1. HOME >
  2. 展覧会 >
  3. 思考する技術
  1. HOME >
  2. EXHIBITIONS >
  3. Artist Social Reproduction (working title)

展覧会について

ABOUT THE EXHIBITION

京都市立芸術大学美術学部非常勤講師の池田精堂が、大学院美術研究科在籍時に英国ロイヤル・カレッジ・オブ・アートへ交換留学した際に出会った作家たちとの企画展。国際的な交流を通じて集まった7組の出展作家は、それぞれ全く異なった手法を用いて表現を行っている。本展では、各自が持つ技術を手がかりとして、モノを作るという行為について考察する。

出展作家:池田精堂×ERIKA RELAX、石井亨、牛込陽介、トーマス・トウェイツ(Thomas Thwaites)、宮崎啓太、李豪哲

Artists: Seido Ikeda & Erika Relax, Ryo Ishii, LEE Hochoul, Keita Miyazaki, Thomas Thwaites, Yosuke Ushigome

会場/展示室
@KCUA 1, 2
日時
2018年1月13日(土)–2月12日(月・祝)
11:00–19:00
休館日
月曜日 *ただし2月12日(月・祝)は開館
観覧料/参加費
無料
主催
京都市立芸術大学
助成
公益財団法人 朝日新聞文化財団
お問い合わせ
@KCUA TEL: 075-253-1509 MAIL: gallery@kcua.ac.jp
Venue(s)/Room(s)
@KCUA 1, 2
Date(s)
Saturday, January 13 – Monday (holiday), February 12, 2018
11 AM – 7 PM
Closed on
Mondays except national holidays (open on February 12)
Admission/Cost
Free admission
Organized by
Kyoto City University of Arts
With funding from
The Asahi Shimbun Foundation
Contact
@KCUA – Phone: +81-75-253-1509 / E-mail: gallery@kcua.ac.jp