1. HOME >
  2. 展覧会 >
  3. 思考する技術
  1. HOME >
  2. EXHIBITIONS >
  3. Artist Social Reproduction (working title)

展覧会について

ABOUT THE EXHIBITION

この度、京都市立芸術大学ギャラリー@KCUAでは、ロンドンでの交流などを通じて知り合った76組の作家たちによる、生産と技術とをテーマとした展覧会「思考する技術」を開催します。同世代の出展作家たちは、社会における生産活動と技術との関係性に関心を持ち、制作の中にそれを表現することを一つの共通項としています。

技術の進歩や変遷と社会との関係性への着目、生産する側と消費する側の関係性についての考察、あるいは創作活動の視点から「アート」の評価基準について再検証する試みなど、異なったアプローチや手法を用いながらも、それぞれの作品には、各自がこれまでの制作活動と培って来た技術を手がかりに、モノを作ることと現代社会との接点を探ろうとする姿勢が表れています。彼らの作品が一堂に会することで立ち現れてくる問いによって、展示空間は自ずと、社会における芸術の役割を改めて考えるための場となることでしょう。

出展作家:池田精堂×ERIKA RELAX、石井亨、牛込陽介、トーマス・トウェイツ(Thomas Thwaites)、宮崎啓太、李豪哲

Artists: Seido Ikeda & Erika Relax, Ryo Ishii, LEE Hochoul, Keita Miyazaki, Thomas Thwaites, Yosuke Ushigome

会場/展示室
@KCUA 1, 2
日時
2018年1月13日(土)–2月12日(月・祝)
11:00–19:00
休館日
月曜日 *ただし2月12日(月・祝)は開館
観覧料/参加費
無料
主催
京都市立芸術大学
助成
公益財団法人 朝日新聞文化財団
お問い合わせ
@KCUA TEL: 075-253-1509 MAIL: gallery@kcua.ac.jp
Venue(s)/Room(s)
@KCUA 1, 2
Date(s)
Saturday, January 13 – Monday (holiday), February 12, 2018
11 AM – 7 PM
Closed on
Mondays except national holidays (open on February 12)
Admission/Cost
Free admission
Organized by
Kyoto City University of Arts
With funding from
The Asahi Shimbun Foundation
Contact
@KCUA – Phone: +81-75-253-1509 / E-mail: gallery@kcua.ac.jp