1. HOME >
  2. 展覧会 >
  3. 西條茜+嶋春香「rhizome」
  1. HOME >
  2. EXHIBITIONS >
  3. SAIJO Akane & SHIMA Haruka: Rhizome
(参考画像)西條茜《石器》(2016) SAIJO Akane, Sekki, 2016
(参考画像)嶋春香《Touch #正倉院宝物 7 》(2016) SHIMA Haruka, Touch #Shosoin homotsu 7, 2016

展覧会について

ABOUT THE EXHIBITION

この度、京都市立芸術大学ギャラリー @KCUAにて、西條茜と嶋春香による二人展「rhizome(リゾーム)」を開催致します。「rhizome」とは、フランスの哲学者ジル・ドゥルーズと精神科医フェリックス・ガタリの共著『千のプラトー』で展開される概念で、中心を持たず異質な線が交錯しあい、多様な流れが方向を変えて延びていく状態を指します。表現の手法やアプローチは異なるものの、共に「道具」をモチーフとし、作品制作の過程でその背景にあるものを読み解いていくことを共通点とする西條と嶋は、この「rhizome」のタイトルのもとに、既にあるものへの言及ではなく、そこから新たな解釈を与えようと試みます。

西條は、歴史上の事件や逸話などをあらゆる角度から調査し、情報をつなぎ合わせる作業から浮かび上がってくる背景を作品によって可視化しようとしてきました。今回発表する作品では、長崎でのフィールドワークを通して知ることとなった、キリシタンは蘭方医学を学ぶことができなかったという事実に着目し、架空の“キリシタン医者”という人物像を作り上げ、その人物にまつわる生活やそれに伴う道具をインスタレーションとして表現します。

一方嶋は、資料写真に写された道具という実際には触れることのできないイメージに対し、それらを作品の題材とすることで可能になる“Touch”(=触れる、触る、手触り、関わりを持つ)という身体的行為を補いながら理解を深めようとしています。本展では、蛍光塗料を使用し、その発色の強さからイメージの立ち上がりを強調した平面作品ならびに道具の「形」を抽出し、その裏表を本の構造に見立てた立体作品を発表します。

本展にて、二人の作品が一つの部屋に共存し、その共通点と相違点を交錯させつつ、作品から放たれる普遍的なものと個人的なものがさまざまに広がりながら絡み合っていく様は、まさに「rhizome」さながらとなることでしょう。


西條茜

考古学、歴史学、鉱物学的な視点からのリサーチやフィールドワークをベースにしながら、素材として主に陶芸を扱う。

実際の歴史上の事件や逸話などを題材に、その中に見えてくる特定の文化や時代によって作り上げられた価値観、人間の感情、当時から現在に至るまでの時の流れのようなものの可視化を試みる。
また、短時間ながら高温の窯の中で物質を変化させる「焼成」という陶芸のプロセスの中に、鉱物や出土品が長い年月をかけて物質が変化していくプロセスとの共通点を見いだし、時間の短縮、可視化といった“物質が持つ時間に対するアプローチ”を陶芸を通して問う。


嶋春香

絶妙に抑揚の効いている、これが資料写真を眺めているときに抱く印象である。
全くつまらないものというわけでも、非常に興味深いわけでもない。
「見る」と「診る」の琴線付近を漂い続けながら、ほどよい良い感じに「私の目を射る」。

近年、資料写真をモチーフに作品をつくっているのは、「診る」の追求といってもいい。
この「診る」というのは、視覚的なものと医者の診察時にも度々見受けらえる「触診」という行為、両方の意味を指している。カンヴァスに絵具を置いていく、絵と自分の身体的な接触という意味でも興味深い。
資料写真が持っている元々の意味性(道具の場合、用途や機能、文化的背景など)を色や形態、質感から再考し、その時どのようなリアリティーをもって目の前に立ち現れてくるのか。今はそれがみてみたい。

Exhibition by ceramist SAIJO Akane and painter SHIMA Haruka.

会場/展示室
@KCUA 2
日時
2017年2月18日(土)〜3月5日(日)
11:00〜19:00
休館日
月曜休館
観覧料
無料
主催
京都市立芸術大学
お問い合わせ
@KCUA TEL: 075-253-1509 MAIL: gallery@kcua.ac.jp
Venue(s)/Room(s)
@KCUA 2
Date(s)
Saturday, February 18 – Sunday, March 5, 2017
11:00 AM – 7:00 PM
Closed on
Closed on Mondays
Admission
Free admission
Organized by
Kyoto City University of Arts
Contact
@KCUA – Phone: +81-75-253-1509 / E-mail: gallery@kcua.ac.jp

関連作家

RELATED ARTISTS