1. HOME >
  2. 展覧会 >
  3. 移動する物質(仮題)
  1. HOME >
  2. EXHIBITIONS >
  3. Transferring Matter (title TBC)

展覧会について

ABOUT THE EXHIBITION

拡張された場におけるアートマネジメント人材育成事業「状況のアーキテクチャー」2017
テーマ1〈物質〉「Transferring Matter: 創造的アーカイブ」
プロジェクト1「物質+感覚民族誌」

 

「状況のアーキテクチャー」2017年度のプロジェクト「物質+感覚民族誌」では、作品・資料・アーカイブの新たな活用方法を探るべく、京都市立芸術大学芸術資料館に収蔵されている世界の諸地域の民族資料を、感覚民族誌学の視点から再検証します。民族芸術学や感覚民族誌学についての知見を深めるレクチャーや展示見学ツアーに参加しながら、当館の民族資料を用いた展覧会を立案し、広報や展示、記録など一連のプロセスを体験します。

 

状況のアーキテクチャー
www.kcua.ac.jp/art-m

会場/展示室
@KCUA 2
日時
2018年2月17日(土)–3月4日(日)(予定)
11:00–19:00
休館日
月曜日
観覧料/参加費
無料
企画
京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
状況のアーキテクチャー 2017 プロジェクト1「物質+感覚民族誌」
主催
京都市立芸術大学
助成
平成29年度文化庁「大学を活用した文化芸術推進事業」
お問い合わせ
@KCUA TEL: 075-253-1509 MAIL: gallery@kcua.ac.jp
Venue(s)/Room(s)
@KCUA 2
Date(s)
Saturday, February 17 – Sunday, March 4, 2018 (TBC)
11 AM–7 PM
Closed on
Mondays
Admission/Cost
Free admission
Curated/planned by
Kyoto City University of Arts Art Gallery @KCUA
KCUA Situation Design 2017: Project 1 – Matter & Sensory Ethnography
Organized by
Kyoto City University of Arts
With funding from
Agency for Cultural Affairs
Contact
@KCUA – Phone: +81-75-253-1509 / E-mail: gallery@kcua.ac.jp