1. HOME >
  2. ニュース >
  3. 【締切延長】SILENT @KCUA 2016 災害復興支援対象の追加(熊本地震)と作品募集のお知らせ
  1. HOME >
  2. NEWS >



京都市立芸術大学ギャラリー@KCUAでは、東日本大震災の復興に関わる活動をしている団体等を広く支援することを目的として、2011年より10年間の継続を目標としてチャリティーオークション「SILENT @KCUA(サイレントアクア)」を実施してきました。本年4月に発生した熊本地震は、最大震度7を観測し、甚大な被害を及ぼしました。実行委員会にて協議の結果、本年度は、東日本大震災に加えて、熊本地震の復興に関わる活動を行う団体も対象として、災害復興を支援することに決定しました。


本年度は2016年9月10日(土)~9月19日(月・祝)の開催を予定しています。募集内容は、はがきサイズからSMサイズ以内の小品および10 cm×10 cm×10 cm以内の立体作品としており、多くの方に出品していただけます。また、作品表面にはサインがないものに限定しているため、画面だけで選んで入札し、落札後に初めて作者名が分かるというスリリングな仕掛けがあります。


出品作品は8月5日(金) 8月19日(金)必着。現役の先生方、卒業生の皆様から現在本学に在籍する学生まで、多くの方々に参加していただきたく、ぜひご出品のほど、ご検討よろしくお願い申し上げます。


*詳しくは募集要項(PDF、639 KB)をご参照ください

The charity auction Silent @KCUA is a ten-year project started in 2011 to give support to a broad range of groups involved in reconstruction efforts connected to the 2011 Tohoku earthquake and tsunami. Both the bidders and artists remain anonymous. Starting in 2015, in addition to the Tohoku earthquake, the proceeds of the auction will be used to provide support for the artistic activities of students enrolled at KCUA, and from this year, the support will be further expanded to cover other disasters such as the earthquakes in Kumamoto. Submissions for the auction from former and present students and instructors of KCUA are accepted until August 5 August 19, and the exhibition and auction will be held from Saturday, September 10 to Monday, September 19, 2016. For more information, see the Japanese version of this article.