戻る
展示風景 撮影:守屋友樹

外部連携事業

大学美術館を活用した美術工芸分野新人アーティスト育成プロジェクト

谷穹「口口ー口口」(うつろ)

本展は、京都工芸繊維大学美術工芸資料館が若手作家の育成支援を目的に実施している『未来の途中』プロジェクトの一環として開催された。育成対象者から@KCUAでの展覧会プランを公募し、採択された信楽在住の陶芸家、谷穹(たにきゅう)の個展を実施した。

谷は窯元の生まれではあるが、まず「やきもの」ではなく「彫刻」を学び、「もの」が存在する空間をも意識して立体造形を行ってきた。「やきもの」に取り組み始めてからは、室町時代に信楽で作られていた「古信楽」を再び作り出し、室町時代の人々の美意識と遊び心を現代的な視点から捉え返すことを目指している。本展において谷は、空間を設え、その中に甕(かめ)を一点据えた。「古信楽」が纏う空気のようなものを作りたいのだと語る彼が、これまで成し遂げてきた「古信楽」に関する技術や思考の一歩先にある表現をさらに追求していこうとする強い意志がそこには現れていた。

作家
谷穹
会場
京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
展示室
@KCUA 2
開催日数
14日間
(2015年11月21日(土)2015年12月6日(日))
企画
京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
京都工芸繊維大学美術工芸資料館
主催
文化庁
京都工芸繊維大学
京都工芸繊維大学美術工芸資料館
京都市立芸術大学
助成
平成27年度文化庁「大学美術館を活用した美術工芸分野新人アーティスト育成プロジェクト」
協力
京都造形芸術大学ARTZONE
お問い合わせ
京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
Tel: 075-253-1509
メールでのお問い合わせは、
お問い合わせフォームからお送りください。

Installation Views

会場写真

  • 展示風景 撮影:守屋友樹

Related Events

関連イベント

関連するイベント

アーティストトーク

11月21日(土)15:00~

中ハシ克シゲ(京都市立芸術大学美術学部彫刻専攻 教授)×谷穹

※参加費無料・申込不要

 

オープニングレセプション

11月21日(土)16:00~

(同時開催の「岡崎和郎/大西伸明 Born Twice」との合同レセプション)