1. HOME >
  2. プロジェクト >
  3. 状況のアーキテクチャー
  1. HOME >
  2. PROJECTS >
  3. Situation Design

プロジェクトについて

ABOUT THE PROJECT

京都市立芸術大学では、芸術を介した人間の相互関係および人間と社会の〈あいだ〉の生成を通じて、総合的な視点から芸術実践を捉え直し、異なった領域、文化、制度を結びつけ、専門家と市民が共同で地域社会に新たな状況を構築するアートマネジメントの可能性とそれを担う人材の育成を目的としたプログラムを実践します。

本プログラムの一環としてギャラリー@KCUAで開催予定のニュイ・ブランシュKYOTO 2016 @KCUA/ヴィラ九条山との共同プロジェクト「NEW LIFESTYLE」ならびに京都市立芸術大学美術学部同窓会展「80年代再考のためのアーカイバル・プラクティス」(仮)に直接繋がるプロジェクトやリサーチプログラムも開催。また一部の公開講座もギャラリー@KCUAを会場として開催を予定しています。

公開講座は申込不要、セミナー・プロジェクトは8月31日までに、リレー講座は各回の1週間前までに事前登録が必要です。

詳しくは公式ウェブサイトをご参照ください:www.kcua.ac.jp/art-m

“Situation Design” is an art management program organized by Kyoto City University of Arts. Mostly in Japanese only (lectures by Goethe-Institut Villa Kamogawa resident artists in German with Japanese translation, and lectures by Villa Kujoyama resident artists in French with Japanese translation). For more information, see the official website: www.kcua.ac.jp/art-m

会場
京都市内
観覧料
受講無料
企画
京都市立芸術大学
主催
京都市立芸術大学
助成
平成28年度 文化庁 大学を活用した文化推進事業
お問い合わせ
art-m@kcua.ac.jp
Venue(s)
Various locations in Kyoto
Admission
Free
Curated/planned by
Kyoto City University of Arts
Organized by
Kyoto City University of Arts
With funding from
Agency for Cultural Affairs
Contact
art-m@kcua.ac.jp