KCUA OPEN CALL EXHIBITIONS

2015年度 申請展

伊藤早樹子個展「カメのしじみ」

2014年、青森での個展のリサーチをしていた伊藤は、八百屋に並んでいたメロンに目が止まり、その「重量」を強烈に感じて惹きつけられるという体験をする。それは、大学院進学のために京都に来てからずっと浮遊しているかのような状態にあった伊藤の身体に「着地点」が与えられた瞬間であった。そして青森県立美術館・八角堂にて、このことに着想を得た作品を発表した。やがて展覧会の搬出時、そこに現れた一匹のカメに縁を感じた彼女は、京都の自宅へと連れ帰る。以後、伊藤とカメの「しじみ」は非常に身近な存在として同居生活を続けている。本展では、具体的な意思疎通の手段がない中で、曖昧なままに蓄積されていく「しじみ」の日常に関する記録資料や、彼女との「対話距離」から着想した作品を用いたインスタレーションが展開された。

作家
伊藤早樹子
会場
京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
展示室
@KCUA 2
開催日数
14日間
(2015年12月10日(木)2015年12月25日(金))
主催
京都市立芸術大学
お問い合わせ
京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
Tel: 075-253-1509
メールでのお問い合わせは、
お問い合わせフォームからお送りください。

Installation Views

会場写真

  • 展示風景撮影:大島拓也