1. HOME >
  2. 展覧会 >
  3. still moving library
  1. HOME >
  2. EXHIBITIONS >
  3. Still Moving Library

展覧会について

ABOUT THE EXHIBITION

書籍・情報・人の集まる場所、図書館。2023年に京都市立芸術大学が移転を予定している新キャンパスの建物のうち、京都市立芸術大学ギャラリー@KCUAの入る棟では、図書館がその中心となっています。大きく開かれた吹き抜けのある図書館の周りには、さまざまな専攻や機関が配置されており、多様な出会いと連携が生まれることが期待されています。
図書館とは、いくつもの資料やアーカイブが集積され、それらをめぐって人々が集う場所です。本を読みに来る人、静かな場所を求めてやって来る人、イベントや講座に参加するために来る人、そして図書館で働く人々も、この場に集まった情報を選び取り、それぞれの形で活用します。これらは全て、図書館が有する有形・無形を問わないアーカイブを「再編集」する作業だと言えましょう。
「still moving library」は、書籍をめぐるさまざまな「再編集」のかたちから、図書館という場所の活用について考えるための期間限定のライブラリーです。

「still moving library」プロジェクトメンバー:
池田精堂、大西麻貴、岸本光大、榊原充大、佐藤知久、垰田ななみ、高橋藍、仲村健太郎、西尾咲子、藤田瑞穂、松本久木、森野彰人

「still moving library」に集まった書籍

京都市立芸術大学の教員や「still moving library」プロジェクトのメンバーの愛蔵書などが並びます。
書籍出品者:
石原友明(美術学部油画専攻教授)
岡田加津子(音楽学部作曲専攻教授)
奥村美佳(美術学部日本画専攻准教授)
小山田 徹(美術学部彫刻専攻教授)
佐藤知久(芸術資源研究センター教授)
砂原 悟(音楽学部ピアノ専攻教授)
竹内有一(日本伝統音楽研究センター教授)
玉井尚彦(美術学部共通教育准教授)
津崎 実(音楽学部音楽学専攻教授)
礪波恵昭(美術学部総合芸術学科教授)
中原浩大(美術学部彫刻専攻教授)
森野彰人(美術学部陶磁器専攻教授)
「still moving library」プロジェクトメンバー
ほか

さまざまな「再編集」のかたちをみる・読む・参加する

  • 再編集のパターン1「本棚する」

    「本棚する」の参加者は、「still moving library」の書籍から好きなものを選んで、自分だけの本棚を作ることができます。また、過去にどんな「本棚する」が行われたのか、そのアーカイブを見ることもできます。

  • 再編集のパターン2「本づくり」

    「still moving library」で集めた情報を、自分だけの本にすることができます。

  • 再編集のパターン3「ギャラリーのアーカイブで遊ぶ」

    「still moving library」の中で、@KCUAのアーカイブを整理します。2018年度のアーカイブを書籍化するプロセスを公開し、随時デザイナーが滞在して作業を行います。

  • 再編集のパターン4   「富本憲吉『わが陶器造り』」

    芸術資源研究センターの研究成果書籍である、富本憲吉『わが陶器造り』(2019年3月出版)で参照されたものなど、この本の周囲にあるものを芸術資料館収蔵品などから選んで「再編集」します。
    出品作品:尾形乾山「色絵槍梅文水指」、野々村仁清「瀬戸釉筒水指」、富本憲吉「赤絵金銀彩羊歯文様壺(未完)」

  • 再編集のパターン5「美術における映像アーカイブ」

    美術をめぐるアーカイブを「再編集」した映像作品を上映します。
    ・展覧会を記録・再編集する:田村友一郎「叫び声/ Hell Scream」
    ・イベントを記録・再編集する:西尾美也「感覚の洗濯」
    ・作品を記録・再編集する:久門剛史作品映像アーカイブ

Library, a place where books, information and people gather.In 2023, Kyoto City University of Arts will move to an area near Kyoto Station. The library will be in the center of the building where Kyoto City University of Arts Gallery @KCUA will be located.There will be various departments and institutions around the well hole shaped library, which we hope will create a diverse range of unique encounters and collaborations.A library is a place where many materials and archives are gathered and where people also gather. People who come to read books, seek quiet places, attend events and courses and also people who work at the library choose and use the information in this place. These can all be considered as a way of ‘re-editing’ the library's tangible and intangible archives.‘Still Moving Library’ is a limited-time space for thinking about the use of a place called a library through the “re-editing” of information.

Books gathered in Still Moving Library

A collection of books from the Kyoto City University of Arts, professors and members of the Still Moving Library project.

See, read, and participate in various ‘re-edits’

  • Re-editing 1 ‘Bookshelf’
    Participants of ‘Bookshelf’ can make their own selection of their favorite books from Still MovingLibrary. You can also see an archive of ‘bookshelves’ that have already been made.
  • Re-editing 2 ‘Making books’’
    The information collected in Still Moving Library can be made into your own book.
  • Re-editing 3 ‘Play with the gallery archive’’
    Showing the process of turning the 2018 @KCUA archive into a book, and designers stay and work in Still Moving Library from time to time.
  • Re-editing 4 ‘What’s included in the making of a book?’’
    Showing pottery works featured in the book ‘My Pottery Making’ by Kenkichi Tomimoto (published in March 2019). ‘My Pottery Making’ is a compilation of research results from ArchivalResearch Center.
  • Re-editing 5 ‘Video archives in art’ (2nd floor)’
    3 video works that have been ‘re-edited’ from an archive of art will be screened. ・Recording and re-editing exhibition: ‘Hell Scream’ by Yuichiro Tamura ・Recording and re-editing event: ‘Laundry for Senses’ by Yoshinari Nishio ・Recording and re-editing art works: Installations by Tsuyoshi Hisakado
会場
京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
展示室
@KCUA 1, 2
会期
2019年9月28日(土) – 11月3日(日・祝)
開館時間
11:00–19:00
*10月5日(土)はニュイ・ブランシュKYOTO 2019のため22:00まで開館
休館日
月曜休館(祝日・振替休日の場合は開館、翌火曜日に休館)
入場料
無料
企画
京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
主催
京都市立芸術大学
お問合せ
京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
TEL: 075-253-1509
E-MAIL: gallery@kcua.ac.jp
Venue
Kyoto City University of Arts Art Gallery @KCUA
Room(s)
@KCUA 1, 2
Dates
Saturday, September 28th – Sunday, November 3rd, 2019 (holiday)
Hours
11:00 AM – 7:00 PM
Open until 10 PM on Oct. 5 as part of Nuit Blanche Kyoto 2019
Closed on
Mondays (except national holidays; closed on the following Tuesday instead)
Admission
Free admission
Curated by
Kyoto City University of Arts Art Gallery @KCUA
Organized by
Kyoto City University of Arts
Contact
Kyoto City University of Arts Art Gallery @KCUA
Phone: +81-(0)75-253-1509
E-mail: gallery@kcua.ac.jp