展示風景 撮影:来田 猛

SPECIAL EXHIBITIONS

マテリアライジング展Ⅲ 情報と物質とそのあいだ

近年、国内でもレーザーカッターや3Dプリンタなどのデジタルファブリケーション技術が注目され、デザインツールのオンライン化、機材の汎用化とともに、普及のためのインフラストラクチャー整備と啓発活動が盛んに行われている。また、デジタルファブリケーションが社会に開かれる一方で、その技術体系にある革新性、すなわち数理情報から多産的・可変的に生成される「かたち」のありようや、その根源にある人間の創造的思考と進展するテクノロジーとの協働をめぐる探求は、都度テクノロジーやメディアと接しながらその意味を問うてきた芸術表現の世界でも、重要な関心を呼びつつある。
本展は、このようなポストデジタルの時代と呼ばれる現在において、情報と物質の往還的思考がもたらす新たな表現と、その創作プロセスにあるテクノロジーと人間の批評的関係に焦点を当てた。こうした状況の現在進行形として、ポストデジタル時代における人間の創造性のゆくえを領域横断的な視座から多角的に考えるものとなった。

作家
hclab.dot architects×水野 大二郎×Fablab北加賀屋加藤大直+佐々木崇人木内俊克+砂山太一+永田康祐重松あゆみ城一裕鈴木雄貴舘知宏谷口暁彦田部井勝中原浩大久門剛史松井茂+仲井朋子山本悠渡邉朋也
会場
京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
展示室
@KCUA 1, 2, Gallery A, B, C
開催日数
32日間
(2015年5月16日(土)2015年6月21日(日))
企画
砂山太一(マテリアライジング展企画室代表、京都市立芸術大学美術学部特任講師)
森山貴之(横浜美術大学美術学部准教授)
主催
マテリアライジング展企画室
京都市立芸術大学
助成
芸術文化振興基金
公益財団法人朝日新聞文化財団
助成
横浜美術大学
東京藝術大学
millegraph
株式会社ゆう建築設計
協賛
i.materialise
株式会社アプリクラフト
トロテック・レーザー・ジャパン株式会社
お問い合わせ
京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
Tel: 075-253-1509
メールでのお問い合わせは、
お問い合わせフォームからお送りください。

Installation Views

会場写真

展示風景 撮影:来田 猛

Related Events

関連イベント

関連するイベント

ギャラリートーク + オープニングレセプション

ギャラリートーク
2015年5月16日(土)15:00 – 16:00
出展者による作品解説をおこないます。
司会:森山貴之(横浜美術大学美術学部准教授)

レセプション
2015年5月16日(土)トーク終了後

 

協賛企業セミナー「進化する3Dプリント用素材 ―金属、セラミック3Dプリントの仕組みとデザインのコツ―」+ トークイベント

協賛企業セミナー
進化する3Dプリント用素材 ―金属、セラミック3Dプリントの仕組みとデザインのコツ―

2015年5月17日(日)13:00 – 14:00
企業:i.materialise

トークイベント
2015年5月17日(日)14:00 – 15:30
秋庭史典(名古屋大学情報文化学部准教授)
出展者ならびに砂山太一(京都市立芸術大学美術学部特任講師)・森山貴之(横浜美術大学美術学部准教授)

 

trotec, Applicraft協賛 sacsacワークショップ「お気に入りの紙で封筒をつくってみよう」

日時:2015年5月16日(土)、17日(日)、31日(日)、6月7日(日)、14日(日)

 

マテリアライジング小作品展 in Kyoto トークイベント「情報と物質とそのあいだについて」

マテリアライジング小作品展 in Kyoto
日時:2015年3月14日(土)— 28日(土)12時—20時
会場:MEDIA SHOP(京都市中京区河原町三条下る一筋目東入る大黒町44)
参加:甲斐貴大 木内俊克 御幸朋寿 砂山太一 舘知宏 谷口暁彦 土岐謙次 富井雄太郎 永田康祐

トークイベント「情報と物質とそのあいだについて」
日時:2015年3月21日(土)19時—
ゲスト:木内俊克 砂山太一 谷口暁彦 永田康祐
モデレーター:富井雄太郎

会期中21日のトークイベントでは、ふたつの展覧会をレビューし、展望までをディスカッションいたします。

 

クロージング・イベント

トークイベント|15:30 – 17:00
スピーカー:谷口暁彦(メディアアーティスト)、砂山太一(京都市立芸術大学特任講師、展覧会企画)

サウンドイベント|17:00 – 19:00
出演:[ゲスト]藤本由紀夫、Cryogenic Rhythm Science (Shun Owada + Shohei Amimori)、
[出展者]谷口暁彦、城一裕