展示風景 撮影:大島拓也

KCUA EXHIBITIONS

学内特別研究助成対象事業

奥行きの感覚展

京都市立芸術大学の各専門領域を横断しながら授業を行う「テーマ演習」の一つとして2012年度より行われている「奥行きの感覚」では、彫刻専攻、陶磁器専攻、日本画専攻、芸術学専攻、宇宙物理学研究室の各教員と様々な専攻の学生が参加して、「奥行きの感覚」を古今東西のあらゆる芸術表現を紐解くためのキーワードとして研究を進めている。図像学や社会文化史、精神史等を基盤とする作品評価とは異なり、「造形」に由来する奥行きを手掛かりに実制作者の視点から表現を読み解き、新たな解釈やさらなる展開の可能性を見つけ出そうとする試みである。今回の展示では、2014年度から今年度に行った研究の成果を、その過程で生み出された考察を交えて紹介した。

会場
堀川御池ギャラリー
展示室
Gallery A
開催日数
14日間
(2015年12月10日(木)2015年12月25日(金))
主催
京都市立芸術大学
お問い合わせ
京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
Tel: 075-253-1509
メールでのお問い合わせは、
お問い合わせフォームからお送りください。

Installation Views

会場写真

展示風景撮影:大島 拓也