1. HOME >
  2. 展覧会 >
  3. 移動する物質——十字路としてのアフガニスタン
  1. HOME >
  2. EXHIBITIONS >
  3. Transferring Matter: Afghanistan as Crossroads

展覧会について

ABOUT THE EXHIBITION

拡張された場におけるアートマネジメント人材育成事業「状況のアーキテクチャー」2017
テーマ1〈物質〉「Transferring Matter: 創造的アーカイブ」
プロジェクト1「物質+感覚民族誌」

 

拡張された場におけるアートマネジメント人材育成事業「状況のアーキテクチャー」では、《物質》《生命》《社会》というテーマのもとに7つのプロジェクトを展開しています。大学が有する多岐に渡る資料体(作品・楽譜・文献・資料)の「創造的な活用方法」を探り、ジャンルを超えたモノの見方や新たな価値を創出することを目指した「テーマ1《物質》Transferring Matter: 創造的アーカイブ」の3つのプロジェクトのうちの一つ、「物質+感覚民族誌」では、本学芸術資料館に収蔵されている民族資料を、感覚民族誌学の視点から再検証しています。本プロジェクトの受講者は、半年間にわたり学内外のさまざまな機関や施設でのレクチャーや展示見学ツアー、映像上映会、セミナーなどに参加しながら、民族芸術学や感覚民族誌についての知見を深めてきました。本展はこのプロジェクトの成果発表として、1973年に本学教員5名(八木一夫、佐藤雅彦、田村隆照、冬木理沙男、山崎脩)が「彫刻・工芸における地中海・オリエント意匠の東漸に関する調査」の一環で中近東を横断した際に持ち帰った後に本学芸術資料館に「アフガニスタン民族資料」として収蔵された生活用品を、新たな解釈と独自の視点で捉えなおして展示します。

 

状況のアーキテクチャー
www.kcua.ac.jp/art-m

会場/展示室
@KCUA 2
日時
2018年2月17日(土)–3月4日(日)
11:00–19:00
休館日
月曜日
観覧料/参加費
無料
企画
河野愛、中島明日香、増田和子、矢野原佑史(状況のアーキテクチャー 2017 プロジェクト1「物質+感覚民族誌」受講者)
監修:佐藤知久(京都市立芸術大学芸術資源研究センター准教授)、藤田瑞穂(京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA学芸員)
プロジェクトマネジメント:西尾咲子(「状況のアーキテクチャー」シニアプログラムコーディネーター)
主催
京都市立芸術大学
助成
平成29年度文化庁「大学を活用した文化芸術推進事業」
お問い合わせ
@KCUA TEL: 075-253-1509 MAIL: gallery@kcua.ac.jp
Venue(s)/Room(s)
@KCUA 2
Date(s)
Saturday, February 17 – Sunday, March 4, 2018
11 AM–7 PM
Closed on
Mondays
Admission/Cost
Free admission
Curated/planned by
Ai Kawano, Kazuko Masuda, Asuka Nakajima, Yushi Yanohara (Situation Design 2017: Project 1 students)
Supervised by Tomohisa Sato (Associate Professor, Kyoto City University of Arts Archival Research Center) and Mizuho Fujita (Curator, Kyoto City University of Arts Art Gallery @KCUA)
Project management by Sakiko Nishio (Senior Program Coordinator, Situation Design)
Organized by
Kyoto City University of Arts
With funding from
Agency for Cultural Affairs
Contact
@KCUA – Phone: +81-75-253-1509 / E-mail: gallery@kcua.ac.jp