも「途中」の中に存在することしかできません。仮に自分が想像した「未来」に到達することができたとしても、到達した瞬間にその到達地点は、「未来」へ向かう「途中」に変わることになります。私たちの現在は「途中」の中にあり続けるのです。そのような中で、具体的にどのように「途中」であるのかを知るためには、目標とする「未来」と自分の現在地点との距離を測る必要があります。これは、ただ漠然と「未来」を思い描くよりもはるかに難しい作業です。

若き作家たちは、どのような「未来」を夢見て、そしてその「途中」のいま、どのような現在地点にいるのか。その表現を、彼らの「途中の部分」の向こう側にあるものを想像しつつ、ご覧ください。

 

出品作家

小笠原周、香川裕樹、清田泰寛、小宮太郎、むらたちひろ(以上、プロジェクト3期生)、寺岡海(プロジェクト1期生)

 

関連展覧会
未来の途中プロジェクト2016「手立てと方便/Method and Expedient」
2016年12月3日(土)〜12月25日(日)
会場:ARTZONE
主催:文化庁、京都工芸繊維大学、京都工芸繊維大学美術工芸資料館
企画:京都工芸繊維大学美術工芸資料館、京都造形芸術大学ARTZONE
共催:京都造形芸術大学アートプロデュース学科
文化庁委託事業「平成28年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」
artzone.jp/?p=2742

 

関連展覧会
未来の途中の星座——美術・工芸・デザインの新鋭9人展
2017年1月10日(火)〜2月24日(金)
会場:京都工芸繊維大学美術工芸資料館
主催:文化庁、京都工芸繊維大学、京都工芸繊維大学美術工芸資料館
制作:京都工芸繊維大学美術工芸資料館
文化庁委託事業「平成28年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」
www.museum.kit.ac.jp/nap2016.html#event2

 

関連展覧会
未来の途中プロジェクト オブジェダール
2017年1月28日(土)〜2月12日(日)
会場:京町家キャンパス「ににぎ」(京都市中京区三条油小路西入南側)
主催:文化庁、京都工芸繊維大学、京都工芸繊維大学美術工芸資料館
制作:京都工芸繊維大学美術工芸資料館
文化庁委託事業「平成28年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」
www.museum.kit.ac.jp/nap2016.html#event4

On the Way to the Future (English title TBD) is part of an ongoing collaboration with the Kyoto Institute of Technology Museum and Archives and Kyoto University of Art and Design ARTZONE. The exhibition will feature artists selected from those who are participating in the educational program.

 

Artists

KAGAWA Hiroki, KIYOTA Yasuhiro, KOMIYA Taro, MURATA Chihiro, OGASAWARA Shu, TERAOKA Kai

 

Related exhibition
On the Way to the Future Project 2016: Method and Expedient
Saturday, December 3 – Sunday, December 25, 2016
Venue: ARTZONE
Curated by Kyoto Institute of Technology Museum and Archives and Kyoto University of Art and Design ARTZONE
artzone.jp/?p=2742

 

Related exhibition
Constellation on the Way to the Future: 9 Newcomers of Art, Craft and Design
Tuesday, January 10 – Friday, February 24, 2017
Venue: Kyoto Institute of Technology Museum and Archives
Curated by Kyoto Institute of Technology Museum and Archives
www.museum.kit.ac.jp/nap2016.html#event2

 

Related exhibition
Objet d’art: On the Way to the Future
Saturday, January 28 – Sunday, February 12, 2017
Venue: Kyo-machiya Campus “Ninigi” (west of Sanjo and Aburanokoji Streets, Nakagyo-ku, Kyoto)
Curated by Kyoto Institute of Technology Museum and Archives
www.museum.kit.ac.jp/nap2016.html#event4

会場/展示室
@KCUA 1
日時
2017年1月28日(土)〜2月12日(日)
11:00〜19:00
休館日
月曜日
観覧料/参加費
無料
企画
京都工芸繊維大学美術工芸資料館
京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
主催
文化庁
京都工芸繊維大学
京都工芸繊維大学美術工芸資料館
京都市立芸術大学
助成
文化庁委託事業「平成28年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」
お問い合わせ
@KCUA TEL: 075-253-1509 MAIL: gallery@kcua.ac.jp
Venue(s)/Room(s)
@KCUA 1
Date(s)
Saturday, January 28 – Sunday, February 12, 2017
11:00 AM – 7:00 PM
Closed on
Every Monday
Admission/Cost
Free admission
Curated/planned by
Kyoto Institute of Technology Museum and Archives
Kyoto City University of Arts Art Gallery @KCUA
Organized by
Agency for Cultural Affairs
Kyoto Institute of Technology
Kyoto Institute of Technology Museum and Archives
Kyoto City University of Arts
With funding from
Agency for Cultural Affairs: Program for Nurturing Upcoming Artists who lead the next generation, FY 2016–17
Contact
@KCUA – Phone: +81-75-253-1509 / E-mail: gallery@kcua.ac.jp