ジェン・ボー《Suujin Study Room》展示風景/撮影:来田猛

SPECIAL EXHIBITIONS

ジェン・ボー 「Dao is in Weeds」(道在稊稗/道(タオ)は雑草に在り)

京都市立芸術大学ギャラリー@KCUAでは、史実や社会現象についての緻密な調査をもとに、雑草をはじめとする植物と協働して未来を考察するための作品を手がける気鋭のアーティスト、ジェン・ボーの個展を開催しました。

2019年1月と3月の2回に渡って京都での滞在調査を行ったジェンは、京都市立芸術大学の移転予定地である崇仁地域(京都駅東部エリア)を訪れてその歴史を学び、まちづくりの最中で日々環境が変化していく現在の様子に強い関心を抱きます。そして、大学移転という次なる大きな変化を受け入れようとするこの地域を舞台に、活動家、美術家、建築家、文化人類学者、歴史学者、生態学者などのさまざまな専門を持つ人々と共に、より良き生態学的未来、全ての種の生物における平等をめぐるプロジェクトを実施することになります。本展では、これらの調査をもとに構成したインスタレーションが展開されました。

本展の中国語題である「道在稊稗」とは、『荘子』の一節で「道(タオ)は何処にあるのか」と問われた荘子が「何処でもある、すべてを余すところなく包むものである」と説く場面に現れる言葉です。人為を離れた自然の中においては、全てが等しい価値を持つ——。人類が地球環境に変化を及ぼすようになった地質時代「人新世」に生きる人々に、ジェンはその作品を通じて、地球の環境と生態系、そしてその未来に向けて私たちができることとは何かを問いかけているのです。

作家
ジェン・ボー
会場
京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
展示室
@KCUA 1, 2, Gallery B(Gallery Bのみ7月7日(日)まで)
会期
2019年6月1日(土)2019年7月15日(月)
企画
京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
主催
京都市立芸術大学
助成
芸術文化振興基金
公益財団法人花王芸術・科学財団
協力
柳原銀行記念資料館
お問い合わせ
京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
Tel: 075-253-1509
メールでのお問い合わせは、
お問い合わせフォームからお送りください。

Installation Views

会場写真

  • ジェン・ボー《Suujin Study Room》展示風景/撮影:来田猛
  • ジェン・ボー《Pteridophilia 2》展示風景/撮影:来田猛
  • ジェン・ボー《Pteridophilia 4》展示風景/撮影:来田猛
  • ジェン・ボー《Fern as Method 格蕨》展示風景/撮影:来田猛
  • ジェン・ボー《Survival Manual I》,《Survival Manual II》展示風景/撮影:来田猛

Related Events

関連イベント

関連するイベント

ジェン・ボー レクチャー「ポスト社会主義の中国におけるソーシャリー・エンゲージド・アート」

会場:京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
日時:2019年1月27日(日)15:00–

過去40年間で劇的な変化を遂げている中国は、より豊かになりつつある一方で、複雑な社会問題に直面しています。これらの問題、特に環境、生活、教育に対して、多くの中国人アーティストが力強い表現の作品を制作してきました。この刺激的な分野における幾つかの優れた代表的なプロジェクトについて、アーティストたちがこれらに取り組んだ理由だけでなく、彼らがどのようにアイデアを発展させ、挑戦を成し遂げ、芸術的な境界を押し広げたかということに焦点を当てたレクチャーとなりました。

 

ギャラリートーク・プレゼンテーション&オープニングレセプション

会場:京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
日時:2019年6月1日(土)15:00–