1. HOME >
  2. 展覧会 >
  3. 京芸 transmit program 2017
  1. HOME >
  2. EXHIBITIONS >
  3. KCUA Transmit Program 2017
NISHI Taishi / 西太志《土の王》(手前)と《青い夜に》(奥)展示風景
MIZUTANI Masato / 水谷昌人《torsion (Jean-Michel Basquiat/untitled)》2016(撮影:大島拓也)
MUKAI Eriko / 迎英里子《アプローチ5.0》2016
YANO Yosuke / 矢野洋輔《粒》

展覧会について

ABOUT THE EXHIBITION

2017年4月、京都市立芸術大学ギャラリー @KCUAは開館から8年目を迎えます。開館当初から継続してきた企画「京芸 Transmit Program」を今年からリニューアルし、京都市立芸術大学を卒業、あるいは大学院を修了してから3年以内の若手作家の中から、いま、@KCUAが一番注目するアーティストを紹介するプロジェクトとして新たに始動。アーティストの活動場所として日本でも1、2を争う京都における、期待の新星を紹介するシリーズとして、毎年春に開催します。

記念すべき第1弾として、2017年度は西 太志、水谷昌人、迎英里子、矢野洋輔の4人を選出。4人は、2015年または2016年に大学院美術研究科を修了し、その後も京都または近郊にアトリエを構えて日々の制作活動を行いながら、国内各所で作品を発表しています。
いずれも才能に満ち溢れた、勢いのある作家ばかり。これから次世代を担うであろう4人の瑞々しく清新な表現、どうぞお見逃しなく!

 

出展作家

西 太志(2015年京都市立芸術大学大学院美術研究科修士課程絵画専攻油画修了)

水谷昌人(2016年京都市立芸術大学大学院美術研究科修士課程絵画専攻油画修了)

迎英里子(2015年京都市立芸術大学大学院美術研究科修士課程彫刻専攻修了)

矢野洋輔(2016年京都市立芸術大学大学院美術研究科修士課程工芸専攻漆工修了)

The annual KCUA Transmit Program features emerging artists selected from recent BFA, MFA, and PhD graduates from KCUA. This year’s artists are Masato Mizutani (2016 MFA in Oil Painting), Eriko Mukai (2015 MFA in Sculpture), Taishi Nishi (2015 MFA in Oil Painting), and Yosuke Yano (2016 MFA in Urushi Lacquering).

会場/展示室
@KCUA 1, 2
日時
2017年4月8日(土)–5月21日(日)
11:00–19:00
休館日
月曜日
観覧料/参加費
無料
企画
京都市立芸術大学ギャラリー @KCUA
主催
京都市立芸術大学
お問い合わせ
@KCUA TEL: 075-253-1509 MAIL: gallery@kcua.ac.jp
Venue(s)/Room(s)
@KCUA 1, 2
Date(s)
Saturday, April 8 – Sunday, May 21, 2017
11 AM – 7 PM
Closed on
Mondays
Admission/Cost
Free admission
Curated/planned by
Kyoto City University of Arts Art Gallery @KCUA
Organized by
Kyoto City University of Arts
Contact
@KCUA – Phone: +81-75-253-1509 / E-mail: gallery@kcua.ac.jp