KCUA OPEN CALL EXHIBITIONS

2020年度申請展

道にポケット

「遠くへ行くこと」「知らない人に出会うこと」
普段の生活の場から離れ遠くへ行き、知らない人に出会い、思いもよらない考えを知り、習慣を知り、物事を普段と違う視点から見てみると、多くの人々の創造や表現が無数に集まりこの世界ができていると改めて気がつきます。

固定された社会や生活の中でいつの間にか身に付く不自由の思考を、見知らぬ他者によって揺さぶられほぐされてゆきながら、私たちはもっと自由に生きる術を見つけてゆくことができるのだと思います。

今回の企画では、マニラを拠点として活動する「Load na Dito」の協力により、彼らのプロジェクトの一つであるFlex*という単語を連鎖させるゲーム(話の中で出た単語をキーワードにし、次の人が話を紡いでいく)を使って、偶発的に他者の思考と出会うことから制作をはじめました。

Flex*によって繰り広げられる短い語りは、先出の単語にそれぞれが連想を連ねていくものであり、選択される言葉とその語りには、それぞれの見ている景色やそこに潜む問題意識がふんわりと見えてきます。

Flex*によるこの実験は、未来の予測の困難な現在の状況で、個の意識を構築するために有効な興味深い試みだと考えています。

そして表現へ至る様々なざわめきや揺らぎを自他ともに受け入れて、創造から広がる自由な生を改めて探したいと思います。

(笠間弥路)

作家
笠間弥路村上美樹長門あゆみクニモチユリ
会場
京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
展示室
@KCUA 1
会期
2020年8月8日(土)2020年8月30日(日)
開館時間
11:0019:00
休館日
月曜日
入場料
無料
主催
京都市立芸術大学
お問い合わせ
京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
Tel: 075-253-1509
メールでのお問い合わせは、
お問い合わせフォームからお送りください。

作家プロフィール

笠間弥路
1983年 宮城県生まれ
2006年 多摩美術大学 美術学部彫刻学科 卒業
2008年 京都市立芸術大学大学院 美術研究科彫刻専攻 修了
近年は身近な出来事の秘める創造性を手がかりに、他者との共存を可能性と不可能性の両面から探ることをしています。
村上美樹
1994年 秋田県生まれ
2017年 京都造形芸術大学 総合造形コース 卒業
2019年 京都市立芸術大学 美術研究科 彫刻専攻 修了
長門あゆみ
秋田公立美術大学 アーツ&ルーツ専攻卒業
2019 年より京都市在住
​水辺を取り巻く事象や人々の生活の記憶を掘り起こすこと、その現場・当事者の実情に触れることをテーマに制作活動を展開している。
クニモチユリ
2020年 多摩美術大学 美術学部絵画学科版画専攻 卒業
同年 京都市立芸術大学 美術研究科修士課程 彫刻専攻 入学
作品鑑賞において実体を持たない造形がどのように鑑賞者へ受容されるのか?という関心のもと、モチーフを様々な媒体へ変換・再構成する過程で生まれるイメージの変容について取り扱った作品を制作している。